BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.31:Winter has come! and hasta luego Ibiza!



10/10 (木)
さて、今回の旅、いよいよ最後の1週間になった。今回のこの1ヶ月半は、また今までとは違った色んな事があったな。本当に毎日楽しかったし得る物も多かった。さて最後の締めに入る。

まず、関係ないがこれ雑誌に載ってる絵なんだけど、なんか俺気に入ってたからとりあえず載せとく。楽しそうでしょ、この絵。



季節的にはさすがにこの島でも夏はすでに終わっている。同時に区切りと言う意味での個々の夏が、人によってはここ数週前から、特にこの1,2週で各自一気に終わりを迎えている。ある者は自分の夏シーズンを自分で終わりにし、もうこの島を離れているし、その割合はものすごく多い。もうAmnesia, Space, DC10が終わって一気に人が居なくなった。まあ毎年そういう時期なのである。そして俺らにとっては逆にこの時期がこうだから普通の夏の姿じゃなくて楽しくもある。でもまあ1週間ちょいぐらいのstayで来ようと思ってる人はせっかくだからこの時期じゃなくシーズンまだビンビンの時に来た方が面白いかもね。
それでこの "My summer has finished." と言うその時がそれぞれの人によって微妙に違うのも面白い。先に言ったようにまあ割と早めにor普通に先週いっぱいぐらいで終わったよ俺は、もうクラブもいいや行かない、と言うcoolな(笑)人も居れば、いやまだもう少し、もう少しだけ夏を惜しもうよ、最後じゃんよと言う諦めの悪い(笑)人は最後の最後ギリギリまで色んなクロージングを楽しむ。巨大クラブは全部もうクローズしたけど、中型クラブ、Lounge・パーティーやれるrestaurantみたいなとこ、或いは各人気ビーチハウスなどなど、それぞれがクロージングパーティーやるからね。今週・来週いっぱいぐらいまではまだ毎日のように何かしらクロージングパーティーやってるよ。それでもってまあ日を追うごとにどんどんと人は島から去って行くわけだから、残ってパーティーに顔を出す人はどんどん限定されていく。どんどんローカル色が強くなっていくし5,000人が来て大騒ぎしてたクラブではでき得ない色んな交流ができて面白いのである。日を追うごとにそれでも島に残ってパーティーに顔を出しているヤツなんてよっぽどのヤツだねって割合も多くなって来てそう言った意味でも面白いしね。パーティー三昧だった日々の時にはみんな忙し過ぎ&疲れててお互いの家でゆっくりホームパーティーする時間なんてなかったけど、家にDinner食べに呼ばれてみんなで遊んだりとかそういう交流いっぱい始まるからね。俺からすると普通の観光客がほぼ全く居なくなった後のこの時期の遊び、本当に面白いよ。

そんで彼らの感覚、夏のイビサシーズンが終わったらほんの一瞬の秋を感じつつ、でも彼らに言わせるとそれはもうWinter Seasonの始まりと言う表現で、住んでるみんなそれを夏とは違った感じでみんなすごく楽しんでる。この感覚は年間通してここに住んでる彼らの感覚だなあとすごく感じる。こういった感覚もホントにもっと理解して、もっとトータルのカルチャーとしてのイビサを深く理解したい気持ちがあるから、こう言った彼らの捉え方の感じ、すごく興味を持って見てるし同じような感じ方が少しでもできるように一緒に居て色んな事を見習うようにしている。


とは言え、やはりどうしてもあと1週間で帰らなくてはならないので、最後、とにかく少しでも多くの事を感じるように務めて過ごす。


さああと1週間。最後のこの1週でDJが3回入った。今回ロシアにDJしに行った以外は割とゆっくり構えていたけど、最後に来てなんかいい感じにトントンと入ったので一つ一つやっていく。まずはこの日のGrialでのパーティー。8月に来日もしたNima Gorjiのパーティー『PEOPLE FROM IBIZA』だ。題にあるように1ST WINTER SESSIONの1回目ってなんか気分がいいな。


