EVENTS
< >

Eric Cloutier, AOKI takamasa (Live), Resom

実券をお買い求めの方はこちらからご購入頂けます。

スタジオで多角的に交わるベルリンイズム

The Labyrinthへの出演など日本のアンダーグラウンドシーンとの繋がりも深いセレクター、Eric Cloutierが1年半ぶりに帰還を果たす。Cloutierは20年という長きにわたるDJキャリアの中で、現在活動の拠点としているベルリンと、彼の根源的な音楽性の一部となっているデトロイトにてレジデンシーを、またThe Bunker New YorkとTANSTAAFLではA&Rを務め、いくつものシーンの中心地を股に掛け活躍してきた。プロデューサーとしては2014年にSteve O’Sullivan主宰のレーベルMosaicのスプリットシリーズでデビューを果たし、2015年には初のソロ名義EP「Raxeria」をWolfskuilから発表。その作風はDJ同様に、深いバックグラウンドを感じさせる先進的なミニマルを展開し話題を呼んだ。今回共演には同じく国を超えて活躍する、20周年を迎えた名門レーベルRaster-Notonの日本人アーティスト、AOKI Takamasaがライヴセットを披露。また、ベルリンで耳の肥えた地元民から長年絶大な支持を受け続けてきた老舗クラブ://about blankに初期からレジデントとして参加している女性DJ、Resomが初来日を果たし、華を添える。