BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.64: Berlinから今年もスタート


4/7(木)

みなさんお久しぶりです。みんな元気だったかな?
僕の方は、冬の間の5ヶ月半、日本でじっくりとやる事をやり力を蓄え、再びこの4月から始まる春~秋にかけての勝負への体勢をしっかりと整える事ができました。今回はいつも以上に準備のできている状態でシーズンを迎える事ができてるかもしれません。毎年やる4月頭のパーティーを今年は見合わせたので、その分パーティーの準備&出発ギリギリまでその収束に追われる事も今回はなく、使える時間が久しぶりに結構ありました。体のメンテナンスに時間をかける事もできました。
さあ、この冬の間自分がどのように過ごす事ができたか、その成果も確かめるべく、この僕の2016今年のサマーシーズン(まだだいぶサマーには早かったけど)はスタートしました。



旅のレポートに行く前に、まず最初に次のパーティーの告知をさせて頂きたいと思います。もう来週末です!!








『Beat In Me feat. Priku @Sankeys TYO』

4th June 2016 (Sat) @Sankeys TYO


ー B2F BASEMENT ー
Priku ([a:rpia:r] / Romania)
Jun Akimoto (Fuse London)
RAHA (Beat In Me)
Ryokei (How High)


ー B1F TAPROOM ー
"ARTEMIS 'The Mojito' LOUNGE''
Wada Yosuke (Lobust/spotseek)
Nehan
Shake M
YASU


Facebook Event Page :
https://www.facebook.com/events/1096340907093419/?active_tab=highlights



ー 世界を席巻するルーマニアン・ダンスミュージックシーンの最前線 ー

世界のミニマルテクノ/ハウスシーンを席巻中のルーマニアンサウンドを紹介するパーティー “Beat In Me” が今回代官山AIRの跡地に新たに登場した "Sankeys TYO" に初めて場所を移し、その記念すべき10回目の開催を迎える。

シーンのトップである[a:rpia:r] (Rhadoo, Petre Inspirescu, Raresh) を始めとして、今現在最も重要なアーティストをピンポイントで的確に招聘するその妥協のない方向性がアンダーグラウンドシーンにおいて強く支持され、パーティーは音好きで良質な客層と共に毎回素晴らしいヴァイブスの溢れるフロアを体現している。

前回2月13日にLIQUIDROOMにて開催された特別版では、シーンのNo.1、Rhadooと共に[a:rpia:r]のオフィシャルVJであるDreamrec VJを同時招聘。およそ現地でしか味わう事のできない世界観を再現、本年度最高とも言える一晩を演出したのは記憶に新しいところである。


今回メインアクトに登場するのは、その[a:rpia:r]ファミリーの重要人物の一人・Priku。
2012年に[a:rpia:r]からリリースされたソロEPを始め、彼のそのプロダクションの質の高さは、ルーマニアシーンの並みいるハイレベルなプロデューサーの中でも特に頭一つ抜けた存在と言っていいであろう。2013年にスタートした自身のレーベル "Motif" では、確実に他と一線を画す素晴らしい楽曲の数々を発表している。

プレイスタイルはその楽曲のイメージを引き継いだ、硬派で漆黒のグルーブを纏ったテクノライクな選曲主体で、Sunwaves始めヨーロッパ中の数々の大舞台でその実力は既に証明されている。

オーガナイザーRAHAが予てからその招聘を熱望していた彼の来日が今回実現する。


加えて、Fuse Londonに所属し日本人アーティストとして世界を股に活躍するJun AkimotoをBeat In Meのメインフロアーに初招聘。海外基準の感性によって作り出されるこの日のフロアーは、最後の最後まで目が放せないものになるであろう。

またオーガナイザーでもあるBeat In Me レジデントDJのRAHAは、ルーマニア・ロシアと続いたヨーロッパ・ツアーからの帰国直後のプレイとなり、海外でのその成果をこの日存分に見せてくれるであろう。

新しい場所での最初の音を出してもらう事になるであろうRyokeiは自身のパーティー "How High" をCircus Tokyoにて展開中。安定したハイクオリティーなフロアーコントロールを期待して欲しい。


新たにTAPROOMと名付けられたB1フロアーでは、" ARTEMIS 'The Mojito' LOUNGE '' が開催される。UNIT/SALOONを拠点に、音楽的に非常に質の高いパーティーを展開中のARTEMISクルーがこのフロアーをプロデュース。今回は千葉muiをホームに活動するWada Yosukeをゲストに迎え、レッツモヒートを合言葉に夏を先取りする。独自のぶれのない確かな審美眼で常に間違いのない音を提供してくれる彼らの担当するこのフロアーは、メインフロアーに勝るとも劣らず最高のバイブスのフロアーになる事であろう。


"Beat In Me"、新たな場所での記念すべき初の開催となる今回、一人でも多くの人に体験してもらいたい。ダンスミュージックの最前線を、この日リアルに体感してほしい。





さあ、帰国してすぐに、お待ちかねのBeat In Meの開催です! 昨年いっぱいで惜しまれつつクローズしたAIRの跡地にGW前にオープンしたSankeys TYOでの初開催となります。新しくなったこのハコでやるのが今回初めてなので、とにかくどういう感じになるのか本当に楽しみです。AIRに居た多くのスタッフも残っているこの馴染みの場所で、また新しい歴史をここでみんなと作っていけたらいいなと思っています。お店はオープンしたばかりなので正直まだ色々整備が整っていないところもあるようです。例えばソファーを置きたいなと思っているところにまだ椅子的なものが何も置けてなかったり、ドアを設置しようと思っているところにまだ何もなかったりとかww 新しいお店というのは始めのうちはどこもこういった風な状況である事が多いのですが、まだ決して完成形ではないので、そこらへんも皆さん始めのうちは承知の上で楽しんでいきましょう!!!

