BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.69:Less party more beach


6/20 (月)

さあ、Barcelonaでのハードな1週間を終え、この日からいよいよイビサへ移動。今回で16回目のイビサだ。

今回のテーマは最初から決まっていた。

『Less party more beach』

そう、今回のイビサはパーティーをより少なくしてゆっくりする。そしてビーチをいっぱいに! クロージングだったら仕方ないけど今はそうではないので、パーティーに追われて疲弊する日々ではなく、心も体もリラックスして解放する日々を過ごそう!と言う事だ。
パーティーは行きたいのを週に2回あればもういいや、という心境に今回はあった。大人になったものだ。

そして、クロージングの時期のイビサとこの6月からのイビサはやはり全く違う。完全に夏なのだ。ここ数年は、秋のイビサもすごく好きだと強く感じるようになったものの、やはりこの真夏の時に、ここに限らず "島" という場所に1ヶ月以上住めるのは、この自分にとっては何にも勝る楽園以外のなにものでもない。島と言うのは、他と隔離されていてやはり特別な隔離感があっていい。今回この間はベルリンにもルーマニアにも行かない。いや行きたくない。よほどの事がない限りここから動かないと決めていた。
DJも1回2回はする事になるではあろうとは思っていたが、むしろあってもなくてもそれはあまり重要には感じなかった。最初に言っておくと、今回は前回4, 5月の際のようなDJの奮闘振りはさほどない。今回の旅は最初から完全にリラックス。行く前から自分的に最近の中でも特にものすごく楽しい気持ちがしていた。


さあ、Barcelonaから1時間のフライトでイビサ到着!軽く寝てすぐ着く。早い。
天気は晴れ時々曇り。暑かった。
空港出たとこのこの風景が好き。何度来ても、ああまた来たなあ、という気分にさせてくれる。


毎年飛行機降りてすぐ空港パーキングで借りているレンタカーが、今年から受け取りの場所が少し変わっていたがすぐ分かった。この日は10年近くずっといつも同じだった仲良しの顔馴染みのおばちゃんじゃなくて少し寂しかった。空港パーキングでのおばちゃんとの笑顔のハグから毎回スタートしているから。

と、いきなり仲良しのユキちゃんとバッタリ。彼はもう今月の頭から来てた。なんか友達との用事で空港に来てて、ちょうど今から行くとこに彼も帰るので一緒にGO! いいスタートだ。


今回の愛車。thank you thank you. 素晴らしい番号だ。車種は毎回同じ、日産MICRAだ。



2人連れ立って友達の家へ。毎回このイビサ編を見てもらえれば分かるが、いつもここからスタートする事になっている。
着いてしばらくすると家主の友達も帰って来た。ご飯作ってくれて食べた。スープと野菜とペルーの豆とケーキ。健康的だ。


ここでは猫も非常にリラックス。



今回はCenterからはちょっと離れたところに部屋を借りた。いつも借りてる部屋じゃなくて今回は初めての家と場所に住みたかったし。
と言っても、夜中だったらイビサタウンから7分ぐらい。実にちょうどいい地点だった。去年7月に泊めてもらった友達の家から偶然にもわずか1分のナイスロケーションだった。
遅くなったけど夕方5時半着く。場所すぐ分かった。
すごくいい感じのヴィラだ。オーナーもお洒落でスーパーナイスルッキングな若い女の子。6ヶ月ここに住んで冬はアムスだって。調子良さそうだな。彼女も上階に住んでいて、同居はやはり半分ローカルのここの彼女との共同オーナーの男性だって。
俺はこのヴィラに一部屋、そしてプライベートのバスルームが。写真の右下が俺の部屋だ。非常にいい感じ。このヴィラも、最初見た時から家自体から発せられている気が非常にいい。この日から1ヶ月ちょっと、俺を含めたこの3人での生活が始まった。



部屋の整理かなり時間かかった。夕方になると少し肌寒いな。やっと終わり洗濯する。
食べに行こうと思ってたTeppanyakiが閉まるの危ないから寝ないで先に食べに出る。行く前にスーパーで山ほど買い物。
beefをしっかりと食べ、fried riceとspring roll持ち帰り。パーフェクトだ。
帰ってシャワー浴び、1時に1時間だけ寝る。


2時半起きる。辛いが何とか大丈夫。しっかりストレッチして何とか。3時半出る。
Cocoon - Ricardo, Sonjaへ。

今回は「Less party」を掲げてたが、今日のだけは違う。毎年、Sonarが終わった直後の月曜日、このCocoonではRicardoがそのまま来てビッグパーティーとなる。これは毎年の決まり事だ。去年はこの日はRicardo, Zip, Sonja。バッチリだったようだ。そしてその後のアフターも。一方その時俺はこっちに来るのを考えに考えた末止めてBerlinへ。前回のここで書いたように、それはそれで良い決断ではあったんだけど、今年はもう確実にイビサに直行してこのパーティーからスタート、と決めていた。このパーティーが、まだ疲れの全く抜けていないSonar明けの月曜日にイビサに移動する一番の理由になっていた。