パーティーは夜の11時から。その前にセッティングもしてバッチリだったが、この日からなんかPCが不調だった。と言うより少し前から時々固まったり起動があまりにも時間がかかったりなど、そろそろさすがに替え時が来たかなあという状態だった。電池自体もきっと寿命が近く電池の減りとか異常そのものだったし。この日もなんとタイミング悪く充電ゼロに気付いたらなってたかと思うとしばらくそのまま起きてくれず、と言うもうあ~あ~と言う状況も一瞬あったが何とか事無きを得、プレイ自体はすごくいい感じでやる事ができた。お客さんは決してそんな多くはなかったけど、大事な友達たちも何組か来てくれ、deepないい感じのプレイを聴かせる事ができて自分的にはすごく意義のあるDJだった。自分の選曲/プレイが彼らから見てどうなのかとかどう思われるのかはもう大体分かった。俺のやってる事、やってる感じ、大筋今のままでいいようだ。あとはもっとそのクオリティー上げて。前からそれぐらいは分かってはいたけど(w)確認できるのはいい事だ。今回ゲストで呼んでくれたNima、本当にありがとう!



Willie Graff, ちょうど島に来てたTomoking Tamura, Tuccillo, Marちゃん、ありがとう!





終わった後はUnderground - Rhadoo Closingへ。今日はすごく良かった。目に入るフロアーの客も全て良かった。いいムードだったなあ。今日はmixもう一つのようだったが、いやいややはり上手い。3つ同時にかける。ほぼ常にfader2つ上がってる。なるほど。



ここが終わった後はそこに居たルーマニアの友達の家のアフターへ。2,30人は来てた。ここいっつもみんなが集まってやってるみたい。去年からこの友達に、家でパーティーやる時来年はRAHAも絶対回してね、と言われてたけど、まあ普通に家なんだろうなあと思ってた。それが、、なんととんでもない家だった。家自体もプールもあるしバッチリなんだけど、くつろいでたらDJの一人が、RAHAじゃあスタジオ行こうかって。
エッ?スタジオって何?って聞いて付いてったら、なんとすごいのが敷地内にあった。あれは完全に小さいclub。完全防音された建物で中の音響システムはもうバッチリ過ぎ。ヘタな店よりも音が全くいい。ライティングも施されていれば、タバコで中がモクモクにならないように換気のでっかいダクトまである。Dommuneみたいなのが家の敷地に建ってると思えば分かり易いかな。30人は楽にいけるかな。本当にかなりバッチリでビックリした。そうだよな、先々週はSpaceのプレイ終わった後に会ったSammy Dが今からアフターでDJするんだ、って言ってたのが考えたらここだし、去年そこでプレイしてたルーマニアのPiticuのかけてた曲をその場で気に入ったMarc AntonaがDissonantからのその曲のリリースを即断したのもまさにその場所だったと言う事だ。そんで遊びに集まってるのはほぼルーマニア人/方面の人達ばかり。みんな音分かってるし趣味も同じだしホントのクラバー達だし、これはかなり面白いよ。

明日の土曜はUndergroundのClosing。何時に終わるか分からないけどその後にもここでアフター遅くまでやってすごくたくさんみんな来るから、RAHA回して欲しいんだけど、と頼まれた。
全然オッケーだよ。やるでしょう。こう言うのむしろやりたかったわ。ルーマニアの人達ばかりのアフター、ここで指名されて回すのはこれは楽しそうだぞ!楽しみ増えた。 この日はYouth Invasionとかからリリースしてる若いDerekがずっとDJしてた。彼友達で今年ブカレスト行った時も案内してくれたりしたんだけどDJ聞くのは初めてだったんだ。でも悪くなかったな。
この日のここは昼前には帰る。