ゲストには[a:rpia:r]ファミリーの重要人物の一人・Prikuが待望の初来日。今回のSUNWAVESでもアフターの非常にいい時間に回していました。そのDeepなDJプレイスタイル同様、彼の作品はハイレベルなルーマニアミュージックの中でも群を抜いて本当に素晴らしいものばかりです。Facebook Event Pageでその楽曲やMixを紹介していますので、是非ページにご参加下さい。
https://www.facebook.com/events/1096340907093419/?active_tab=highlights

他の日本人出演者も強者揃いで、今回のBeat In Me、本当に楽しみです。
新たな場所での記念すべき初の開催となる今回、皆さん是非遊びに来て下さいね!
僕のDJの成長具合も是非確認しに来て下さい!!!


■Releases

ー Adrian Niculae (aka Priku) ー

・Electrip EP [Motif002]


・Acoustic EP [Motif001]


・001.2 [Atipic 001]



■Podcasts

・Priku @ Sunwaves19 [02.05.2016]


・Park & Ride Records - EPISODE 002 Mixed By Priku







さあ、ではいよいよ旅のレポートに移ります。

今回は前述のように直前の4月にパーティーをやらない事にしたので、例年とは違ってその分時間ができた。例えば去年とかは、その前の年の10月末にイビサから戻り、そのまま11月末のPedroとのパーティーの準備、それが終わると2月頭の自分のバースデーを兼ねたBaracとのパーティーの準備、そして並行して4/4のあの『RPR SOUNDSYSTEM @LIQUIDROOM』の準備、ともう大変な事になってた。秋にイビサから戻ってからずっと走りっ放し、そしてこの4/4のパーティーを終え、まだこのclubberia始めそのレポートや、パーティー後の色々なまとめが終わり切っていない状態で、でも10日後の4/15にはBerlin HoppetosseでのRhadoo@ARMAのパーティーからシーズンを始め、そしてそこから10月末のシーズン完全終了までまさに走り通しだった。考えたらこの4月のパーティー後からすぐの渡航開始は、実際相当なツメツメのスケジュールの中で行ってた。
そしてこれはもう毎年の事だが、夏の6ヶ月の間に計4ヶ月海外でやり切って秋に帰国したその日から、同じように11月末のDan AndreiとのAIRでの最後となったパーティーの準備、そしてこの2月の最高だった『Beat In Me feat. Rhadoo with Dreamrec VJ ~ RAHA 50th Birthday Bash ~ @LIQUIDROOM』の準備・実施と、これは実際抜くところが全くない状態が続いていた。
これで今回も4月何か大きなのを入れてたら、もうそのまま10月末までいっぱいいっぱいで走り通し。そしてまたそのまま秋からの日本のスケジュールに入る。。
これはさすがにちょっとキツいだろうと思った。下手したらパンクも有り得るなと。今回、実は本当は4月にちょっとビックリ目なのを入れちゃおうかなとも思ったんだけど、うまい具合にそれは入らなくて、結果パーティーやるのも止めて完全に時間作る事できた。
これは本当に本当によかった。
2月のパーティー終えて落ち着かせてからの1ヶ月半ちょっと、計画的にものすごく有意義に過ごす事ができた。でも、それでも時間は足りなかったな。3月末にはPedroがプライベートで10日間ほど来日したのもあり、結局最後の方は当初あれだけ計画的に事を進めていたはずが、旅の前に終わらせたい事やらなくちゃいけないTo Doが本当に恐ろしいほど山のように積まれ、毎日ものすごい事になってた。
出発前最後の5日間、睡眠は、3, 1, 1, 3, 0。5日で合計8時間。さすがに怖い。。大丈夫か、俺。

今回の旅の予定として、まずBerlinに2週間滞在。これはDJとかはなく、とにかくひたすら体調を回復させて整える事と、この冬日本で半年過ごしたこの頭と自分を向こう使用にしっかりと切り替える事。それと翌週の勝負gigのしっかりとした準備。それだけでこの時期のここでの滞在の目的は充分。
そして、日本で言うゴールデンウィークの期間にこの旅の最大の目的であるSunwaves19が1週間。これは一大リゾート地Mamaia Beachで行われる。そしてその前後1週間ずつを首都Bucharestに滞在して、共におそらくDJが入るはず。これで計5週間で帰国するはずだった。これはDJも含めて去年とほぼ全く同じスケジュールとなる。

