BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.76:Beat In Me feat. Dubtil


6/12(月)

先週の上海Elevatorでのギグの翌週は、ルーマニアのDubtilを招いてのBeat In Meの開催でした。日曜日深夜に上海から家に戻って来て、翌金曜日にはアーティストが到着。それまでの間にこのパーティーの準備は言うまでもないけど、それだけじゃなく他のやっておかなくちゃいけない事も山のようにあった。そして、それだけだったらスケジュール的に全く何て事はないんだけど、彼をパーティー後の月曜日昼に空港に送った翌日の火曜日にはもう今回のこの1ヶ月半の長期間の旅のフライトが待っていた。その出発前の月、火の2日間に、ずっと通ってる耳の病院複数ヵ所を最後の治療で全部行くのも含んでる。加えて、3月にやった内視鏡検査の続きで胃にピロリ菌が居ないかどうかの2次検査も行ったんだった。これは現実的には実際紙に書き出してみると日程的に結構メチャクチャな詰め込み様だった。1, 2ヶ月前に予定を作った時は、これはかなりキツキツだけど何とかいけるだろう、と思って上海行きも入れたものの、この先週入れた上海が思ってた以上に負担が大きくって、行くだけだったらまだしもその準備として前章で書いたように2晩EN-SOFにこもってずっとMP2016ミキサーいじってたりしたので本当に時間に隙き間が全くと言っていいほどなくなった。上海行くぐらいのタイミングでは、これちょっといまだかつてなくヤバいかもとも思えたけど、でも実際このBeat In Meの期間を通してやってみて、意外と平気だった。まあ実際、もっともっと忙しい時はこれまでにもいくらでもあった。人間慣れていけば何でもこなせるようになっていくんだな、とつくづく思う。自分にちょっとこれムリと思えるぐらいのハードルを時々課してやるのは、自分にとってはいい事だと感じる。それで色んな事が雑で手抜きが出てきてしまうようではダメだけど。
そして世の中ホントいつも必ずパターンを裏切らないもので、忙しければ忙しいほど予期せぬ普段では絶対に起こりえぬアクシデントも起きてしまうのが面白い。自分の場合はほぼいつも本当にそうで、これにはもう慣れさせてもらったよ、神様。上海帰国の翌日の月曜日には、その上海行きの前に車のルームライトを点けっ放しにして4日間放置して出かけてしまっていたらしく、出かけようとしたら自宅車庫内でバッテリーが上がって立ち往生というオマケも。家の車庫であんなミスは生涯2回目だ。実は時間もない中で結構大変だったのだけど、こっちはもうかなり鍛えられてるのでそのくらいでは全くへこたれない。バッテリー上がりを確認した瞬間に華麗に予定をアレンジし、実際に立ててた予定よりも逆にお釣りを付けて有効な1日にすると言う一件もありました。

あ、そうそう。前回のにも書いたけど、この上海から帰って来た週に、月曜にはFBが乗っ取られかけ(何だかのプロモーションの支払いをされかけてた)、翌日火曜には何とPayPalが完全に乗っ取られるという事件が起きた。PayPal側からの乗っ取られたとのメール通知が来たので分かったのだが、ジャカルタからのログインで、支払いが既にされている。そしてパスワードを逆に変えられてしまい、もう自分ではログインする事ができなくなっていた。既に3件ほど実際に買い物をされてしまっていた。こういった事は自分には初めてだったので、恐ろしくなった。一体どこまでのものが乗っ取られているのか?これどう考えても土曜日に上海でそのFBやTwitterを見れるようになるっていうアプリをダウンロードしたのが原因だろう。そのアプリ自体には問題はないのかもしれないそこは分からないが、でもその行動が起因しているのは間違いないと思われる。もう今度中国行っても二度と何かをダウンロードしたりしないと誓った。
素晴らしかったのはPayPalで、その時点でPayPalが異常を感じてブロックし凍結し、メッセージを送って来てくれた。そして数時間後の朝一番にカスタマーサービスに電話した後の対応の真摯さ。これらの支払いを全て無効にしてくれたのはもちろん、本当に素晴らしい対応をしてもらえた。以前にDiscogsでレコード買った時にお金払ったのに送って来ないヤツが居た時にも、連絡したらすぐに対応してくれた。自分に関しては、彼らにはすごくいい印象を持っている。
しかしそれで終わりでは全くないので、ここからの数日はかなり神経質になった。すぐさま他のTwitter, インスタなど始めSNSのパスワードなども全て変え、この朝にはカード会社全て電話して変えるべきところは変更した。今のところ大丈夫だが。ここで、VISAももちろんすごくいい対応をして頂けたが、何よりもやはりアメックスは素晴らしい対応だった。去年のイビサでの耳のケガの時の海外事故の際の対応にも感激したけど、今回も本当に頼りになるなあと思った。みんなにも是非お勧めします。そして例え多少お金がかかっても是非ゴールド以上を。