入ってすぐ友達に会う。そしたら何と、、、Ricardoキャンセルだって。。。マジか。。

中、見たとこやはり難しかったなこの日は。主要な仲間もやっぱりほぼ誰も来てない。みんな知ってたんだな。あぁ、情報しっかり集めて動くべきだった。人は入っていた。それはそうだ。何故だか知らないが、彼らはこの日のRicardoのキャンセレーションをパーティーのFacebookページとかでしっかりと発表する事をしていなかったから。それについては多くの不満が上がっていた。
フロアーでは、Sonjaももう終わってしまってて、Ricardoの代わりになんとSvenが回してた。が、Svenこの日のプレイは正直今まで幾度となく聞いてきた中で一番悪かったな。。やっぱりメンタルはプレイに確実に左右するものなのだろうかと感じた日だった。が、たくさんの人は踊っていて、盛り上がってはいてそれはよかった。


後から聞いたら、マヨルカだかどこだかに居たRicardoの飛行機がストライキで欠航になってしまい、イビサに来る事ができなくなってしまったんだって。Ibizaに居たRicardoのマネージャーがSonarのRicardoのプレイ時にまさかの来れてなかったのもまさに同じ理由。飛ばなかったのだ。こんなのホント主催者にしてみればたまらないよなあ。今年は飛行機欠航するのがあまりにも多過ぎる。

5時過ぎには家に帰って来ていた。本当に残念。このパーティーのために疲れを押してバルセロナからこの日着いたのに。
まあ仕方ない。でもものすごく疲れていたのもあってなのか分からないが、実はそれほど悔しくなく、わりとすぐに切り替えられた。
夜になると寒いなあ。6月後半のイビサ、夜例年こんなに寒かったか?

この日は深く寝た。12時間寝続け、夜一度起きてご飯食べネットして、再び眠りに落ちる。




昼12時過ぎ起きる。体調はまあまあ。ご飯食べ、もう1人の同居のオーナー男性に会う。いい人でよかった。
シャワー浴びて、ビーチへ。今年初だから王道でCala Contaへ行きかけるが、なぜだか気が変わり途中で変更。Venirrasへ。

雲一つない快晴。素晴らしい。3時半ビーチ着。水曜だがベッドがいっぱいだった。ゆっくり焼く。最初に海に入った。水が少しまだ冷たい。寝たり起きたり。う~ん、戻って来たなあ。


8時に上がり、ビーチのレストランでbeef食べる。最初別に行きたいレストランあったが、今日は海とそこに落ちて行く夕陽見ながらのこれが正解だった。


食べ終わったらちょうどsunsetの時間。21:24。いいsunsetだった。



帰ってきれいになって40分だけ寝て1時出る。 Undergroundへ。今年初だ。今日はArmaのMelikの新パーティーのオープニング。


1時半に着いてまだ人全然少なかったので心配したが後からいっぱい来て超いい感じの日になった。
Nima Gorji回してた。春のSunwavesでもSonarでも会っていなくてこの日今年初めて会う仲間達も大勢居て、その全ての再会を超喜び合った。中でもここのボスとの再会は特別だ。今年もまたやろうって言ってくれた。嬉しい。
明らかに家に帰って来た感じだ。最初どうも去年までと比べ感動が少ない気がしたが、徐々に馴染んでくるとやはり最高に居心地がいい。


この日のメインのBaracともゆっくりと色んな話しができていい時間だった。
後半だいぶ楽しかった。Baracのプレイマジやばかった。あれはAmazing。ここでのプレイ、去年のよりも今回の方がいいと感じた。


6時終了。アフター家に一緒に来なよ、ってロシアクルーが誘ってくれて途中まで一緒に行ったが、俺の運転の横に乗ってる彼自体が既に寝そうな様子だしやはり俺も帰る事に。朝食はFigueretasのMacでチーズバーガーをtake away。うーん、なんてヘルシーさだw




夕方起きてバナナ食べながらリビングで家の人達とお喋り。少しずつ慣れて来た。
日本ではこの日から風営法施行。これから日本のクラブシーンがどうなるのだろうか。日本と少し電話ミーティング。
ちょっと用事のついでに、道出てすぐのとこのcafe寄ってみた。ミニマーケットもあり、食事はTapasのみ。menuなど置いてない。おばちゃん「ブエナ~ス」と超いい笑顔で迎えてくれた。ものすごくいい。

帰ったらご飯作ってくれた。3人で外のテラスで食べる。ソーセージ、ハムと野菜。美味しかった!洗い物する。ご飯作る事は絶対にしないが、食後の洗い物は得意だ。


この夜はUGで今年初のRhadooへ。Rhadooはもちろんだが、馴染みの顔と再会できてよかった。
今日RhadooがE&Sミキサー使ってた。彼は2コ持ってて今日ここでは初めて使ってるって。俺はまだやはり疲れが完璧に取れてないのを痛感したな。まずこの疲れ抜かなきゃだ。

そして、ぼんやりとは聞いていたけどまだ完全には理解出来てなくて、でも住んでる友達からハッキリと確認したこの日のショッキングなニュースとして、つい3日前ここイビサでtINIの人気ビーチパーティーが、去年に続いて警察にshut downをくらって、その日だけでなくこの夏一切やる事を禁じられてしまったニュースが駆け巡ったばかりだったが、彼によるとそれはこのtINIに限った事ではなくて、今年は全てのフリービーチパーティーが禁止になったとの事らしかった。これは俺が一回好きだったイビサをもう嫌になった2007年の状況に似てる。道での警察の検問も今年すごく多いし。あの2007年の時は、この年からGovermentが変わって、その政府は選挙の公約として「イビサのアフターアワーズをなくさせる」というのを掲げていて当選しちゃってた。そして本当にそうなった。それまではイビサでは24時間一日中パーティーやってたのに。それで警察のcontrolの態度とかも人権無視の感じでもう最悪で、もうこの感じはイビサではない、と思い、翌2年来るのを止めていた時があった。
だから今年Sonarでのパーティーも昼の会場が変わってしまっていたのだね。考えれば同じスペインだからね。