STUDIO


帰り道。外はにわとり




帰り道、天気もいいし昨夜のgood jobの後だったし気分がいいので寄り道。
実は数日前にヘッドホンの先端のジャックを失くしてものすごく困っていた。PCは挿せて聞けるけど、MIXERに挿す先っちょのを失くした。前にも一度イビサで失くした事があるんだが、これをここで失くすとホントに困った事になる。golden contach ゴールデンコンタッチという名称の言ってみればいいヤツがこの島で見つからないのだ。あのグルグルグルってねじって嵌めるヤツじゃなく、ホントにしょぼい規格のそれしか街で売ってない。それで去年か一昨年か前はそれ買ったんだけど、それ時々片耳になったり、全聞こえなくなったり。とにかくプロの仕事になる代物でなくダメだった。それでこの2週間、かなり探した。色んなDJ仲間にも聞いて。だが聞いた店どこにもなかった。そんで唯一1軒だけありそうなpro shopは一人ではちょっと場所見つけるの困難そう、だれに聞いてもみんなよく分からなかったり今いちアテにならなさそうで。昨日のPartyでは家主のDJに貸してもらってた。でも彼もその1コしかなく、翌週はヨーロッパ小ツアーとの事で、万が一俺がそれ失くしたらどうなるの?って状況だったから、自分的にもう気が気じゃなくて嫌だった。
そのジャックを求めて聞いてたshopからshopへ。


だが全然ダメ。そのダメな規格のヤツしか置いてない。最終的に何とか自力で見つけ(見つけてしまえば簡単である)たが、これは明らかに他の店とはランクの違うそこそこプロユースの店だった。でも今後のためにこの店発見しといて良かったなあ。ゴールデンコンタッチ無事購入!


近くにはSpaceのofficeも。



さて、家の方の街に戻って来てそのまま2時間ぐらい街を探索。楽しかったな、すごく。やっぱ街とかの知らなかったところを知る事が、普通の大した事ないパーティーよりもむしろ楽しい!それにしてもここ本当にいいなあ。すごくいい。


この街スーパーもなんか軽井沢とかにあるやつみたいななんか洒落た感じがある。


こんな出来合いおかず屋があったとは。


なるべく時間のある時はこっちの安い地元家族経営タイプのスーパーへ行く。


若者やシングルとかだけでなく、経済的に余裕のある家族が数多く滞在している街だと言う事をうかがわせる。


こんなの初めて見た。




やっぱりこの店のサンドは美味い。著名店。



帰って夕方は家のプールでゆっくり。
友達が会わせたい人が居るからって連絡して来た。なんかバーニングマンのデコか何かをやってた人だって。ここでも何かやろうとしてるからお互いを紹介するよ、って言ってくれたけど今回残念ながら俺ら二人の時間が合わなかった。
夜はゆっくりリビングで英語のレッスン。言い回しとかのレクチャー受けてた。こういう一緒に過ごす普通の時間がもう貴重になってきてる。なんか急に寂しくなってきた。今回ホントfamilyだったもんな。。あと数日になっちゃった。なんかここ数日急だな。なんか信じられないが。




翌日土曜日。9時間ぐらい寝たけどまだ寝足りない。やっぱ丸一日起きてたからな。でももうのんびりし過ぎる時間はなくなってきてるからチャッチャと起きて動かないと! 午後からビーチへ!
最初は通りがかりで一番近いSant MIguelへためしに一瞬行ってみる。ここは通り過ぎる事はあってもビーチに居た事はない。基本ファミリーだからね、ここは。ビーチまで出てみたがイギリス人ぽい人多く、その時点で雰囲気はもう難しかった。あの人達なんであんなに土っぽさのまるでない雰囲気になっちゃうんだろうな。日本人もそこは同じ人多いいんだけど。
お金持ち家族の滞在とかにはホント気持ち良さそうだけど今日はやめて、すぐさまBenirrasへ移動。