何の話しなのか分からなくなってきたし、このイビサでもう夜も深いので、本題に入ります。
そう、今回のゲストはDubtil。2015.02に呼んだあのBaracの元NoiDoiでの相棒。ここ、説明が結局重複する事になるので、パーティー前に書いていた説明文を引用させてもらいますね。前にもう読んでくれていた人、ゴメンナサイね。また、このFB Event Pageの書き物全部読んでない人もいるだろうし、そもそも今FBやっていない人も増えているようなので、これらSNSで書いていた文とかを大事な要点の部分だけちょっと列挙させてもらいます。
では、いきましょう。『Beat In Me feat. Dubtil』





『Beat In Me feat. Dubtil』

10th June 2017 (Sat) @Sankeys TYO
ー B2F BASEMENT ー
Dubtil (Understand, Amphia / Romania)
RAHA (Beat In Me)
Taro (op.disc)

ー B1F TAPROOM ー
Mikio Kaminakamura (Untitled Records, INIT)
Shintaro.D (INIT)
Rio Kawamoto (INIT)
SAYA & NYAO (Polkadot)


Facebook Event Page:https://www.facebook.com/events/1662733730699908/?active_tab=about


ー 世界を席巻するルーマニアン・ダンスミュージックシーンの最前線 ー

世界のミニマルテクノ/ハウスシーンを席巻中のルーマニアンサウンドを紹介するパーティー “Beat In Me”。
シーンのトップである[a:rpia:r] (Rhadoo, Petre Inspirescu, Raresh) を始めとして、今現在最も重要なアーティストをピンポイントで的確に招聘するその妥協のない方向性がアンダーグラウンドシーンにおいて強く支持され、パーティーは音好きで良質な客層と共に毎回素晴らしいヴァイブスの溢れるフロアを体現している。スペシャル企画としてProduceした先日4/1の『RPR SOUNDSYSTEM with Dreamrec VJ @LIQUIDROOM』公演も大成功を収め、アンダーグラウンドシーンからますます厚い信頼を受ける事となった。

今回メインアクトに登場するのは、これが日本初来日となるDubtil。2015年2月にBeat In Meにも招聘されたあのBaracとのコンビでの “NoiDoi” 名義で彼を知る者も多いだろう。2013年にそのコンビでの活動を停止するまで、幾多の楽曲をリリースし、シーンでは広くその名を知られていた。その後、思わずとも常に比較の対象となったBaracが順調にリリースを重ねそのLive/DJプレイでも世界の確固たる評価を瞬く間に獲得していった一方で、彼に比べリリースやメディアへの露出は極端に少ないものの、あのRhadooをして「Dubtil is special.」と言わしめ、彼に聞く私たちBIMの招聘候補リストに常に一番手に名前が挙げられてきたのがこのDubtilであり、その初来日公演が今回遂に実現する。ルーマニアシーンのファンの人達には絶対に見逃して欲しくない貴重な回となる。
その世界観はアンダーグラウンドそのものと言っていい。リリースも、Metereze(Rareshのレーベル), Understand, Amphiaと厳選された選りすぐりのところからのみとなっている。これらの楽曲は全てdeepで黒いグルーブのものばかりで、そのリリース群の色と同様、彼のそのDJプレイも、決して媚びる事のないdarkな漆黒のグルーブを常にキープしている。陽のBaracに対し、陰のDubtil、といった表現がまさにピッタリと言えるであろう。