http://www.dancingastronaut.com/2016/06/tini-beach-parties-ibiza-banned/

ああ、またか、と言う感じだ。ここ10年波はあるけどこれの繰り返しできている。ただその2007年とは明確に違う点があって、おそらく前の時のようにしばらくイビサに来るの止めようか、という事には自分はならないのかなあとぼんやりと思った。前ほどはパーティー、そんなクレイジーに出なくても全然いいし。普通にクラブ以外でゆっくりして遊ぶ友達今はいっぱい居るし。何より特に今年はそもそも最初から「Less party more beach」掲げてきてるから、パーティーそんななくてもまあいいし。でもまあフリービーチパーティーのあの雰囲気はすごく楽しいからそれが全くないと言うのはたしかに痛いけど。俺にとってパーティーは、ここでの水曜、木曜があって、あともう一つぐらいあればもう充分だし。

ともあれ今年のイビサは色んな意味でまた過渡期に来てるなあ、と言うのは強く感じた。

タイミングで、外で一緒に話してた仲間の家に素敵なメンバーで一緒に行く。ゆっくりできてよかった。みんなよくしてくれていつも本当にありがたい。
そう、3週間後にこの友達オーガナイズでUGでCabaretのパーティーやるって。これは楽しみだ :)

朝8時、みんなと一緒に出る。夜は寒いけど日が昇ってから急に暑くなる。差がすごい。
家に帰って来て、スタンドで買って来たサンドウィッチ食べる。夜みんなで食べた後の洗い物が手付かずになってたからきれいにしようと思って洗ってたらお皿割っちゃった。




翌日は夕方からCala Molinosへ。5時半着。少し遅いが大丈夫。緩く焼く。ここは好きな場所の一つだ。あんなPortの近くなのに人も少なくいい感じ。8時まで居て、寝てた場所が日が陰ったので上がる。


車停めてIbiza Townへ。街の中ちょうどいい時間にゆっくり歩くの久しぶりだ。やはりこういう時間はこういう時間でいい。



やっぱPortの中いいな。最近行ってなかった久々のとこでご飯食べようと思ってたけど並んでるから止めた。
いつも行くお寿司に顔だけ出しに行ったら、ちょうど席空いてたからよしっと思って食べる。


特に今日はエビが美味しかった。


炙りトロも追加。美味しい。


食べ終わって、マスターに今日はエビが特に美味しかったと言ったら、えーこの人分かるんだ、という顔で、今日のこのエビは特別なんですよ、と聞いて納得。我ながら少し鼻が高かったw

友達のBarに少し居たら、なんとなくさっき電話しといたチナミから折り返しが入っていて、うどん作ってるらしくて速攻家に行く。すぐ近くですごくいいマンションになってた。あれはだいぶいい感じだ。
ご飯美味しかった。誕生日の女の子達は帰ってしまっていてDJとかの男チームが数人居た。
あのご飯は正直かなりのレベルだ。そこらの店で出る料理なんかよりもはるかに美味しい。


彼女は今年の8月に、ついに自分の店をIbiza Townにオープンした。すごいよ! 場所はIbiza PortのOld Marketで Croissant - Showって有名なお店の目の前。俺お店がオープンする前にイビサ出ちゃったから、これ書いてる今の時点ではまだ行った事ないんだけど、どうやら名前は無くて、「Chinami's Pop Up Market」みたいな感じなんだって! 彼女の日本料理はイビサで日本料理って言ってやってる店が出してるそこらの店よりも断然美味い!ホントに。もしイビサにみんな行く事があったら、是非一度は食べてみて下さい。場所もすぐ分かると思うし、きっと全然高くないし、これを上回る和食系のチョイスはあのくらいの価格帯ではイビサでは絶対に存在しないって断言するから! イビサで働く日本人をサポートし合おう!

帰りは、何年かぶりで通る道を走って行った。楽しい。今回は普段通らないような道をなるべく行こう。
なんか今日4時間弱しか寝てないけどなんか目が覚めてから昨日までの疲れが抜けてる。昨日まではホント疲れ溜まりまくってた感じだったからな。やっぱある程度時間が経たないとダメだな、こういうのは。何はともあれよかった。これでやっと普通に生活が始められる。




翌日。まだ眠いけど午後2時目覚ましで起きた。天気もいいし軽めにビーチ行きたい。
今日はTalamancaへ。このビーチにちゃんと来たの何年振りだろう。さすがにここは友達に会うな。まあ近所からほんとに軽く来る分にはいいのかもだな。最初は弱めだが晴れてはいたが、徐々に曇りに。寒くなってしまった。6時半止めて上がる。風邪気を付けないと。


早く上がったので付近を探索。Marina Votafoch入ってOcean Driveから出てくる。この辺当然まあ悪くはないなあ。あまりにもいかにも過ぎるけども。まだこの辺り住んだ事ないからそのうち泊まろう。また全く違う生活がありそうだ。


そして車で昔友達が家を借りていたところのてっぺんまで行く。頂上まで行ってみた。ここまでは初めて来たな。全て見渡せるいい場所だ。Talamancaに住むのも住んでみたらいい感じかもだな。


そのまま久々のレストランへ行ってみる。ここも久しぶりだ。


いい席空いてて、Seabass黒むつ食べる。美味しい!完璧にきれいに食べたら女の子の店員超感激してた。みんなちゃんと食べれないのかな?すごくいいdinnerだったな。値段も手頃だった。