しかしこのロケーションでのこのホテルの部屋はバッチリだな。食事や遊戯施設とかもかなり整っているんだろう。こういうとこは、親が生きてたら保養に連れて来てあげて一緒に泊まりたかったな。。


あっ!大変!魚が打ち上げられてますよ!と報告しようと思ったら違った。




こっちは既に違うビーチ。今日土曜なのに人すごく少なかったな。もう人居ないのかな。



夕方6時もう陽が雲に隠れてて寒いのであがってご飯食べに行こうとしてたら、ちょうど仲のいい女の子が友達とサンセット見に来たのでサンセットレストランの特等席でDinner食べながら一緒に見る。fish美味しかったな。ものすごく素敵なコだったしw



さて今夜は予定満載で忙しい。彼女達とは夜あとでまた会う約束をして一度帰り、翌朝のアフターでの選曲。そして休む間も全くなくPortへ。今夜はまず友達のレストランのClosingへ。(と思ったら実は今日は違ったがww)
centerが車全く止められず30分かかった。クソ混んでる8月来ないから分からないが、それ以外で俺の居る時でこんなに停めるの時間かかったの最高記録だ。ビックリ。もう人少ないはずなんだけどな。でもまあ今夜土曜日だから今週いっぱいぐらいは逆にまだこのportの周りはすごい混むのかな。しかも今御飯時だからな。

でも港にぶち当たる一番の目抜き通り(Vara De Rey)が道路工事で通行止めになってた。さすがもうオフシーズン。オンの時じゃ絶対できないだろうからね。


でもまだやってるPlaça des Parcのレストランはどこもいまだ満員。


でももうこの店も全く静か。通りも人気は本当にない。



この場所がこの時間に人も全然いなくて店もやってない。


多分ここに来れるのはもう今年最後だろう。SUSHI青山。店もうネタ片付けちゃった後だったけどネギトロ巻きでよかったらと言って作ってくれた。最後食べれて良かった。


その友達のイタリアンの店では、そこに居た別の友達にCroatiaの俺らのフェス来年おいでよ、って話し聞いてて、その彼のやってるのはSonus Festivalっていうナイスなやつだった。面白そうだな。8月かあ。。

しかし街の中、開いてるレストラン以外は本当に全く静かだ。人があんま歩いてない。
例えばこれは7月頭の写真だけど、


同じ場所が同じような時間で今はこれ。


笑っちゃうぐらい違うね。これは今もうこの時期、イビサ~!!っていう類いの普通の観光客の人は来てもちょっと面白くないかもね。ましてやこれだけ俺が言ってもいまだに「イビザ」って言ってるような種類の、この島から見て永久にawayの人達にはね。

友達はちょこちょこ歩いてる。


ここのFarmaciaはいまだに遅くまでやってる。あれここ24時間だったかなあ。ここ本当に頼りになる。


さて最後にDalt Villaを散歩しよう。









13年前に泊まったホテルの前久々に来てみた。


これきっと、それだけかは分からないけどいちおうAPPLE STORE


We speak your language. 本当なのか?




5時Underground Closingへ。入り口もう並んでなくてすぐ入れてくれた。2時くらいは道まで列が並んでたって。中はフロアーはパンパンだった。
ボスのDonがずっとだれかとB2Bやってた。FUNK Eいいなあ。あの、前からずっと分からないあの曲、かけてたなあ。なんだろうあれ、くそー!それにしてもこれまただめなB2Bだったな。日本でもみんなB2B好きだけど、ダメなB2Bほどよくないものはないね。俺はB2Bはまだ全然うまくできないね。ホントに難しいと思う。


外では


こんな映像も。


ああ、いい感じで夜が明ける。


明けた(笑)!


外は調子いいんだけどフロアーが人居過ぎて踊れずで、9時近くに出て帰って来る。昨日の昼のビーチからずっとだからちょっと休憩してからアフターDJ行った方がいいだろう。帰ってパンとかなんとか食べて、ちょっと寝る。

午後起きたらNimaらが遊びに来てた。急いでシャワー浴びてアフターへ!