が、出発の数日前に、ロシアから1本のメールが届いた。「5/14にMoscowに来れませんか?」
DJのオファーだ。ブカレストからの帰国を5/11ぐらいで考えていたのだが、それを1週間延ばせばこのgigは可能になる。
オファーの相手はMeduzaとあった。その時点での俺にはあまり馴染みのない名前だった。多分そう大きくないイベントなんだろうな、と思った。でも、全く知らないところから俺を指名してきてくれてのオファーだったのが嬉しかった。
これはやるべきだ、行こう、と思った。

色々な準備で最後の数日は本当にバタバタになったが、なんとか無事に出発の用意は整った。あれは正直奇跡的と言えた。

早朝。外は雨。意外と寒い。いつもよりも最後の支度の終わるのに余裕があった。時間も来たので早めにそろそろタクシーに電話を。。と思ったら。ここから大変な事に。
なんとタクシー繋がらないし、繋がっても配車全くできず。電話帳に書いてある会社全部電話したがダメ。なんと1時間以上。その間、狙ってた余裕のスカイライナーはパス。そして気付くと次のも。。でも捕まらない。こんなの今までなかった初めての経験だ。海外で数年前に一度乗り継ぎが送れMadridで乗れなかった事あるが、日本からの出発ではこんなの初めてだ。なんと、この日本に居て乗れないのか。。折り悪く今日だけ外は雨。それも結構降ってる。この荷物持って傘さして、は現実ムリ。俺の荷物、33kg+に10kg+。だから電話してたが、最後の最後もう諦める。他に方法はない。びしょ濡れになろうがなんだろうが、この荷物引っ張って駅まで歩いて行く事に。

が、ここで恐ろしい問題が発覚した。前回9, 10月に6週間日本空けてた時に、車のバッテリーがあがっちゃった。今まで幾度となく大丈夫で来てたのに前回は。それで、朝車に物を取りに行った時に最後に一度エンジンかけておこうとして、なんとなんとそのまま家に戻って来てエンジンかけてた事そのまま忘れてしまっていた。たまたま行く直前にもう一度物を取りに行ったらなんとエンジンがかかってる。。あれはマジでマジでヤバかった。もしあのままタクシーも普通に呼べていて順調に出発できていてしまっていたら、、、。ぞっとする。神がここでも見ていてこうしてくれた(タクシーを呼べなくしていた)としか思えない。2時間ぐらいアイドリングしてたよ。あのままエンジンかけたまま海外旅行行ってしまっていたら本当にどういう結果になっていたのだろうかと思う。心から心から気を引き締めなければいけないのだねと痛感した。でないと、多分この旅でとんでもない事故か何かが起きてしまうのだ、と考えた。こんなのは今までで初めてだったが、本当にビックリした。そして死ぬほど反省した。

気を引き締めてもう一度全部をチェックしっかりして出る。外の雨はやや小振りに。でも思ったほど濡れずに傘も何とか持てた。荷物が重かった。が、なんとか。駅までは意外と早く、15分ぐらいで着けた。そしたら今度は電車のダイヤが乱れてる。JR駅でも急ぎ、最後のこれに乗ったとしても果たして間に合うのか間に合わないのか半々だったスカイライナーには余裕で間に合う事ができた。改札入口で親切な女性スタッフが電話番号教えてくれ、空港のaeroflotにかける。12時出発で、空港駅には10:43着。申告したら、大丈夫だった!11:20分にgate締めるって。でもこれは航空会社によって時間が違うし、とにかくまず電話を入れておくのがよかった。とにかくほっとした。いやあ今回かなり危ないところだったなあ。あれだけ時間余裕持ってたのに、最後タクシー捕まらなくて間に合わない、なんて事日本に居てあるのかあ。勉強になった。



空港カウンターでは親切だった。33,6kgぐらいを見逃してくれた。
32kgまでの荷物超過分を払う。

ともあれ出発!今回は春の旅では最長の6週間。頑張って行こう!


空港コンビニで買ったおにぎり食べ、なんとか乗り込む。席は真ん中だったのを一番後ろでリクライニングが少ないが通路側で横は人が居ない席に替えてくれた。居心地最高ではなかったが、2席で横になって寝てなんとか。左の日本人女の子も上手に寝てた。ご飯意外は全部寝れた。

モスクワに10時間で着。ここも雨。前回に続きLoungeはJazz。やれてなかった旅行前のノート整理など一気にやれてよかった。
いよいよBerlinへ。席、今度は通路側だったが、隣に超でかいデブの人が来て、肉がこちらにはみ出て来て圧迫される。席もやはり狭く、腰と言うより背中が痛くなった。やっぱ飛行機の席辛い。でもここでもほぼ寝てた。


Berlin着。着くなり寒い。服持ってきてよかった。タクシーでSchlesischeへ。帰って来たなあ。着いたのもう夜中の時間だったから、この日はアパートに着くなり早めに寝る。



朝方一度起きて、まだやってなかったストレッチやる。思ったほど体おかしくなってはいない。
stayするところは今回もいつもと同じ辺り。でも今回は写真よりももっと、駅にものすごく近い表通り沿い。ど真ん中過ぎてうるさくないかが少し心配だ。中は地下のスタジオタイプの部屋で、悪くない。半地下だから光が少なく、部屋も暗めだが、まあいいだろう。