友達の家にちょっと寄ってフルーツ食べて帰る。すごくいい日だったな。つまんないパーティー行くのより100倍楽しかった。

家に帰るとちょっとした事件が。お湯が出ない!!なぜだ?
オーナーにメッセージ。どうやらお湯は彼女が居る時から出なくなってたようだ。明日は大丈夫と言うが。。。




翌日は日曜日。どうやら昨日から家全部でお湯が出なくなってしまってるようだ。みんなも困ってる。
お湯はどうやらエンジニアが朝来たけど誰も出なくて帰っちゃったらしい。隣の家の人に聞いたら、今日は日曜だからもう明日になるって。う~ん。

夕方からずっとclubberia手付ける。今回来るまでに最後に書き残してた春の最終編・モスクワ編だ。写真整理からテキスト。
家の人達が電話でかい声でずっと喋っててマジでうるさい。集中だ。
ずっとやる。8時間経ちなんとかBucharestが終わった時点でカップ焼きそば食べる。YATEKOMO。いんちきくさい味だった。まあまあ。

途中3時間ほど中断しながらも書き続け、ようやく昼11時半、14時間かかってなんとかひとまず書き終える。今日はここまで。さらに後日時間を作って作って添削作業だ! 頑張った!

今日は友達から入る事になってたdinnerの誘いが結局なくなって逆によかった。今日これここまでできたのはホント大きいと思う。時間のある時にやっつけていかないと、ここではいつ時間があるかなんてホントあてにならないのだから。
バナナとか細かいもの食べて昼1時ようやく寝る。




夕方起きる。まだ寝足りないが起きたら大丈夫。水道屋が来てお湯が復活したと言うが、出してみたらダメ。どうやら元のエレクトロを交換して、最初空になっていたところにお湯をやっと精製したのだが、彼ら2人がそのできたお湯全て使ってしまって今また作ってる状態っぽい。とにかく数時間待つ事に。
2時間ぐらいしてからシャワー恐る恐るお湯を節約しながら浴びる。大丈夫なようだ。よかった。そう言えば2013年にValentino Kanzyaniのヴィラにホームステイした時に、あそこの家でもシャワーお湯が出なくなった!ってなった事あったっけな。懐かしいな、あの時。あの家での1ヶ月半の生活、本当に楽しかった。みんな家族同然だったな。またあのメンバーみんなで1コの家に住めたら楽しいのになあ。人生ってホント一期一会って言葉があるなあ、といつも思う。あの素晴らしかった瞬間瞬間は、もう二度と戻らないのだ。

12時過ぎに、今年初めてのDC10へ。入口でDyedに会った。彼はいつも気持ちがいい。本当に素晴らしいと思う。昔彼らの家でのアフターに、オオツキに連れっててもらったの懐かしいな。
中まだ空いてた。この少し後にどっと混んだけど。バックステージ、改装してた。居心地良くなってた。
ブースのとこ、DJブースだけになってそこから中には行けなくなってた。その点は前の方がいくら混雑しようが好きだったな。


VIPのみんな基本的に横のドアからフロアー出入りするようになった。


Hitoちゃん会う。今日は彼女中でオープンやってたんだ。イビサでEnter.やってたSpace以外で会うのすごく久しぶりだ。


今日はMarco Carolaブッキングされててイタリア人ばっかだった。たしかにお洒落な人は居るんだけどつまらなかった。今日は早くに退散。




昼12時起床。ビーチに早くから行きたかったが今日は一日曇りのよう。友達が今夜身内でのdinner誘って来てくれた。
また寝る。何度も起きるがずっと寝た。
夜7時ようやく起きる。まあいいだろうと思う。春からずっと休まず来てるわけだし。今回のイビサでは遊ぶと言うよりも体を休めよう。

大好きな街へ。今年初めてだ。やっぱりものすごくいい感じだなあ。街も人も。15分早く着いたからぐるっと一周。


戻って時間ちょうど良かった。ちょうどみんなも到着。海外では、少なくとも俺の周りで接している人達は、本当に時間に正確。海外だからみんな時間ルーズでしょ、と思うかもしれないが、まあスペイン人の普通の人達はそうかもしれないけど、俺の付き合う人達は全員本当に時間を守る。これは人同士の付き合いでの当たり前の基本という感じなんだろうなあ。

いいdinnerだった。お店もすごくよかった。バイオリンの生演奏あった。


starterにyakitori入りのズッキーニ、mainにみんなと同じrisotto。味はやはり美味しいけど俺の舌のfitにはまあまあ。


みんなとのすごくいい時間だった。あ、俺の右側に移ってる2人、これはBerlinの人気レーベルSeekersを主催している2人。なんでも11月に日本に初来日が決まったとの事なので、みんな是非遊びに行ってみて下さいね。東京と静岡でやるみたいだよ。海外でのSeekersのパーティー、ここでも何度か書いているけど(前回のSonar編でも)、毎回すごくいいパーティーだからお勧めだよ!