Villa After。ここでの写真はない。おととい来たあの場所だ。着いたらもう車だらけで人いっぱい来てた。50人じゃきかないな。みんな踊ったりリラックスしたり好きずきにしてた。例のクラブスタジオに入ると女の子がやってて、Ricardoとかガンガンにかけててカッコよかったな。
夕方からプレイ。人増えたり減ったりしてたけど、何人も熱心にずっと聞いててくれ、すごくいいって言ってくれた。ルーマニア人そのものの人達ね。かなりDeep目な音から入って最初はルーズにdeepに、次第に踊らせたりまた落としたりと色々やってみた。2時間ちょっとのプレイだった。気分は良かったよ。後でずっと聞いてた、音完全に分かってるうちの一人に、「ルーマニア人のとは違う、でもすごくいいプレイだった。でもRPRになぜか半分共通する、踊りたかったら踊ってもいいし聞いててもいいし、っていう音だった」って言われた。
まあまずまずだったみたいだな。彼ら音分かっててすごくシビアだからよかった。周りの友達にはすごく褒められたのはまあ素直に良かった。
終わってリビングでchillしながらみんなと色んな話しして楽しかったな。

そして夜そのまま、最後の力を振り絞ってとあるレストランで仲間が昼間からやってたアフターへ。まだ人いっぱい居て盛り上がってた。スペイン人たくさんだった。Very Special GuestはGuy Gerberだった。いい感じだったよ。最後の最後に彼にも会えて良かった。日本でのGIGの時、去年今年と2年続けて俺彼の前後にプレイさせてもらってたから。


最後会った人みんなにお別れできて良かった。俺にとってはほとんどの人がもうこの場でが今年の最後の顔合わせになるだろう。今日のこのパーティーは本当にローカルなもの。疲れてたけど行って良かったな。




パーティーが終わってSan Jordiのバイキングお腹いっぱい食べてきた。やっぱあそこ最高だ!プラス隣の店でスパゲティーもtake away!
ところが、家帰ると、pasta作ってあるから食べなよ!って言ってくれ、もう一人は手を引っ張って冷蔵庫のあるとこまで案内してくれた。食べて来たとも買って来たとも言えず(笑)、買って来たのは部屋の中に隠して(笑)、ややお腹いっぱいではあったがお風呂入ってスッキリしてから食べた。すごく美味しかったよ!今日前半全然食べなかったけど後半だいぶ食盛り返したなあ。
それにしても犬達のなつきようがすごい。甘えようが。別れるの本当に寂しいな。
寝る前に今日の選曲、記録見直して聴いたがまあ悪くはないかな。こんなもんだろう。




翌日。昼過ぎ起きる。大丈夫だ。ストレッチ充分して、買っておいたスパゲティーも見つからないようにこっそり食べた(笑)。
Next Waveのボスが今夜のバースデーディナーに招待してくれた。ホントに近い友人達だけを招いてのイビサ一番のbarbacore restaurantでのdinnerだ。ここすっごく行きたかった店だし!

出かける前に、家の裏のあそこ行った事ある?って言って、ルームメイトが案内してくれた。一番俺の面倒見てくれた一人のEliだ。家の裏を結構な山登り。イビサタウンからその先にはformenteraまで見渡せた。気持ち良い。あと1週間居ればイビサのもっと全部見せてあげられるのに、と言ってくれた。知らなかった部分も徐々にいっぱい知っていって楽しい。パーティーも楽しいけど、こういうのが本当に楽しいよ。まだまだこの島の事を少ししか知らない。だから毎年毎年であっても行きたいしもっともっと深く知っていきたいんだ。だってここ本当に面白いし素敵な場所だから。