なんだかんだで夜7時近くまで熟睡。疲れ出てる。もっと寝れる。部屋の外に電子レンジが届いていた。8時過ぎまた寝る。熟睡。夜11時目覚ましで起きる。寝足りない。

夜になり、まずHoppetosseへ。入口のドアも受付も、大概仲間がやってる事が多いからこの店は超安心できる。
今夜はMelisma Labelのパーティー。すぐにDani Cassarano, Felipe Valenzuelaと言った120%の身内達と嬉しい再会。いいスタートだ。
そしてこの日のゲストで入っていたのが、前述6/4にBeat In Meで来日するPriku。どこに行っても大抵いつもこういったいい巡り合わせの事になる。去年はほんの10日前に東京で一緒にあの最高のパーティーを作ったRhadooが到着その日にこのhoppetosseに居てくれた。
Prikuとは周知の仲だが、彼ともしっかりと話しもできた。今回のこの初来日、彼も本当に楽しみにしています。
6/4(土)、みなさん是非パーティーに遊びに来て下さい!


彼は2時半からプレイ。この日のパーティーはお客さんは多い方ではなかったが、Deepでありながらもしっかりとフロアーをロックしたプレイが印象的だった。東京でのプレイが本当に楽しみだ。


踊っていたが、自分自身の体調的にやっぱり絶対的にエナジーが足りない。そりゃそうだ、24時間前にBerlinに着くまで、日本からまず家から駅まであの重い重い荷物を雨で傘さしながら引きずっていってからのいつも以上に狭い感のエコノミー計14時間。後半は隣が超デブチンで辛い体勢に。そして日本出る前5日間で計8時間睡眠(実際はこれに日曜日に車で3時間寝落ちが加わる)。体は今ズタボロだ。

5時出る。タクシーでRenateへ。

Kicks with Maayan Nidam, Shonky, San Proper & Many More at Salon Zur Wilden Renate
https://www.residentadvisor.net/event.aspx?820499


これは超ヤバいパーティーだった。すぐにみんな見つけてくれた。出演者、来てるお客さんみんな知り合いだらけのパーティーで、超快適だった。これは相当なキラーパーティーだった。KicksのLiveをほぼ見逃してしまった事が本当に申し訳なかった。が、今度招聘するPrikuのDJを聞いていたのだからこれは全くしょうがない。
Alexandraも居るし、一番大好きな仲間達も。yayのみんなもよくしてくれたなあ。
Renate何度も行ってるが、今日もあの店内の感じ、ヤバいなあ。あの室内の色調、造り、日本ではあり得ないなあ。日本の中型以上のクラブでは真反対になってしまう。お金をかけて、きれいに、きれいに。。。ひたすら清潔で快適に、快適に。。。まあもういいけど。。。店内写真撮影禁止なので、知りたい人は実際に行って自分の目で確かめてもらうしかないのでよろしくお願いします。

朝9時からのFrancescoとAlexandraのb2b。これが激ヤバだった。特にFrancesco、ヤバい。マジでamazingなDJしてた。かなりキテるな。

服を置いてくれてたAlexらが途中から居なくなり、メインのDJブースに置いておいてくれてたジャケット出せずそのままに。気付いたらそっちのフロアー終わっていて、中に入るもジャケットがない! どこをどう探してもない。ああ、もうダメかと思ったが、なんとクロークに届いていた!当然と言えば当然だが、でもこれはラッキーの部類だったと捉えた方がいい。しっかりと反省しなければだ。もしもこれからの6週間、あれがなかったらだいぶ違ってた。

昼12時、まだ全然良かったが出る。疲労は半端ない。週明けマッサージ行こう。



土、日、ひたすら寝る。起きてご飯食べてネットしてまた寝て、それのみを繰り返す。



月曜昼11時半やっと起きる。充分睡眠は足りたと思う。
午後からSpace Hallへ。Belrinで電車乗るのホント好きだ。車両乗った目の前で係員が切符チェック! 俺はスタンプ押しも含め絶対忘れないようにもう心がけてるから大丈夫だけど、1人無賃乗車で目の前でやられて連れて行かれた!やっぱりちゃんとしなきゃと痛感する場面だった。ああいうのはやはり全ての運気も下がってしまうから。

Herman Platzやっぱなんかいいな。ほぼ乗り換えでしか俺は使わないが、ここの感じなんか好きだ。


Space Hallでよい時間を過ごしてから


Berlinに来た時は絶対に行っている、ここ何年も通っているタイマッサージへ。が、ずっと指名していた女性がタイに帰ってしまったとの事で居ず、替わりの新しい人に。悪くはなかったが、やはりもう一つだった。う~ん、もう一息だなあ。前ずっとやってもらっていたBeeさん、本当にムチャクチャ上手かったんだよ。あれは東京にそのまま連れて来て渋谷、恵比寿辺りのマッサージにそのまま放り込んでもトップクラスの腕前。一時期、本当に東京に連れて来れないものかと3割ほど真剣に悩んだ事もあった。う~ん、今日のマッサージは費用対効果が見合ってないなあ。これからどうすればいいのか対応策を考えなくてはならないなあ。

スマデリが一本裏の通りに移転していた。しゃけ定食食べて豚肉弁当買って帰る。


この日も早く寝つつ、仕事も超着々とこなす。よい感じでやっつけられている。




朝起きて仕事してから二度寝。午後1時半目覚ましで起きる。まだ眠いが、でもここんとこのすごいあの疲れではない。抜けた感ある。ストレッチして、体もだいぶ回復してる感じ。

今日は夕方からYoneちゃん家へ。曲のチェックと練習させてもらう。途中、ユカちゃんのご飯も頂く。ヘルシーで相変わらず美味しい~。元気出た。ご飯をはさんで10時までやらせてもらった。もっとやってもいいよと言ってくれたんだけど、この後CDV行かなきゃなので終わりにする。やって後半かなり耳戻った。ありがとうヨネちゃん~!