DJも年々重要なポジションでの起用が増えて来ており、先日5月にルーマニアの地で行われた、世界のミニマルシーンのトップフェスであるSUNWAVESにおいて、メインの金曜日の夜、"[a:rpia:r]の3人の前に一緒にプレイする名誉ある一人” に選出され素晴らしいプレイを見せたばかりで、今回は完璧なタイミングでの来日となった。

B2Fでは他に安定したプレイに定評のTaroとBeat In MeレジデントのRAHAが登場し、オープンからラストまでdeepで熱いフロアーを創り出す。

またB1Fでは、ベテランから若手まで多彩で魅力的なラインナップで朝までフロアーをロックする。メインのB2Fと共に一晩通して素晴らしいグルーブを創り上げてくれる事であろう。

"Beat In Me"、一人でも多くの人にそのグルーブを体験してもらいたい。世界のダンスミュージックの最前線を、この日リアルに体感して欲しい。


■Releases

・Tracks playlist


・Dubtil - Indoieala [Amphia011]


・Dubtil - Odihnioara [Metereze01]


・Dubtil - Epilogue [Understand005]


・Paradox EP [BP Mind Series008]
http://www.technique.co.jp/item/149393,BPMS008.html


■Mix
・XLR8r

(★incl. Interview - 貴重なロングInterviewが一緒に掲載されています。すごくいい内容の話しなので、英語しかないのですがかなり易しい英語ですのでお時間有る時に是非ご覧下さい)

・Nightclubber





また、パーティー前に告知で取り上げて頂いた各情報サイトの皆さんです。いつもありがとうございます!もし僕がうっかり気付いていないところがありましたら本当にゴメンナサイ。

■WEB News記事

・RA JAPAN
https://jp.residentadvisor.net/event.aspx?970679

・BANANA
http://bnana.jp/products/beatinme-dubtil/

・Higher Frequency
http://higher-frequency.com/news/beat-in-me-dubtil-taro-raha-sankeys-tyo

・Time Out TOKYO
https://www.timeout.jp/tokyo/ja/nightlife/topfivegigsweekend




さあ、パーティーの準備も着々と進みます。
テクニークさん、いつもサポートありがとうございます!


Sankeys


今回は、何とか少しでもいつも以上に音をよくできたら、と思い話したところ、その気持ちをSankeysのお店側もとても理解してくれ、パーティーの週の営業のない月曜日の23時から2時まで、3時間かけてサウンドチェックをさせてもらいました。出音とブースのモニターと。店側にも、付き合ってくれた今回入ってくれたPAの松田クンにも本当に感謝致します。


そんなで、いよいよDubtil来日。


チェックインまでまだ少し時間があるので、表参道を歩き食事をして、渋谷を一回り。疲れているようで、ホテルに2時にチェックインしたら出番まで休むって。そう、明日の本番前に、今夜はDOMMUNEの5時間ぶち抜きの放送があるのだ。

「Beat In Me feat. Dubtil」5時間SPECIAL!! BROADJ#2248-2249」


7時から番組スタート。まずはSatoshi Sinobから。この日はすごく遅いビートで始まって、いつものDJプレイとはまた違う側面を見せてくれた。 かなり独特だったなw


続くNorio Tomodaもよかった。すごく安定してた。この2人は共にEN-SOFでのwelcometomyroomからの仲間達。
今日は早い時間から人たくさん来てた。この2人の起用も大正解だったように思う。

僕は9時からのプレイ。このDommuneではDubtilのリリースされてる曲を彼の紹介の意味も込めて数曲かけたいなと思っていたので、出だし考えたが、Norioの最後の曲からの流れで、彼のUnderstandの曲から入った。そして最後はちょっとMixもたついてしまったがAmphiaでバトンを渡す。

Dubtilのプレイはすごくよかった。アゲずにそれでいて飽きる事なく、ずっとグルービー。すごくよかった。


ずっといい感じで現場も超楽しかった。今までで一番ぐらいに人が来てくれた。混んでた。本当にありがたかった。View数もすごく多い。聞いてくれてた人のコメントもすごく好意的なものばかりだった。明日の本番にすごくいい勢いが付いた。宇川さんは僕らが好きでやっているこのルーマニアの音のシーンを、いいいいと言って、RPRの時だけじゃなくいつもすごく応援してくれる。本当にありがとうございます。