生命の樹


俺らがどこかに行こうとするとみんな付いて来ようとする。


集合写真。みんな家族。右から Zipi, Zubo, Zaza, Prisi, Ash


結構登ると。。


遠くまで見渡せた。前方にあるのはイビサタウン、そしてその後ろにかすんで見えるのがformentera。


麓の近くの街。ここ最高。


Eliは今年Enter.の2FのChill Spaceみたくなってるところを一人でずっとDJしてた。彼のENTERのライブレコーディング聴いてみた方がいいよ。ヤバ過ぎるから。そんな彼が夜リビングでそこでの選曲兼ねて部屋に最適な音流してくれてたりする。そんな家にこの夏は住んでたよ。




街にも少しだけ寄る。Eliのよく行くペルーの人がやってるsouvenir shopへ。いい感じだった。よく見たらいい物いっぱいあって、お土産もここで買えた!自分にも!


行く途中に別の友達拾ってったが、彼のstayしてる人の家、もう有り得ないぐらいお洒落だった。そういうの写真とかはホント無理だから絵では伝えられないのが本当に残念。



バースデーdinner。ここの肉レストラン、毎年イビサに来てる友達も毎年行こうとするんだけど全く予約が取れないって言ってたとこだ。
すごくいいdinnerだった。40人ほど。俺と同じく今週の水,木で帰る人が何人も居た。このbig dinnerで色んな人にお別れもできたしホントよかったな。


肉はこれがspecialだからとみんなに言われたLamb Chopを冒険。これがほんとに美味しかった。臭みもないし、柔らかくて。chicken, beefもshareして食べたがどれも美味しかった!


¡Salud! 乾杯!


Feliz cumpleaños!! happy birthday!!


今年常に一番俺の身近にあったのがNext Wave。他のどこのパーティーの音よりここの音がしっくりくるし、一番まっとうにアンダーグラウンドをやってくれていると思う。イビサで色んなパーティーが、色んなDJがどんどんコマーシャルで派手な存在に特にここ2,3年なっていってる。前すごく自分にfitしてたものもちょっと厳しいなと感じるものも出て来た。そんな中、そういったメジャー感バリバリなものに比べると決して支持する人の数は多くはないけれど、間違いなく玄人の心を掴むものがそこにはなおあり続けていてくれている。だから俺は好きなのだ。あの世界観、いいなと心から分かる人が変に急速にでなく(これ大事)少しずつ増えていってくれたらなと思う次第だ。



子供連れやカップルなど少しずつ帰って行って、最後まで残った15人ぐらいで家でアフター。これがまた最高に楽しかった。最高に決まってる。厳選のメンバーで、でも本当に気楽だった。そこで家で聞く音楽の聞き方もまた独特でイカしてたなあ。
結構遊んじゃって結局朝方4時半頃引き上げる。
帰って眠かったが頑張って明日の選曲をする。
そう、明日フライト前日、最終日に入ったのはIbiza Global Radio。去年に続き出演が決定した。明日はバッチリ決めないと!




翌日。昼に目覚ましで起きたらちょうどリビングで爆音で音楽聞いてて起きれた。どうやらあちらも明日から始まるヨーロッパツアーの選曲チェックしてるようだった。おかげで聞いた事のないハッとするような曲、たくさん聞けた。
今晩俺もラジオで居ないから、最後のランチ、ちょっとDinnerに近い感じのボリュームで作ってくれたの一緒に食べる。色んな事があったなあ。胸が詰まる。


いよいよ明日でここともお別れだ。本当に自分の家のような気分になってたもんなあ。悲しい。




さて、Ibiza Global Radio。移転して新しくなっていて、中のセキュリティーもしっかりしていてきれいだった。TVも含めた幾つかの放送局がシェアーして一緒のビルに入っているようだ。


放送スタジオも前のスタジオよりもスペースがよくきれいだったな。
David Moreno


プレイはバッチリだった。選曲の感じもバッチリ。David Morenoもかけている音楽全ていい!と褒めに来てくれてた。いいかあんまかは自分で分かる。出来は実際かなり良かったと思う。最初から最後まで居た、遊びに来ていたDavidの知り合いのカップルの反応見ててもあれはバッチリだったろう。
トークも含めて今日のミッションはバッチリ!トークもよかったね~。2回目だからだいぶ落ち着きが出たぞ。