一度帰宅してから12時ちょい、cdvへ。今日はこのナイスなパーティー。
12th April – YAY @ Club Der Visionaere (Berlin) w/ Francesco Del Garda, Vera, Alexandra, Davy

着いたらFrancescoやってた。意外とそこまでではなかったがそれでも友達いっぱい居て楽しかったのだが、思いのほかすごく寒い。ダウンなしではいられない。フロアーの中の奥に居てもそれでも寒い。そして一番の問題として、スピーカー片側とあとモニターも不調らしい。今年に入ってスピーカーを替えたのがまだうまくいってないようだ。


後半ミキサー替えの持って来て音止めてチェンジしたがやっぱダメだったっぽい。今日はパーティーもう一つだったな。そして今はまだだいたい夜中の3時には終わってるっぽい。うっかりの前のめりに注意だ。
音も不調だし寒いしで2時に出て帰宅。寒い。横のケバブ屋でチーズバーガー食べホットミルクティー飲んだら少し戻ったが。でもやはり寒い。特に首が。これは、SWの夜のカッコ本当によく考えて行こう。




ずっと、洗濯物をいつ出せばいつ引き取れる、という夢を一生見てた。英語が話せないクリーニング屋のおばちゃんと夢の中でずっと同じ会話を繰り返してた。やや疲れてるな。
昼一度起き、やる事やったりしてたが、夜7時目覚ましで起きる。計で言うと10時間弱寝たか。まだ眠い。

9時Kottbusser Torの駅のホームでFelipeと待ち合わせ。新しいラーメンショップへ連れてってくれるらしい。TAKUMI。Alexで乗り換えてEberswelderへ。ここ来るの3年ぶりぐらいだ。前Rosenthalerに必ずstayしてた数年間、このへん好きだったなあ。裏の洒落たエリアが。
ラーメン屋、駅からの道を北上した所にあった。味噌ラーメン頼む。餃子と。餃子まあまあか。皮がパリッとしてなかった。ラーメンは、専門店でないいわゆる街の普通の中華屋も含めた日本の全てのラーメン屋のごく真ん中のレベルに感じた。Felipeから聞かされてた評判がかなり高く期待がすごく高かった分。。


電車で帰って来る。他愛もない、いい日だった。
帰って部屋で曲買い物をとにかく端から聞きまくりやる。いい日だ。




昼起きていつものベトナムでご飯。なんかダル気ある。帰って熱計ったら36,7℃。まあ大丈夫だ。陽気のせいも?午前中雨だったようだ。
毎年泊まってるのに、この駅横手にこんな大きくて超きれいなスーパーがあったの知らなかった。いっつも超地元のとこ行ってるからな。でもちょっとだけ割高なんだろうな。



そして嬉しいニュースが飛び込む。
来週木曜、なんとGuesthouseでのDJが決まった!嬉しい!CAPとAndrei Ciubucとだ。2人ともナイスアーティストであると同時に仲良しの仲間だからこのブッキングは超嬉しい。去年計4回ブカレストでDJしたけど、ベストクラブであるこのGuesthouseではタイミングでDJ出来ていなかったから、今回が初GH。しかも翌週のSunwaves前に。実はこれが大きい。これはマジで超ナイスブッキングだ! 全部の力を出し切ってベストプレイを見せる!! そのためにもしっかりと準備だ!!
https://www.facebook.com/events/1758880994345342/?active_tab=posts




今日はBerlinに住むDJ Katsuya氏のところで、2, 3時間DJのチェックをやらせてもらう事になっている。去年に引き続きで本当にありがたい。
そしてその前に、discogsで商談が成立した相手の家がすごく近かったので、レコードを直接受け取りに行く事になっていたので指定の待ち合わせ場所に向かう。


が、、、来ない。


出た~。20分ちょい待って連絡も付かないのでもう見切ってカツヤ亭に。彼曰く、こっちではその約束は実現率20%だよ、と。あ~あ、こういうのが海外のホント嫌なところだよ。。ふざけんなよAlex。

が、彼1時間経って連絡して来て、時間間違えたほんとゴメンと言って(嘘だろそれ)、でもその後カツヤ亭まで持って来てくれた。ダメ男だけどいいヤツだったんだな。でもこのレコード、ずっと探しててやっと出て来たヤツだったから許す。改めて針落としてしっかり聞いてみると、これがやはり超カッコいい!大当たりだ! ナイスだぞAlex!