今日も天気ずっと曇り。午後1時半起きる。
でも、iPhoneの天気予報に出てたように、4時ホントにちょうど晴れた。今日も軽めだからMolinosへ。4時半着き、バッチリ。人もすごく少なくてリラックスできた。


1時半UGへ。今日はPriku、Francesco Del Gardaらのお仲間。着いたらまだそんな人居なくて大丈夫だった。Prikuやってた。後半特に曲に表情付けていいプレイだったな。


MidiのMihighもこの日ですごく仲良くなった。それにしてもルーマニアン同士が話してるの聞いてるの、話しは分からないけど興味深くて面白いな。

3時半からFrancesco。あの中、自分の世界観のまま出してフロアー作っててさすがだった。音楽はperfectだったな。


マネージャーが、ボスにDJしようって言われたでしょ?と言って、多分土曜日のどこかにはめてくれると言ってくれた。ここんとこさぼってるからそろそろちゃんと準備を!

6時終了。わりと早めにちゃんと解散して7時前帰宅。やっぱ今居るこの辺いいや。今これからいつも泊まってるFigueretasに帰って寝ると思うと今や辛い。この辺のstayが本当にperfectな気がする。9、10月もここでいいかもと思う。トータルで考えて、多分これ以上の快適な環境はあまりないと思う。

友達の飼ってる犬が、昨夜9時から行方不明になってしまっていると!! 俺もネットにshareしたが、でも数時間後に見つかったようでよかった!




寝たり起きたりそしてまた寝たりと、なんだかよく分からない感じが続き、Prikuとレコ屋行くのも諦め、夜になり起きる。二度寝したのがよかった。完全じゃ全然ないがだいぶ違う。
ご飯すごく簡単に済ませ、まずRhadooのUGへ。1時着。
と思ったが最後に冷蔵庫のジュース飲んで戻す時に、はしょって手前の物出さないで入れようとしたら、なんと開けておいておいたシーチキンの缶詰こぼしちゃった。油がたれる。下の段の物にかかってオイルになってしまってそこから修復作業がものすごく大変だった。ここで教訓を再確認。ここには書かないけど昨日も同じような教訓の事があった。

物事をはしょってはいけない。必ず思わぬ大きなしっぺ返しが来ると思った方がいい。急いでいる時は尚更。これは本当に戒めにしろ。

これ、俺にはビックリするほど本当に当てはまる。普段から気を付けよう。


1時着のはずが、1時出る。予定より遅くなったが仕方がない。この小さなシーチキン事件を、これを体験した事で上に書いたように気を付ける事によって以後大きな事故を未然に防いだのだと思おう。
2月にLiquidに呼んだVJのSilviuが彼女と来ていた!ものすごく喜び合う。嬉しい。

そしてちょっとして抜け出して2時からSankeysへ。今日はAlexandra, Vera, Nicolas, Nima。特にAleとVera入ってるから顔は出さないとだ。リストもあったけど、ドアでもう俺の事知ってるみたいなセキュリティーが通してくれた。リストいちいち見られなくていいのはめんどくさくなくて気分もいい。後ろからすぐに友達が入って来て、一緒にブースへ。ナイスタイミングだ。

Alexandra、そしてVera。しかし今日の店のバイブスは正直今イチだったな。やっぱ当然だけどPlaya den Bossaダメだ。途中もうRhadooのとこにすぐ戻ろうとしたが、周りに引き止められ結局出れず。ブースの中にずっと居させてもらったがグッタリしたな。


Vera終わりまで居てみんなで移動の予定だったが続いてNicolas始まりみんなすぐに動かないので一足先に戻る。
UG戻り、今度は去年仲良くなった[a:rpia:r]のDemosと彼女に会った。5月ブカレストZen+でのDJ All Night Longに来れなかったのをすごく謝ってくれてた。あと別の古くからの友達も。彼も長年勤めたSpaceを今年止めて今違う事を始めたみたい。色んなチェンジが起こってる、今年特に。この日この後はずっとRhadooのコアファミリーと一緒に居て最高に居易かった。
後からすぐにVera, Aleらも来る。それにしてもVeraは本当に一緒に居て好きだ。非常に頭もよく常識が高いから一緒に遊んでて気分が本当によくなる。

今日のRhadoo、最後の30分本当にamazingだった。終わって最後までみんなと居て一緒に出て来る。なんか悪くない日だったな。
体がガチガチ。やはり昨日はちゃんと続けて長く寝れてないのが痛い。体自体が疲れてる。
7時前帰宅しホットミルクティー飲んで、なんかリラックス。やっぱあったかい飲み物がいい。




今日からついに7月だ。よく寝たが夕方4時半目が覚めて起きてしまう。少ししてまた寝る。よく寝れて、この二度寝したのがとてもよかった。夜10時目覚まし前に目覚めて起きる。寝足りた。洗濯明日起きてからにしてご飯食べに出る。生活はもう完全にメチャクチャであるw
今年初めてのFigueretasのいつものbarbacoreへ。混んでた。いつものentorana。美味しいがやはり少し外の皮が硬いので次はVacioにしよう。焼いてるとこ見たらチキンみたいなの美味しそうなのいっぱい焼いてたから何か聞いたら、Mollejasモチェハ sweetbread。牛の心臓だって。1コ食べさせてくれた。柔らかくて思ってた臭みがなく、美味しかった。


帰って洗濯物干して体だけ洗って、整理。誰も居ない。夜1人で居れるこの時間が好きだ。部屋にあった蝋燭をともす。非常にいい感じだ。音もいつものチルを小さくかけていい感じ。すごくいい。ゆっくりできて。今夜起きてみたら疲れも抜けてスッキリしている。




昼11時半起きる。久々起きるの寝足りてなく少し辛かったが大丈夫。部屋の掃除する。ご飯食べて洗濯物取り込み、色々きちんとしてバッチリ。
2時、ビーチへ! この日からビーチ、全て今まで行った事のないビーチを探索していく事を始める。こっから本当の楽しい旅が始まった。
今日は距離的にはそこまで遠くはない、東側のビーチへ。
Googleは偉大だ。あれがなかったら一人で行くの難しい少し複雑さだった。家から20分ちょっと。遠くは全くない。