俺の後のプログラムのToni Moreno。Davidの弟だが彼はかなりいい。




さて~ラジオも無事に終わり、最後の1週間での3回のDJ、どれもまずまず良かったな。特に最後のラジオはバッチリ締めれて良かった。こうやって一歩一歩確実にやっていこう。自分のやり方で。
急いで家に帰ってお互いの曲のexchangeしたりと、最後の夜を過ごす。ちょうど明日からヨーロッパツアーで結構長くこの家を空けるようで、ここの家でもその支度でバタバタしていた。

最後に俺が生活していた部屋の様子を少し。



来た時俺の入る部屋にこれ貼っててくれた。すでに懐かしいな。


分かる人だけ分かればいい。壁にはあの人達の絵。本人達が直接描いたんだろうな。ここの家はまあそう言う家って事だ。





翌朝。朝9時前にスッと目が覚める。まだもちろん眠いし疲れと寝不足が溜まっている感じはするが大丈夫だ。


この家ともいよいよお別れだ。みんなにもちゃんと最後のお別れができた。
俺の流儀として、海外でホントにお世話になった人とかとても大事な人には5円玉を渡すようにしている。"ごえん"には意味が2つある。5円と言う意味と、もう一つは「ご縁」という意味だよ。relationship。日本ではお正月にみんな神社に行ってお賽銭を上げるんだ。その時に一番使いなさいとされているのがこの5円玉。それは神様とのご縁がありますように、と言う意味を込めて。そしてそれは神様との縁だけでなくて、人と人との縁。そう言った意味を込めてあなたに送るんだよ、と。
そしてもう一つのこの5円の持つ意味は、この真ん中の丸い穴。この穴を通して見て。ほら、こうやってキミの明るい未来が見えるんだよ、と。
この2つの説明をちゃんとして渡す。こっちも本気で心からそう思ってるけど、相手はその意図聞いてそれは本当に喜んでくれる。
そういった事を通して、5円がここにあってもなくてもお互いの間の人間同士の関係/縁が、海外通しだからそんなみんな簡単に会えないけど、離れててもいつまでも強く結ばれたものでいようね、と言う気持ちを互いによりしっかり確認できるといつも感じている。
最後バタバタで渡しそびれたりしないで良かったなと一安心した。

最後犬達ともゆっくり遊ぶ。もういよいよ最後なんだなと思うと寂しい。今回こいつらともすごく仲良くなったなあ。ものすごくなついてくれた。こんなになついていて、俺が急に居なくなっちゃって大丈夫なんだろうかと心配になるよ。なんか俺が居なくなるのを空気で察知しているかのような密着ぶりだったよ。



さあ、いよいよお別れだ。今回本当にお世話になりました。本当に楽しかった。ありがとう!さようならではなく、また来年必ず会おう!遅くとも夏に!
いいかい、俺になんでイビサばっかり行くの?もっと他のとこ行けばいいじゃんって言った人。これだからイビサはやめられないんだよ!



近所のsheep達もさようなら!


素敵な時間を過ごした最高のこの街も、さようなら!


最後に!バシーリの家に寄るよ!