今日の1日は大きかった。おととい1回やってたのも大きい。買ったばかりの新譜の聴き込みもかなりできた。
途中カッチャンが買って来てくれたケーキ、すごい美味しかったな!!



有意義な時間に別れを告げ、さらに有意義な時間にすべくいつも行っている日焼けへ向かう。そう、海外に来てるからって白いもやしっ子で居ていいって理由には全くならない。むしろいつもと同じコンディションの自分で極力居たいと思うのが俺にとっては普通だ。
いちおうやってるか電話して聞いてみる。が、こんな感じだった。このムカついた気持ちはその時のOn TimeでのTwitterを参照。

(Twitter)
海外に来ていて、お客が電話で問い合わせしてきてるのに、店員自分が英語があまり分からないと途中でいきなりガチャ切り。ドイツに居てドイツ語で聞いていない自分ももちろんよいとは言えないけど、でもお客だぞ。日本ではこう言う事まずないとこが普通に好き。こういうのが海外の大嫌いなところ。


電車で行く。今住んでるとこ、玄関出て1分後には電車乗れてる。ホントいい。

ミッションを終え、今度はバスで戻る。Kottbusserで降り、探索。なんかガラがさらに悪くなってる感じした。これって、今回来る前からニュースで聞いてたようにシリア難民の影響本当にあるのだろうかと現実を考えた。

Goritzerまで歩く。せっかくだからCocoro Ramen行く。来た時は絶対に一度来る。美味い。やっぱこっち派だ、俺は。
店内で『オフコース - さよなら』がかかっていて泣けてきた。


あの辺やっぱ最高だな。住んだら高いんだろうなと思っていたけど、住んでた人に聞いたらそうでもなかった。実際どうなんだろうか。今はまだどうしてもCDV行く頻度がすごく高いから今居るとこが一番いいんだが。。

電車乗って帰るが、一駅だけでこんな夜だから今回初めて切符買わなかったが、やはり気分が落ち着かない。精神的にもツキはしないよな、あれは。止めよう。


家に帰って曲の聴き込みと整理をする。DJもボチボチ入って来るようになり、しかもGuesthouseとかで。今回ここBerlinに居てもあまり遊びに行く考えが起きない。体調と曲の準備を優先する気持ちが占めている。今年、とにかく出来る限り頑張ろう。全てのgigをベストで。

ちょうど旅に出る直前に、ルーマニアのトップクラブサイトnightclubberが俺のMixを取り上げてくれてた。ピックアップされるの今回で3度目になる。2/13のLIQUIDROOMでのライブ音源だ。Rhadooの前にやったヤツで、自分としては自分の実力から言うと非常にいい出来だったと思っている。
それがこちらでものすごく聴かれていた。そして反応がものすごくよかった。来週のGuesthouseのパーティーのFB Pageでも、このLiquidroomとその直前のDOMMUNEのMixがアップされてて、後から聞くと友達含めすごくたくさんの人達が実際に聴いてくれていたようだった。そして、このプレイしたRAHAがSunwaves前に来週Guesthouseでプレイするって、とすごく興味津々で居てくれてた。色々な事がリンクし繋がって作用していて、ここのところすごくいい流れになっていた。でもだからこそ現場で本当にいいプレイをする必要がある。ダサいプレイは絶対にするわけにはいかなかった。多分自分にとって一つの大きな分岐点になるかもしれないなあ、と感じてた。素晴らしいプレイをしたのであればその翌週のSunwavesでもその話しは一気に伝わるし、逆にイモ引いた場合は、大した事なかったぜという話しが一気に伝わる。ここ、きっと本当に勝負どこだなと感じた。今、出来る限りの準備をしよう。

よかったら聴いて下さい。

■Raha At Liquidroom (Tokyo) On 13 February 2016


■2016.02.11 RAHA@DOMMUNE




そして、なんと、この日熊本で大地震があったようだ。後から分かるにつけ、これは東日本大震災レベルとの事。なんて事だ。そしてこの2日後に本震が来る。大変な事になっているようだが、こっちにいてあまり正確な事が分からないのが歯がゆい。。被災地大丈夫なのだろうか。。




翌日。夕方起きる。色々用事を済ませ、Mitte Musikに取り置き買いに行こうとしたら急に大雨。出るの待つ。

遅くなったけど、雨は止んだ。陽が差していい感じだった。無理して雨に濡れて風邪の心配とかするよりはよっぽどいい。電車一駅だけどちゃんと切符で行く。


Mitte Music、着いたのはいいが、もう時間だからダメだと言う。まだ時間前なのに。でも言って取り置きだけピックする。


前のAudio-Inは8時だったがまだ入れてくれ1時間試聴できた。短い時間だったがいいのたくさん出て来た。



夜は12時過ぎ出てCDVへ。今日はDorian。が、行ったら彼は今日キャンセルになってて居なかった。
Laylla Daneともう1人Jason Lanoxと言う人がb2bしてた。
Laylla1年振りだ。彼女去年New Kidz On Acidで回してた時はすごく良かったけど、今日は調子もう一つだったかな。


今日は人もかなりまばらで、知り合いもホント居なかった。
Helloだけできたので、今夜は長居はせず1時過ぎにさっと出て来て帰る。どうやら今回のBerlinはまだ冬が終わっておらず例年と比べても全く盛り上がりに欠けてるように見える。でも俺もDJの準備と体調整えられるからちょうどよかった。