2時半過ぎからビーチ出る。小さくていい感じだった。Sa Caletaよりももう少し小さいか同じくらい。今日はすごく晴れててよく焼けた。例のごとく足の爪が2本今にも剥がれそうだが、水用バンドエイドしっかり巻いて泳いだ。気持ちいい。入江の感じはCala Conteに似てる。ただやはり予想通り日が陰るのが早く、浜は6時過ぎから陰り始め、7時には全滅。その前に岩場に移動して、8時近くまで居た。




Roca Lisaやっぱいいなあ。


いい感じのChilingitがあったから途中でアイス食べ、上がってからshrimp食べようと思ったが、思いのほか高いし混んでるしで時間もかかりそうだから止めた。

車戻ったら見たら後輪が脱線しかけてた。これ、危なかったろ。。


Roca Lisaを少し探索。やっぱこの辺ムチャクチャ感じがいいな。
ゴルフ場なんかもあるし。



帰りに気が向いてCala Llongaに寄ってご飯食べて帰る。いやあ、やっぱここは大ビーチ。整ってるわ。今日は土曜日だからか、10時から浜辺でなんか映画みたいなの大きなスクリーンで流して大勢ビーチで座って見てた。


帰りは行きと違う道で。家の逆側から出てくる道だけど、そしたら思ったよりも山道で大変。しかも夜だったから。今日のは夜でもまだ大丈夫だったけど、イビサでの山道はホント嘗めたら夜は大変な事になる。本当に。用心してムリ絶対にしないようにしよう。これはマジで。

ようやく家に帰り、1時前からclubberia先週書いたの添削する。一気に書いてたからやはりかなり修正あった。あと1回必要だな。でも4時間かけてだいぶできた。大変だわホントに。頑張れ。

そしてこの日、、、ロシアのOutlineが警察によりなんと開催中止になった。なんて事だ。。ロシアのみんな本当にかわいそうだ。飛行機乗って遊びに行ったみんなも。。今、世界的に本当に変化が起きている気がする。日本だけじゃないんだ。

買っといた中国のカップラーメン食べてみる。意外と悪くなかった。




翌日は日曜日。11時半過ぎ、目覚ましで起きる。寝たの朝の7時半だから眠い。。が、外は晴れ。予報もいい。これはすぐにビーチ行くしかない。急いでクイックな朝食食べ、午後1時前には出発。今日は目星を付けといたあそこに行ってみよう!

道は簡単だった。途中Venirrasにいつも左に曲がるとこ今日はその先へ行く。Sant Joan。ちょうど日曜でヒッピーマーケットらしきのやってて街全部が人で賑わってた。小さなでもすごく良さそうな街だ。帰りに寄るつもりでそのまま行く。

35分ぐらいで簡単に着いた。昨日のとことは大違い。有名なビーチだ。最後崖道で怖かったが、すごくいい眺めでビーチを見下ろした。これは最高。久しぶりにhitな気持ちだ。


車で下の方まで降りて停める。日曜だから、人、多過ぎず少な過ぎず。すごくいいビーチだった。ただ、海が細かい海藻だらけで澄んでいなかったのが残念。それ以外はかなりperfectだった。


Chiringuitもいい感じで、働いていた女の子すごくいい感じだった。アイス食べる。

今日は焼きに専念。昨日今日で一気に相当黒くなった。最初に選んだ浜辺が思った通りに早い時間に日が陰って来たので、ちょうど空いたタイミングで狙ってた岩場に移りバッチリ。


イビサの守り神がいっぱい居た。


7時半、陽が山に隠れ終了。ちょうど良い。

帰りSant Joanのマーケットもう終わっちゃってて超人居なかった。車停めて歩いてみる。いいお店数軒。


すごく雰囲気のあるおばあちゃん居た。その隣のベンチに腰掛けてみる。大きな木の下で、本当に穏やかな時間が過ごせた。あれは素晴らしい。あの気分は。


そして、ここでご飯を食べようと決めていて、目の前のすごくシックでお洒落な外観のお店を少し中覗いてみたら、なんと最高に素晴らしい店だった。あれは自分1人での大発見だ。鼻が本当に利いた。
中にGardenがあり、ヘルシー素材での最高のおもてなしの店。トイレから何まで手の届きようが本当に素晴らしい店だった。メニュー見たら少し高かったがここにした。ここ、最初思ってたよりも超ちゃんとした店だった。でも本当に素晴らしい発見、時間だった。中でも安めのBeef Burger食べる。新鮮ですっごく美味しかった。ポテトも最高。良かった!


大満足で店を後にし、帰途へ。帰りのガススタで水買い物。ここ24時間なんだな。あっちから来てSant Miquelに別れるとこ。さらに来て、まだ通った事のなかったshort cutの道通る。すぐにSant Llorencの街。ここが、超驚いた。ただの何でもない田舎町なんだろうとずっと思ってたが、道からして両側なんとライティング使用。普通の公道が既にお洒落。街も超イカした住宅街だった。軽いショックだったなあ。まだ知らない事が多過ぎるや。

今回、すごくいい時間が過ごせている。こういったのをもっともっと続けよう。今回、精神のリフレッシュがこういう時間によってすごくできているのを感じる。パーティーほんと少なくていいよ。週2回でオッケー。

夜だから半分山道思ってたよりもかなり時間かかった。崖っぽいのも怖い。同じような崖を運転していても、10年前とかよりももっともっと怖さを感じる。




昼12時半起きる。思いのほかいい天気だが、やはり少しだけ曇ってるか。今日どうするかまだ決めかねているが、まずはご飯食べる。
clubberiaのテキスト再添削完了。写真を揃えてアップしようとしたらネット遅過ぎでできず。これがイビサでの問題!