ちょびっとリラックスして


最後に見たい景色のとこに一緒に行って。一人想いに耽るラーハ。


来年は実はここの家に住みたいと思ってる。それか来年は思いっきりcenterの近くに住んでみようかな。また違う生活もしたいしね。



空港へ。無事車も返し、チェックイン。空港も人少なくて静かだ。


Madrid経由でParisへ。Charles De Gaulle、ちょっと好きだ。


いよいよ。


もうここになってくると日本行きの便は日本人だらけ。いつもの事だが。まだ旅中なのにすでにもう現実に引き戻される感じがずっとちょっと嫌だったんだけど、最近はむしろこれの方がいいのかなとちょっと思う。あっちでのあの生活から成田降りたらいきなり日本人だけのこの日本の真ん中に急に放り込まれたらちょっといきなり過ぎて対応が大変かもしれない。だからロングフライトの機内でリハビリ。うん、そんな感じだなあ。



さて、帰って来ました。なんかさっそくお祭りとかやってるし。秋祭りの季節なんだね、もう。割と寒いな。昨日一昨日が10年に一度の台風だったらしく、1日ずれててよかった。台風過ぎた後で涼しいのもある。


そして夜に着いたその数時間後にSecoでのTechnique Customer Centerと言うパーティーでDJ。このスピード感は悪くない感じだ。さあまたここ日本での生活が始まる。いつもの事ながら、あっちで得たいい感覚をバランス良くこの地で生かしていければなという感じだ。特に今回の旅は特別なものだった。これをさらに生かすかどうかはこれからのここでの生活次第。今回新たに得た事を実践していこう!まず目の前にあるパーティーとか、やる事をしっかり片付けていかなきゃな。頑張ろう!!
すぐさま来週は『Legato Halloween』

Legato Halloween


そして翌週は勝負パーティー、『Beat In Me feat. Petre Inspirescu』だ!







ーーーーーーーーーー★★★ 告知 ★★★ーーーーーーーーーー

◆1) 2/10 (月/祭日前)

『Tokyo Loves.....MARC ANTONA』@WOMB

他の出演者等は追ってお知らせします。今から是非予定しておいて下さいね!



◆2) 3/15 (土)

『Beat In Me』@AIR with Very Spaecial Guest





◆先週1週間で、ヨーロッパのRADIO, Label Podcastでなんと3つのプログラムで僕のDJ mixが放送/公開されました。どのプログラムも尊敬出来るアーティスト達が運営する本当に内容のしっかりとしたもの。ヨーロッパのアーティスト/クラウド達に自分のやっている音楽性がきちんと評価してもらえる事は僕にとってこの上なく嬉しい事。3つのmixは全て違うものです。以下のリンクにアップされているのでよかったら聴いてみて下さいね。

■1) 『Pink City Beats (PCB) WEB RADIO (Spain/France)』 Dec19th 放送済み every 3rd Thursday 23pm (GMT+1)
『RAHA - December 2013 DJset』 ーーー★★★NEW★★★ーーー


■2) 『Coloursmusic.org podcast #11 - RAHA』


■3) 『DANI CASARANO present Connect From @ Ibiza Global Radio』 Dec19th 放送済み
ー 『connect from episode 14 raha / 2013.11.05 RAHA Live @DOMMUNE,Tokyo』 ー
アーカイブ




1)のColoursmusicはSloveniaの優良アンダーグラウンドLabelで、Faster, Vinyl Speed Adjust などと言った自分が日頃から普通にTrackを買ってかけているようなアーティスト達に交じってPodcastを提供しました。
2)のDani CasaranoはCadenza, 自身のMelismaなどのLabelから数多くのキラートラックを持つトップアーティスト。この日は彼の番組内で僕のmixが1時間流れました。先日11/5にPetre Inspirescuと一緒に出演させて頂いたDOMMUNEでのLive Recordingを提供しています。アーカイブが残っています。
3)のPCB RADIOは僕が現地イビサの毎月第3木曜日23時(日本時間金曜朝7時)からマンスリーレジデントを務めているお馴染みのWEB RADIOです。こちらは12月の最新Mixを流しました。

PREV
Dachambo CD HATAのMachine de Music 
コラムVol.38 
リニューアルのご挨拶と先日行なわれた「Ableton Meetup Tokyo」の様子
Dachambo CD HATAのMachine de Music
コラムVol.38
リニューアルのご挨拶と先日行なわれた「Ableton Meetup Tokyo」の様子