帰りの道での月がヤバかった。





翌朝10時目覚める。なんかものすごくセクシーなコと一緒に居て、車を道に止めっぱなしで箱根の方までレッカー持ってかれてるの取りに行かなきゃいけないような夢見てた。あの物語は何なんだろうな、一体?
また寝る。午後3時起きる。今度はよく寝れた。

GolitzerのBikini Waxx Recordsへ。今日は4/16(土)、Record Store Day。すごく洒落た店だった。スタッフも俺を見るなり自己紹介してきて、そして何か飲む?ってコーヒー出してくれた。今日だけなのかいつものなのかは知らないけど。でもコーヒーだいぶ忘れてて出て来るのは相当遅かったなw ホントいい人達だった。いい時間を過ごす。


こんなのもあったよ:)



店を出て川沿いからぐるっと散歩。やっぱあの辺本当にいいなあ。まず歩いてる人達がほぼほぼいい。それに比べると今stayしてるこの辺は雑多ではあるなあ。



夜になり、タクシーでHoppetosseへ。今夜はBody PartsのOlgaが入ってる。結構仲良し。会うの1年前のSW以来だ。
入ってすぐ再会。久しぶりだからお互いの色んな話しを報告し合った。聞くと今度行くモスクワのMeduzaってパーティーは今のオーガナイザーとOlgaが2人で始めたものなんだって。それで彼がいいDJを探していたところに、Olgaが俺の事推薦してくれたって。そして例のnightclubberに上がってるLive@LIQUIDROOMを聞いて 、よし、いい!って事になって実際にオファーしてきたらしい。
すごくいいパーティーだからね、と言われた。そして、中のGALLERLYと外の庭のGARDENとある中で自分は多分日曜の朝の時間からGardenでのプレイになるだろうと言われている、と言ったら、Perfectだと言ってくれた。これはだいぶ楽しみな事になってきたなあ。

Olga


朝遅い時間からDJ Masdaが登場。聞くと彼、明日ここで行われるビッグパーティーで最後の時間にプレイするSpacetravelを聴きに、間違えて今日来てしまったようだった。自由だw とんでもない間違いだったが、おかげでOlgaも去年来日した時一緒にプレイもしたMasdaとも会う事ができ、俺ももう早めに切り上げて帰ろうかなあとも思ってたところだったが、予期せずなんかみんなで結構楽しい時間となった。
体はでももう早い時点でガチガチだった。腰。そして膝。もう限界。左足がずっとつり続けてた。あれはもうどうにもならなかった。
朝10時半OUT。



帰ってまじで体死亡だった。久々の感じ。やっぱ冬の間の日本で体なまりまくってるんだな。今回冬あんまし鍛えられなかったからなあ。ストレッチ入念にやってなんとか少しずつ回復。でも体固まり過ぎてる。根本的なストレッチングが必要だ。




日曜夜10時起きる。結構寝た。今日は一回起きただけで熟睡できた。なんとか半分以上は回復。体ガチガチなので入念にストレッチ。体の固まり具合も半分以上回復。足のマッサージ必要だ。
今夜は日曜だけれどもパーティーばっちりなのがある。
ご飯簡単に済ませてから、遊びに出る前に色々とやっとかなくちゃいけない事済ませる。6/4のBeat In Me関連の事始め、こっちに来ている間も時間は止まってくれるわけではないので、同時進行でやらなくちゃいけない事は日々山のようにある。出かける前に集中してやるのもホントきつい。でも、だから、後でやろう、と言って遊んだ後にそれを繰り越した時、今の何倍も辛い事になると言うのは経験で分かり切っている。そして、ミッションを残して後回しにして遊んでるような時にいい事なんて起こりっこない事も。遊びは、どっちにしろやらなくちゃいけない事を終わらせてから、心に気がかりな事を抹消させた状態で思い切り遊ぶに限る。ここBerlinでも毎日いい感じでちゃんとできてた。うん、ナイスだ。

シャワー浴びて出る。今夜はまず旧友であるSISのバースデーやってるから来てと言うのでKaterkioskという、前のBar25に行った。ここ、25が終わって変わってから初めて来たな。中、ホント一般観光客だらけだったが、すごく面白くはあった。難しいこだわりとか抜きで、旅行で1人か友達とで行ってたら超楽しそうだなと思った。中、ダサいヤツだらけではあったが、Venueの中身はすごく面白かった。俺ああいうの好きだなあ。そしてあれは日本にはできないなあ。


SIS、お互い再会を喜び合う。彼とはもう9年とかになるからある意味全く気を使わない感じになってきてる一人だ。
Happy Birthday!!!