DOMMUNEのTwitterのRTを見ていたら、こんなのも見つけてしまいました。


12時ジャストに外に出て来て終了に。出演者全員いいプレイでした。人々の反応もいい。これは明日楽しみだ。

いつもはこういうリンクはフォローしないのですが、今回の彼のプレイはかなりよく、この日本でもより多くの人に彼の良さを知ってもらいたいので、見つけたリンクを上げておきます。カッコいいですよ。




いよいよパーティー当日。午後1時起きる。2時半にDubtilからメッセージも来て彼も起きたとこで、今夜7時半にdinnerの約束する。それまでは自分のやる事やっててよ、って言ってくれた。ありがたいよ。
昨日のDommune聞く。Mixところどころもっと精度上げよう。

最後のDubtilについて書いた文をFBにアップできた。これは絶対にパーティー前にみんなに知らせたかった事。そして、この夜にこの文を読んだからパーティーに来ました、っていう女の子が実際に居た。すごく嬉しい事だった!




(Facebook Event Pageより)

Beat In Me feat. Dubtil』@Sankeys

いよいよ今夜です!
おそらくもうパーティー前最後の告知になるかと思いますが、最後に今回のゲストのDubtilについて少しだけ。

昨年5月のSunwavesで、それまで個人同士ではなぜかお互いにそんなにちゃんと喋った事がなかった彼をSunriseのマネージャーさんが紹介してくれお互いにしっかりと会話するようになりました。喋っていなくてもお互いの事はどちらもよく分かっていて、始めから色んな事を話しました。そこで、彼の事は前から非常に好きでこれまで何度も次は呼ぼう!として最後のギリギリのところで実現できていなかったのですが、それも話した上で、「俺、ヨーロッパに来てばっかり居るからパーティー1年の中でもあんま回数打てないんだけど、2年以内に必ずキミの事自分のパーティーに呼ぶって約束するから!」って言った時の彼の返事がCoolで奮っていたのを今でも忘れません。普通に「thank you」でもなく、誠実に笑いながら、

「You don't need to promise」 

RAHA、約束なんてしなくていいんだよ、と。

アピールしてくる人が多い中で、こんな言葉を返されたのは素敵なショックでした。それ以来、人間的にも彼の事は大好きになりました。

今回、ようやくその言葉が実現できて本当に嬉しいです。
彼は他の[a:rpia:r]クルー同様に、FBもやってなければインタビューとかも奇跡的な1コしかないし、ちょっと前までRAのアーティストページさえ作ってなかったようなスタイルの人。だけどそのインタビューにあるように、オリジナルの曲はもう山ほど持っていて、なぜそれをはしからリリースしないかと言うと、リリースする事が目的・終着ではないから(彼にとっては)。実際彼の個人名義でのリリースは今現在まで4枚のみ(2012までBaracとのコンビで活動していたNoidoiではいっぱいあります)。でもそれが、Metereze(Rareshのレーベル), Understand, Amphia, Bodypartsと、みながリリースしたいと思うバッチリなところからのみ。
まあ、露出する事それ自体に大きな魅力を感じる人ではないと言う事です。が、内容は抜きん出ている。

近年ではDJとしても例えば去年のSONAR off WEEKでの[a:rpia:r] showcaseや今年のSunwavesの[a:rpia:r]の前の単独での出演(FRI-NIGHT参照)など、ポイントポイントで重く起用されているのが非常に目に付きます。

今夜のSankeysでのBeat In Me、彼のプレイも全体の雰囲気も、本当にこのアンダーグラウンド感に溢れたすごくいいパーティーになると確信しています。彼の昨日のDOMMUNEでのプレイも最高でした。是非みなさん、今夜遊びに来て下さい。ダンスフロアーで会いましょう。







夜はA5の牛肉を食べてから、サウンドチェック。準備は万端だ。


オープン。メインフロアーはTaroからスタート!


