EVENTS
< >

raster-noton.metro 2014

現在開催中の札幌国際芸術祭で発表された新作映像作品『unicolor』が大きな話題を呼ぶなど現代美術家として国際的に活躍しながら、アルヴァ・ノト(Alva Noto)名義で電子音楽を制作発表し、池田亮司や坂本龍一らとのプロジェクトでもお馴染みの電子音楽家Carsten Nicolaiが主宰する実験/電子音楽の最高峰レーベル[raster-noton]の看板アーティストが勢揃いするレーベルナイト『raster-noton.metro 2014』の開催が決定しました!

最もアドヴァンスト=先端的なアーティストをリリースする[raster-noton]でも、今回のファーストトピックは、何と言ってもその主宰者であるAlva Notoことカールステン・ニコライとByetoneことオラフ・ベンダーが結成した新ユニット「Diamond Version」のデビューアルバム『CI』のリリース!正統派ジャーマン・エレクトロニック・ミュージックの遺伝子と至高の電子音響が合体した、激烈インダストリアル・エレクトロ! 更にはユニークなコンセプトと独自のポップセンスを盛り込んだアグレッシブなインダストリアル・エレクトロサウンドと刺激的なヴィジュアルがシンクロする圧倒的なライブパフォーマンスが、昨年の来日LIVEを始めすでに世界中から賞賛と注目を集めている中、raster-notonナイトに満を持して登場します!そして、今回が日本初公演となる、James GinzburgとPaul Purgasによるブリストル発のエクスペリメンタル・デュオ「emptyset」も来日!音の物理的性質、電磁気学、建築、画像生成を駆使し、パフォーマンス、インスタレーション、映像といった分野を横断し独自の作品を発表するユニット、待望の来日です!更にレーベルの紅一点として「SonarSound Tokyo 2012」や「FREEDOMMUNEONE THOUSAND2013」への出演を果たし、今年は待望のフル・アルバム『IS(Is Superpowered)』を引提げてのリリース日本ツアーなど、ここ数年で一躍注目を集める日本人女性エレクトロニックアーティストとなったkyokaのLIVE決定!shirineレーベル主宰として日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて紹介している関西電子音楽界の雄でraster-notonとの交流も深い「PsysEx」、更には各所でそのプレイに異常にファンの多いAlva NotoとByetoneによるDJ名義「dj alpha & beta」も解禁!常に新たな視覚/聴覚体験を更新するかのような研ぎ澄まされた無い音響空間。究極のミニマリズム、インダストリアルの哲学から生み出される緻密でエクスペリメンタルな電子音響と、身体を芯から揺さぶる重厚でダンサブルなエレクトロニック・ミュージックの波に酔いしれて下さい!