EVENTS
< >

◆ AFTER BRAZILIAN DAY JAPAN 2012 ◆ feat. DADO aka DEEDRAH

約4年振りの来日となる【DADO aka DEEDRAH】がStudio Cube 326で開催されるブラジリアンパーティにGUESTとして登場!!

今回はナント、DADOが久々の来日という事もあり、DEEDRAHのLIVEは通常SETだけでなく、自身の代表曲‘Relord’がヒットしていた時代のOLD SCHOOL SETもメニューに追加する事が決定!!
また、この日は代々木公園で開催される「BRAZILIAN DAY JAPAN 2012」のAFTER PARTY★ より多国籍なオーディエンスで、Good Partyになるコト間違い無しです!!
So, Let's dance all together in summer time CUBE!!

■TAXI DISCOUNT INFO
> 当イベントにご来場の際、Studio Cube 326までタクシーでお越しの方は、その領収書をエントランスでご提示頂きますと【 当日料金より1,000円OFF 】にてご入場頂けます。乗車した場所は問いません。一名様から四名様まで適用致します。
>> Show the taxi receipt at the entrance to get the taxi discount! 1000YEN OFF!!
>>> Presenting the receipt of the taxi. Will have discount in the entrance. 10 MINUTES OF TAXI OF ROPPONGI KOUSATEN.

■Studio Cube 326 Facebook Page
https://www.facebook.com/CUBE326

■NOTICE/ご注意
▼20歳未満の方のご入場はお断り致します。当日会場入口にてIDチェックを行いますので、身分証明書をご掲示下さい。 ドリンク類、危険物、及び法律で禁止されている物の持ち込み防止の為、セキュリティチェックを行いますので、ご協力をお願い致します。 当イベントは再入場禁止になります。 事故、盗難、紛失、レッカー移動等の責任は一切負いません。 イベントの妨げとなる行為の当事者、他のお客さまの迷惑となる方、スタッフの指示に従わない方はご退場頂く場合もございます。 アーティストの都合により、予告なく出演者等が変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

▼Customers must be over of 20 years of age. Please bring valid ID.
Security check will be made at the entrance - No drinks, food, weapons or illegal substances may be brought into the site. We are not responsible for any accidents. Customers exhibiting disturbing behavior will be asked to leave the premises.
_____

DADO aka DEEDRAH (HOMmega Productions/ from IBIZA)
http://soundcloud.com/syntheticdado/sets

本名「フレデリック‘Frederic Holyszewski’」。 愛称「ダド‘DADO’」。TRANCEシーンにおいては創世期からの20年間で、Deedrah、Synthetic、Krome Angels、Transwave、GBU等、多くのビッグプロジェクトを成功に収めたフランスのトッププロデューサーである。 キャリアのスタートは同じフランス出身で3D VISIONのレーベルオーナーを務めるABSOLUM(クリストフ)とのユニット‘TRANSWAVE’から。 楽曲製作開始からわずか2年で4枚のフルアルバムをリリースし、ビデオクリップも制作した‘Land of Freedom’が世界中で大ヒット。 この経験がDADOにとって大きな物となり、1997年には自身のレーベル‘Question Mark Records’を設立し、DADO自身のプロジェクト‘DEEDRAH’もスタート。そしてこの年に記念すべきDEEDRAHのファーストアルバム‘Self oscillation’をリリース。 また、Question Mark Recordsは、ASTRAL PROJECTION, TALAMASCA, GMS, TOTAL ECLIPSE, THE DELTA, HALLUCINOGEN, ASTRIX, KOXBOX, TSUYOSHI SUZUKI等、多くの世界的ビッグネームと共にサイケデリックシーンの火付け役として重要な役割を果たします。 そして2000年代に入った後には、HALLUCINOGENがレーベルオーナーを務めるTWISTED RECORDSや、日本を拠点とするSOLSTICE MUSICに‘SYNTHETIC’名義での楽曲提供も開始。(当時はGOA/PSYCHEDELIC TRANCEのトラックを中心に制作していたが、10年経った現在、BPM125前後のTECHNOスタイルプロジェクトとしてSYNTHETIC名義の活動を行っている。)フランスからアジアへの進出も果たしたDADOは、この頃からグローバルアーティストとして更なる進化を遂げる。 サイケシーンのTOP DJ、DIMITRI NAKOV、The AntidoteのSERGE SOUQUE、そしてDADO。この3人によるサイケデリックユニット‘GBU’や、近年大きな話題となったDINO PSARAS、SHANTI、DADOのシルバーフェイストリオ‘KROME ANGELS’等、手掛けたプロジェクトをグローバルに展開し、世界中のビッグフェスティバルにもメインゲストとして招聘され、百戦錬磨の現役トッププロデューサーとして今も尚、キャリアを積み重ねている。 また、ソニーから発売されたPS2ゲームソフト「グランツーリスモ3」のBGM制作にも絶賛の声が挙がり、DADOの音楽的才能の幅広さが実証される一つの良い機会となった。 アーティストとして確固たる信頼と長年のキャリアに加え、何よりも進化し続けているサウンドプロダクションのレベルの高さはハイエンドのクオリティを誇り、近年ではプロフェッショナルサウンドエンジニアとしての活動も積極的に展開している。 2012年はDADOのイビザ系ラウンジ・プロジェクト‘FEDERICO BALTIMORE’の5年振りとなるセカンドアルバムのリリースや、SYNTHETIC名義TECHNOトラックのEPリリース(IBZ RECORDINGS)、そして10月にはHOMmega Productionsから多くのファンが待ち望む‘DEEDRAH’名義での4枚目となるフルアルバムのリリースが決まっている。