B1 Floorでは今回初の起用となった若手の2人SAYA & NYAOからスタート。


結構早くから人来てくれた。自分が回す1時にはもうかなりいい感じになってた。今年のSunwavesで最も印象的だったと予想されるDKの曲で歓声上がる。みんな多くのお客さんが曲分かっていて嬉しい。続いて未発表だが自分の曲でさらに歓声が。覚えてくれて嬉しい。早めの仕掛けで行った。後半、この1, 2年ぐらいの間ずっとかけたくてタイミングを窺っていた2006年のLoco Diceを投下。いい反応だった。音が俺の時は結構小さいと多くの人に言われた。でも、Sankeysではいつも音がデカ過ぎると俺は感じていて、今回サウンドチェックから音を大きく出し過ぎないようにというのをテーマにしてずっとやってきた。でももう少し上げていいのか。。う~ん。Dubtilも着くなりそう言った。後半は赤2コ入れてやった。あれでいいのか。難しいところだ。DJのプレイ自体は内容的には自分でも結構満足してできた夜だった。でもやっぱり自分のスタイルのDJには2時間半から3時間はあった方がもっとストーリーをちゃんと伝える事ができるなあとも感じた。

そして3時からDubtil登場。代わっていきなりでかく出してたらしいw 代わったらいきなりベースが出て来た、というTweetもあった。
意外にも最初の1時間半ずっと直線的なプレイだった。かなりミニマルテクノ。だいぶ硬派なプレイだった。



今日は上も下も終始人いっぱい入ってバッチリだった。B1 Floorもすごくよかったね。全体として、バイブス的にも最高のパーティーになった。今回は他の店でもいいパーティーも重なっていたりで実際かなり心配してたのだが。雰囲気もすごくよかったよ。

Dubtilは、5時前から曲調を変えてグルービーに。それが評判すごくよかった。特に女子全員に。今までのBIMで一番いいかも、ってコも居た。特にあれ以後は最高の時間だった。


当初、店が6時過ぎぐらいまでかなと思っていたので、彼には6時過ぎぐらいまでの予定で話していたが、時間になったけど人も全然居ていまだ最高の状態が続いているのでそのままやってもらう。 7時になり、店に今日の昼ライブがあるから仕込み的に考えてあと30分と言われ、最後は自分で回させてもらった。

7時半過ぎ、アンコールで終了。いいパーティーになりました。みんなありがとう!


以下のは翌日にあげた僕のFacebookでのテキストです。



(Facebook Event Pageより)

Thank you for coming to the party on Saturday! Was really nice party!
This Friday, Beat In Me will be appearing at SONAR Off WEEK, Barcelona!! Can't wait!!
https://www.residentadvisor.net/event.aspx?976255#

土曜日Sankeysで行われたBeat In Meに遊びに来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。来てもらってた人は分かると思いますが、とにかくすごくいい夜になりましたね。上下階ともに非常に雰囲気のいいナイスバイブスのパーティーになりました。
この日は他店ともいいパーティーも結構被っていて、どうかなと正直不安もありましたが、たくさんのお客さんが踊りに来てくれていて、本当に嬉しかったです。両フロアーとも各DJの人たちが充分に持ち味を出していて、共に終始フロアーが人で埋まり、それが途切れる事が最後までなかったです。みんなナイスプレイでした!そして一晩通してのあのナイスなバイブスは来てくれた皆さんのおかげ。本当にありがとうございました。

メインのゲストのDubtilはTaro, RAHAに続き3時から登場。代わった直後から前半いっぱいは結構エネルギッシュな強めのミニマルテクノに終始していましたね。僕もちょっと意外でした。カッコ良かったけど、人によってはあの時間は好き嫌いが結構分かれるところだったかもしれません。そして時間も深くなり4時半を過ぎたぐらいからその曲調は徐々に様子を変えていき、以後は最後まで本当にグルービーでハウシーなプレイを披露。特にあの時間帯、最高でしたね。これがどちらかと言うと金曜日のあの素晴らしかったDOMMUNEでのプレイに近い感じでやっていたように思います。特にこの後半の彼のプレイは、まさにルーマニアンハウスのグルーブの部分を地で行くような感じで、僕も最も好きな部分。前半の攻めの直線的なプレイが続いた時にはもう一つ乗り切れていなかった女の子達がとろけるような表情で嬉しそうにずっと踊り続けていたのが印象的でした。合計4時間。前半から後半へと流れを織り込み済みだったのだろうなというプレイで、しかも最後まで非常に安定した高い技術のMixで、色んな人と話しましたがかなり多くの人が彼のDJとしての腕に唸っていましたね。