7時家出る。Centerに行く道沿いののvodafone行こうとしてたが、Figueretasの高速出口からもう渋滞過ぎ。centerの方ももう混み過ぎで時間なくなる。しかも一応着いて見たら人待ち過ぎ。これは早い時間に行かないと無理だ。やっぱ街中混み過ぎで嫌だ。この時間もう二度と来たくないし、この辺住むのやっぱ有り得ないな。

DC10へ。今日はTania VulcanoがTerraceのオープンで7-8:30だと思ってて、ちょっと遅くなったが7:50にin。が、Terrace行ったら音出てない。何で?と思ったら8時からだった。1時間間違えてた。まあいい。Taniaもすぐして来て、おかげで彼女のど頭から一緒に居れた。


Tania、始めてすぐ、USBがおかしいのx2とてんぱってた。が、見ると彼女の言うLinkでなくちゃんとUSBのとこのランプ付いてるし、どうやら完全な早とちり。後でみんなで超笑った。
しかしMixは彼女さすがだなあ。上手いし、DJがやっぱものすごくいい。彼女のDJはホントにいいと思う。上手い。
Terrace、客ゼロから始まって、でも9時にGarden終わり、それまで全然だったのが一気に人来た。いい感じだった。少しして客は手を総揚げの状態になってた。すごいなさすがcircolocoのレジデントだ、と思った時間だった。


DC10のTerrace、タンテがなかった。CDJのみ4台。う~ん。

9時半終わってTaniaと最近のパーティーやイビサの事話し少しして出る。今日はこの後、再びRicardoブッキングのCocoonに行く予定。今日は大丈夫かな。。

いつものASIA RestaurantでBeef steak食べ、Indonesia fried rice買って帰る。

帰ってネットやって1時過ぎ少し休む。一瞬寝れて夢見てた。英会話の夢。2時前にもう起きてストレッチして回復。やはり今日やっていなかったからちゃんとやらなきゃダメだ。


3時出てCocoonへ。今日はなんとMain Roomで初めてのRicardo。そしてSonja。何でRicardoがMain Roomなのか?分からない。イビサではMain Roomは観光客比率の格段に多いダメな方のフロアーの同義語。他のハコでも全て同じだが、ここイビサではTerraceこそ本当のメインフロアーを意味する。Ricardoがこっちでやるのは初めて見る。島のみんなも驚いていた。さて今日は一体どうなるのか?

上のVIPから入る。必然的にまず通るTerraceの音、あれはどう考えてもよくなかった。見るとSven。今日も。。どうしちゃったんだろう?

Main Room行く。昔からの上でなく、下にDJブースがあった。ブースの左横を探るとやはりそこに居場所はあって、みんながすぐ見つけて入れてくれた。本当に友達がありがたい。
最初フロアーの中行った。思ったよりも悪くなかったが、AmnesiaのこのMain Roomはとにかく音響が悪過ぎる。常連はやはり真ん中から左側に集まってる。Terraceと一緒。こっちがバックステージ側だし。

その後は、トイレ行く以外はもうほぼずっとその中に居た。一度酸欠かで急に気持ち悪くなりかけた。なんとか乗り切る。実は土日の一日中の炎天下でのビーチで体も疲れてるしなあ。6時半過ぎ終わる。

写真はこんなのしか撮ってない。もう申し訳ないが、写真という感じでもなくなっていて完全に撮りづらい。


今日はアフターは無さそうだったので、疲れてるし切り上げて帰る。
家帰って、やっぱこの静けさが本当にいいなあと思う。東京の住んでる自宅がそうだから、やっぱそれが一番居心地がいいに決まってる。


*ここで9/13時点での補足&修正を付け加えさせてもらいます。この補足を書いた今日、9月に再び来てるイビサでPedroとご飯食べてて聞いたんだけど、この上で書いたRicardoがMain Roomでやるのって、実はこの時が初めてじゃなかった。8, 9年前に一度やってるんだって。すみません。そしてその時のセットは素晴らしかったって。音響もその時はバッチリだったとの事。でも今回のは上に書いてあるのが自分にとってのそのまんまの感想です。




午後3時半起きる。Ibiza News見て、今日の早朝6時に、Amnesiaの駐車場に警察がヘリでいきなり降りて来て、脱税とかでオーナーらを逮捕したって言うすごいニュースが!家主の彼女によると、ちょっと盛ってるかもしれないけど、ヘリから100人の警官が銃を持っていきなり降りて来たって。駐車場に降下して乗り付けたってすごいな。そして何と驚く事には、その最中、中のMain RoomではRicardoの音で俺らまだガンガンに踊ってる真っ最中だったわけだからね。なんと言うかこう、スケールがすごい。まあこの日のAmnesiaはRicardoだったわけで、そんな日の朝6時に行けばたしかにキャッシャーは最もぐらいにパンパンなのはその通りかもしれないよな。しかしすごいなあスケールが。そしてなんとこの2日後にはSpaceとPrivilegeも同じ事が。今年のイビサ、ホントにすごくなってる。


