BLOG

Dachambo CD HATAのMachine de Music
コラムVol.40
CUT&RECでレコードを!

clubberiaを御覧の皆様こんにちは!
 
前回このコーナーで紹介した"Oregon Eclipse 2017(http://oregoneclipse2017.com)"に向けて色々な準備をしているCD HATAです。
これが公開になっている頃には、無事アメリカにも入国できて、フェスティバルのステージにも立てているのかな?!
 
さて8月という野外フェス繁忙期のタイミングで、CD HATAは2つの作品をリリースしました。
 
 
一つは、芸術家アイドル ナマコプリさんの「どこでもGOA feat. CD HATA

 

  もう一つは、Liquid Drop Grooveからリリースされた、CD HATA & MASARU『Object Coord』と Space Gathering MASA『No Choice』が収録された「DELTA( https://www.beatport.com/track/object-coord-original-mix/9631174 )」です。

 

この2タイトルを「CUT&REC( https://cutnrec.com )」で、レコードにカッティングしてもらったので、その様子を紹介します。



CD HATA「レコードのカッティングサービスを初めたきっかけは何?」
 
CUT&REC 橋本「soundrope( https://soundrope.com )というWEBメディアも運営しているんですが、情報というのは形が無いものじゃないですか、soundrope立ち上げの時から、音楽に携わっているアーティストの人達にモノとして提供できるサービスもやりたいよねって話はしていたんですよ。3年くらい前から具体的に考えていく中で、レコードのカッティングサービスが面白いんじゃないかなと思ったのがはじまりなんです。soundropeで海外を含めて音楽シーンの状況を拾っていく中でレコードの盛り上がりを感じていましたし、このアナログの文化をもっと広めていきたいと思ったんですよね。」
 
CD HATA「soundropeでもレコードだったり、カセットテープだったり、アナログな記事に人気があるよね。」
 
CUT&REC 橋本「そうなんですよね!みんな興味を持っているんだなと感じていました。」
 
CD HATA「去年12月にあったTokyo Dance Music Event( http://tdme.com/ja/ )にも、その場でレコードをカッティングできるブースを出してたよね。」
 
CUT&REC 橋本「そうですね。去年の5月にドイツまで行ってカッティングマシンを購入して、講習を受けたりセットアップをしていって、アーティストさんからのフィードバックをもらいながら半年くらい試行錯誤をし、去年の12月にWEBサイト( https://cutnrec.com )もオープンしたという流れですね。」
 
CD HATA「これがカッティングマシンだよね。」





CUT&REC 橋本「エフェクトの設定とか結構重要なんですよ。」
 
CD HATA「それはマスタリング段階のエフェクトとは、また違うの?」
 
CUT&REC 橋本「マスタリングとはちょっと違い、レコードへの最適化って呼んでるんですが、調整に凄い時間がかりました。このクオリティーが音のクオリティーに直結するので。去年12月のTokyo Dance Music EventでもCD HATAさんのレコードをカッティングしましたが、改良を重ね、今は更に自信を持った物をお出しできる状況になってますよ。」
 
CD HATA「おー聴くの楽しみ!これジャケットも凄い綺麗だよね!」
 
CUT&REC 橋本「実はレコード作るより、こっちの方が大変だったんですよ(笑)。カッティングマシンってレコードを作る為にあるものじゃないですか。だからクオリティーの差こそあれ最終的にレコードにはなるんですけど、ジャケットを作るマシンっていうのは特注でオーダーでもしない限り存在しないし、廉価版とかも無いので、自分でパーツからチョイスしてマシンを組み上げたんですよ。でも、あくまで印刷用の機械でレコードジャケット用というわけじゃないので、いろいろ試しながら、ここまでのクオリティーも持っていくのが意外と大変でしたね(笑)」
 
CD HATA「なるほど確かにそうだよね!完全に専門機というか、レコードジャケットを作る人口なんてそんなにいないんだから、それ用の機械なんて量産されてるわけないよね(笑)。凄いなぁ~!」


CD HATA「今後はどんなことをやっていくの?」
 
CUT&REC 橋本「ピクチャー盤を作っていこうと思ってます。」
 
CD HATA「ピクチャー盤ってレコードの盤面に絵が印刷されてるやつだよね。」
 
CUT&REC 橋本「そうですね。厳密に言うと透明な盤で絵を挟んでいるんです。」
 
CD HATA「ハンバーガーみたいだね(笑)。アメリカ行くからってわけじゃないけど(笑)」
 
CUT&REC 橋本「そうですね(笑)。アメリカ頑張って下さい!」
 
といった感じで、現在CD HATAはアメリカにいますが(いるはずですがw)、皆さんも良かったら世界に一枚のレコードを作ってみませんか?
ジャケットも素敵なんでプレゼントにもいいよね!
 
  CD HATA



CUT&REC
https://cutnrec.com
 
ナマコプリ / どこでもGOA feat. CD HATA
iTunes
 
CD HATA & MASARU『Object Coord』
beatport

PREV
KoyasのCultivate the Music - vol.2:Ableton Meetup Tokyo Vol.14
 レポート 『苦手な人は目を閉じて』編
KoyasのCultivate the Music - vol.2:Ableton Meetup Tokyo Vol.14
レポート 『苦手な人は目を閉じて』編
NEXT
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.78:Ibiza...
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.78:Ibiza...