7時を回って彼に代わって最後30分だけ僕が締めのプレイをさせて頂き、パーティーは無事に終了しました。最後まで踊っていてくれた人、どうもありがとう!メインの前の1時~3時でのプレイも楽しんでやる事ができました。もっと腕を磨きたい!

そして本日、そのDubtilが無事に帰国の途に付き、今回のミッションをほぼ終えました。土曜日のプレイについて直接聞いたところ、世界のどこに行ってもやはりお客さんはいつももっと速くとか、もう少しアゲてとか言う声が多く聴こえるらしい。お客さんというのはどこでも本当にそうで、だから今回も前半はああいう感じにしたらしい。でも彼自身、自分はああいう感じはあんま好きじゃないんだけど、と言ってた。DJやる前に、,いつも通りに普通にdeepにやるので全然構わないんだから、日本向けの感じで、とかやらないでいいからね、といっぱい言っておいた。あの日は音に関していいお客さんが全体で見ても多かったから、最初からずっとdeepでアゲなくてもよかったかもだね、などと反省会をしながらの道中でした。

金曜日から今日までの今回の日本、彼自身もとっても楽しんでいってくれたようです。金曜日のDOMMUNEも彼の中でもすっごくいい時間だったようで、とにかくよかったです。

今回パーティーやる前は、Dubtilって言ってもほぼみんな知らないだろ?と思っていた。だけども2年前のRPRから、去年のRhadoo with Dreamrec、そして今春4/1のRPR、と素晴らしいパーティーを1コずつ積み重ねてきている過程で、少しずつシーンが根付いてきている印象があります。どうかこのまま、決して一気に広がるとかと言うのではなく、でも着実に堅実に好きな人たちの中で徐々に広がっていったらいいなあと強く思います。

最後になりますが、今回のパーティーも、サポート頂いた多くの友人・関係者のみなさん、お客さん達、本当にありがとうございました。出演者のみんなも、今回は特にみんな本当にありがとう! これからも今回みたいな楽しい!とみんなが思えるいいパーティーを準備していきますので、引き続きよろしくお願いします!

僕は明けて本日火曜日夜には日本を発ちます。間髪入れずに今週の金曜日には、前からお知らせしておりますように、スペインはバルセロナで今週行われるSONAR Off WEEKにてこのBeat In Meを開催してきます。僕にとっては実は結構すごい話。カッコ良さを追求したいと、手を抜かないで一つずつ一生懸命やってきた成果が、こうして少しずつ形となって現れて来始めています。急にジャンプするのではなく、一個ずつ、確実にいい感じで上がっていきたいと思っています。今週頑張ってきますね。今後ともどうぞ応援して下さい。行って来ます!
https://www.residentadvisor.net/event.aspx?976255#





明けて月曜日にいよいよお別れ。空港までの道中、日本の状況など話す。日本自体の事も、歩いていてその街並みや、建物の建築デザインにもすごく興味がある様子で、日本の建物は本当に全部スタイリッシュでカッコいいって言ってた。今回いい4日間だったようでよかった!大丈夫だった?ってパーティーの事も心配してくれた。最後までいいヤツだったな。


これで今回のレポートは終わります。遊びに来てくれた人、サポートしてくれたみんな、本当にありがとうございました!

さあ、次はこの3週連続の最後、このBeat In MeがなんとOFF SONARの行われているBarcelonaに登場します!どうぞお楽しみに!

PREV
Dachambo CD HATAのMachine de Music 
コラムVol.39 
Dachambo クラウドファンディングにあのグルーブボックスを
Dachambo CD HATAのMachine de Music
コラムVol.39
Dachambo クラウドファンディングにあのグルーブボックスを
NEXT
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