夜はUGへ。今日はNimaのLabel Partyだ。入りは今イチだったな。久しぶりの友達も会えたけど、でもなんかものすごく疲れていてもう元気が全くなかった。喋るのもノーな気分だった。でも行ってよかった。5時過ぎ、ギブで帰る。

帰ってスープとか飲んだり少し食べたりして、ヘッドホンで新譜音楽聴いてたら元気出て来た。
9月、ここやっぱ止めよう。音を部屋で小さくでも自由に聴けないのはしかも長期においては命取りだ。部屋探さなくちゃ。




途中半分位から2,3度目は覚めたが寝れ、泥のように寝た。疲れがちゃんと出れた。半分は出た。このままあと3時間寝たらだいぶもっと取れるが、でも何とかなった。だいぶ回復。やっぱ睡眠の深さだ。起きてストレッチしてオッケー。
ご飯チャーハン食べてバッチリ。

今日は友達とCova Santaオープニング行く約束してた。ここは高台にある眺めのいいレストランで、時々特別なパーティーをやる場所。ローカルのみんなの話しからすると今日のはバッチリなはずだ。
去年、Heartで毎週日曜日にやってたAcid Sundaysは、去年のイビサのトップヒットのパーティーと言ってよい大ヒットだった。そのオーガナイズチームが今年はHeartを出て、このCova Santaで新たなパーティーを始めるのだ。それがこの日、水曜日のWoomoon。なんとこれから毎週やるんだって。そしてこの日はそのWoomoonのオープニングでもあるし、Cova Sanata自体のオープニングでもあった。まあ確実にものすごい早い時間からエントランスすごい事になるから、早めに行こうと言われていた。8:45に約束。

そしてその前に、仲間達が今日はバーベキューをやるから来て、と言われていて、俺もちょうどインターネットの早いとこで音データのアップロードしなくちゃいけない用事があったから、そこでやらせてもらおうと思ってた。でも時間がないから、Dinner一緒にできる時間は全くなくなっちゃった。
久しぶりに行く家。そしてもう一つ行くに当たってのものすごく嬉しい理由は、この家に、前述のValentinoの家で飼われていた、その時からの馴染みの大好きな犬達が今も飼われているのだ。でも会うの去年の10月以来9ヶ月振りで前回も短い時間に会っただけ。そしてその前は時間少し開いちゃってた。果たして覚えていてくれてるか。着くと、最初は少しつれない感じ。ああ、これは忘れてしまってるじゃん、と少々寂しい気持ちになったが、少し経つとこれは明らかに覚えてる感じで、膝の上に乗っかってずっと離れなくなった。ものすごく嬉しい。女の子に好かれるのも嬉しいけど、もしかしたら大好きな犬に好かれるのはちょっとだけ更に嬉しいかもしれない気がする。
すごくいい時間はあまり長く居れなくて残念だったが、でも楽しかった。お肉も美味しそうで一緒に食べていけなくてすごく残念。


でも、俺の事待ってくれててもう一刻も早くCova Santa行きたい友達たちを待たせるわけにはいかないので、急いで出る。今日のは俺ゲストとか何にも取っていなかったので、その友達と行かないとスムーズに入れないはずだから。さらに言うと、友達が少しでも早く行きたがってたのは、サンセット前にそこの高台に着いていたいね、って言うのと、そこら辺の時間は少しでも遅くなるともう駐車場が大変な事になって車がどうにもならなくなる可能性があるため。
ともあれみんなに別れを告げ、待っててくれてる家に急ぐ。途中の道、いつものとこでまたしても混んでて、ああこれはもう終わった、先に行っちゃっててもらおう、と思って連絡してみたが待っててくれた。それでもって渋滞も運良くわりとすぐに解消して、ちょい遅れで済んだのはラッキーだった。

9時、家出発。Cova Santa。すでにもう車がすごくて、少し離れたとこに停めた。正解。入口混んでた。入るのに30分弱かかった。入る時にようやく分かったが、見たらなんだ、リストやってるの友達だった。


中、いい感じ。3年前かのMusic On Closing After以来。人、中はこの時間ちょうどいい感じだった。観光客はゼロでほぼ全て地元の人達だけだった。


彼らのパーティーは、去年のからそうだが、シルクドソレイユとのコラボレーション。だからShowが本当にすごいのだ。

会場にはこんな魔人みたいなおネエや


色んな人達が居て、もう普通じゃなくてすっごく楽しい。


10:30頃から2回やったシルクドソレイユのshowが特に1回目のソロが本当に素晴らしくて、終わった時に本当に感動して涙ぐんだほどだった。


途中から友達ともはぐれたが全く問題なし。そのまま1人で遊んでた。楽しい。


Coco JuiceとPiadinas食べた。美味しかった。やっぱ帰り道にPlaya den Bossa辺りの酷いとことか行って食べるより、量が多少少なくてもああいうことで食べた方が楽しい!


たくさん話しかけてきてくれた。日本人は世界で一番最高だ、と言ってきてくれる男性達も居て素直にありがたかった。たしかに日本人は実際ダサいんだけど、でも日本人は誇れるとこ、いっぱいあるんだよ。

1時半過ぎ、帰る。


ここまででイビサでの生活が2週間半過ぎた。まあ約半分過ぎた。今回住んでいる家はこんなところ。


そう、実にバッチリである。夜になると家の周りは全く何も見えない。何も聴こえない。パーフェクトと言える環境の中、素晴らしい生活はいよいよ後半へ続く。

PREV
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