30分ぐらいでHoppetosseへ。これは仕方ない。今回のBerlin最後に用意されていたバッチリな夜だ。

Outer Place
Maayan Nidam + Vera [ Mara Trax ], Zendid, Spacetravel ……………
https://www.facebook.com/events/996766647075434

入口、こないだ日本来てたOmarの彼女だった。こっちでの再会嬉しい。中、今日ぱんぱん。超バッチリ。色んな人いっぱい居た。tINIは本当に大好きだ。いっつも踊っていて、俺達と全く同じようにいつも遊んでいる。
Mara Traxの真っ最中。人逆に多過ぎくらいでブース前なかなか行けず。う~ん2人ともナイス。やっぱ今日最高の日だった、よかった。


6時過ぎから見たかった1人Zendidと、あれはLorenzoか。のb2b。最初まあまあだったが、途中から一気によくなった。Zendid、彼の曲いっぱい持ってていっぱいかけてるけど、DJ聞いた事なかった。ダンサブルな品のいいハウシーなプレイ、すごく良かった。俺達お互い話した事ないだろうな、と思ってたらプレイ中に俺にサインを送ってきて、終わった後で話したらどうやら去年かその前のSWで話してたらしい。ええ~覚えてないの?と申し訳なかったな。話してナイスガイだった。この後の今年のSWも来るらしいので、2週間後にMamaiaで会おう!と。

昨日日にちを間違えたMasdaも今日は間違えずに現れたwww

DJ終わった後のVeraをキャッチ。彼女のあのスマートバランス、ホントに最高だ。我々馬が合う。日本のこの時現在のクラブの風営法事情と今週起こった地震の事などを話し2人でず~んとなりかけた後に、その空気を変えるとすぐに乗ってきてくれる。最高に快適な人だ。Guesthouseでのブース内でのDJの際の注意アドバイスをしてもらった。thanks!

最後回したのがSpacetravel。Perlon 109のリリースが待ち遠しいところ。完全にいつも居るみんなの身内の人で、彼目当てで来てた人もすごくいっぱい居た感じだ。選曲もう完全にヤバかった。う~ん素晴らしかった。


9時終わりの予定が終わらず、見ると9時半過ぎに。
何もなかったらみんな居るし全然何時まででも居たけど、今日は午後3時から2時間、最後のDJ練習。
なので後ろ髪を引かれたが最後終わるちょっと前に離脱。


帰ってシャワー浴びちゃって、ストレッチして何とか。
クリーニング出して来る。寝たの午後1時になった。
1時間半だけ熟睡し、今日の最後のミッションをいい感じで遂行。カッチャンの作ってくれた日本そばがすごく美味しかったよ。


その後疲労困憊の中、色んな用事をこなし、最後スマデリでtake awayしてタクシーで帰る。運転も上手いし英語もきれいないい運転手だった。もう9時間運転し続けていてクタクタだって。それが毎日。タクシードライバーは休日はないんだと。毎日。これはしんどい。

やっと帰宅。ホッとする。ベッドにバタンと倒れ込みたいところだが、寝る前に頑張ってシャワー浴びる。が、、、

入ろうとしたら中に足の超長い虫が居て、逃げようとするも壁を登れず逃げれず。でも必死なのが伝わって来た。生きてるのはみんな同じ。何とかケガさせないように気を付けながらティッシュで救出。外に逃がしてやる。その際足の一本でもうっかり折っちゃったりしたら彼はその後多分長くは生きられなくなってしまうだろうから慎重に。上手に傷つけないで救出して家の外に出してやれてよかった。

買って来た弁当食べる。母がよく言ってた「慌てないでよく噛んで食べなさい。」と言う言葉を思い出す。
結局完食したら元気出た。体って正直だな。やっぱでも日本食じゃないと無理だよ。味付けが。




2度ばかり起きたがわりと熟睡。目覚ましより少し先に午後3時前起きる。11時間弱寝たかな。疲れ切ってたけど、何とか回復した。やっぱ睡眠が重要。食事栄養と。
いよいよ明日朝Bucharestへのflightだ。外出して幾つかの用事を済ませて来たが、出かけた時の行きのタクシーの運転手の運転がもう最悪で2度も人轢きそうになってそのマイナスバイブスと言ったらなかった。今回の旅は、そもそも出発前の東京の家で車の大失態を犯す寸前だったわけで、旅中に車の事故には本当に本当に気を付けなくてはいけない星になってるはずだ。本当に注意しよう。

帰ってゆっくりとpackin'。最後にいつものベトナムで62番食べる。明日起きる時間があまりに早いので、寝る時間あるのだろうか?と思っていたが、2時何とか床に就く事ができた。



左が向けない夢で起きた。怖いのじゃなく面白い夢だった。朝5時半しっかり起床。全然大丈夫になった。
ストレッチし、テキパキと支度。web check inも済ませた。準備も今回は余裕を持ってできた。万端!
部屋を整え、めずらしく時間少し前に外へ。お世話になりました。手頃で便利だしいい部屋だったと思う。


呼んでもらったタクシーで。前日ほどではないがやはりこのタクシーも少し慌ててて運転が粗く危なっかしかった。本当にどうも車には気を付ける運のようだな。

2時間前に空港着。ものすごく並んでた。30分近く待った。荷物29,5kg。5kgぐらい減らしたのか。


さあ、Berlinでの2週間のウォームアップは終わった。体はちょうどいい感じに暖まった。さあ、いよいよこっからだ。本番始めよう。こっからルーマニアに3週間半。さっそく明日はGuesthouseでの超勝負DJ。いざBucharestへ!!

PREV
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