EVENTS
< >

NITE CALLING feat. MAD MATS

■Mad Mats

1971年生まれのMad Mats。北欧はスウェーデン、ストックホルム出身。ブレイクダンスのナショナルチャンピオン、イベントオーガナイザー、レーベルオーナーそして地元のサッカーコーチを務めるなど多くの顔を持つ。80年代後半にHip HopのDJとしてキャリアをスタートさせた後、90年代前半にはニューヨークのSound Factory Barに訪れ、彼のブラックミュージックに対する熱がHouse Musicへ昇華し、地元ストックホルムのクラブで彼の姿を見ないことは無い程までになった。1996年、毎月最終水曜日に彼が開催した'Raw Fusion'というPartyは当時のスウェーデンのクラブシーンの全てを反映し、過去13年の歴史の中でTheo Parrish、Peanut Butter Wolf、Jay Dee、Carl Craig、Laurent Garnier、DJ Harvey、Gilles PetersonそしてKerri Chandlerといった名だたるスターDJをゲストに呼び、今日におけるストックホルムのダンスミュージックシーンの基礎を創った。地元のDJたちは彼を「スウェーデンNo.1のDJ」と賞賛し、'Raw Fusion'も2001年には音楽レーベルとしても活動を初め、10年以上もトップシーンを走り続けた。そして2011年、盟友のTooliとともにHouse Musicレーベル'Local Talk'を始動。Kyodai、Lay-Far、Crackazat、Atjazz、Adesse Versionsなど、気鋭のアーティストの作品を常に送り出している。25年以上のキャリアの中でほぼ全てのダンスミュージックを吸収した北欧のB-BOY、Mad Mats。彼の長い足跡が詰まったPlayを決して見逃してはならない。



■Midori Aoyama


東京、渋谷生まれのDJ、プロデューサー。英国ロンドンに滞在した経験から独自のコネクションを持ち、House MusicのDJとして都内各所のClubで多くのpartyに参加。12年に自身もフロントマンを務めるイベント「EUREKA!」が始動。青山Loopでの定期開催を経て13年にはUKからReel People / The Layaboutsを招きelevenにて開催。その後も、module、Zero、AIRと様々な会場に場所を移しながら、過去にJullian Gomes、Kyodai、Detroit Swindle、Atjazz、Lay-Farなど気鋭のアーティストの来日を手がけた。これまでイギリス、オランダ、スェーデン、韓国などでのDJ経験もあり、活動の場を世界へと広げ、2013年にはRasmus Faberの2ndアルバム「WE LAUGH WE DANCE WE CRY」にも収録されている「Rasmus Faber feat. Kirsty Hawkshaw / Clear Rain」をRemix。また、ラジオDJとして自主制作ラジオ「green groove」のパーソナリティも行っている。そして15年にはEUREKA!もレーベルとし始動し、第一弾にスウェーデンの新興レーベル「Local Talk」とコラボレーションし共自身が選曲、ミックスを務めた「Local Talk VS EUREKA! - Our Quality House」や、第2弾にはロシアのアーティストLay-Farのアルバム「How I Communicate」など日本限定盤のCDリリースを手がける。2016年にはWOMBでもEUREKA!を開催するなどレーベルとイベントの両軸での活躍も期待である。



■BRISA

これまで日本、イギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリアなど各国より楽曲をリリース。それらはJazzanova、Danny Krivit、Joe Claussell、DJ Yellow、Tom Middleton、Gilles Peterson、Leftoなどのプレイリストにラインナップされた。デビューアルバム'Elevation Perception'では、Monday Michiru、Paul Randolph他豪華ゲストを迎えGeneon Entertainmentよりメジャーデビュー。2012年日本最大級のJazz/Crossoverフェス「Tokyo Crossover/Jazz Festival」に出演。2013年にはJazzy Sport、Reverse、Best Of Recordsなどよりリリース。プロモの段階からLefto、Simbad、Kev Beadle、Kyoto Jazz Massive、Toshio Matsuura、cosmopolyphonic、block.fm等々、多方面よりサポートを得る。2014年5月にBandcampよりリリースした Rollin' / GIMMELUV は、すぐさまGilles PetersonにピックアップされBBC Radio6にて連続オンエア。続くシングル"Perfect World / Speak To Me"もLefto、Eddy Ramich、Mad Mats、Lay-Far等多くのサポートを得た。新作"The Bell"も既にGilles Petersonがサポート中。2015年10月にRambling Recordsが保有するカタログ音源を使用したキャリア初となるDJ MIX "EVOKE 01"デジタルリリース。現在は福岡を拠点とし、レギュラーパーティ"NXTDOOR(東京)"、"Rollin'(福岡)'"他各地よりDJ招聘され、またラジオプログラムでの選曲、商業施設へのサウンドプロデュース、CM音楽、アレンジなども手がけ、多分野にわたる活動をみせている。エッジと音楽的深度を共存させ点と点を紡ぐフリーフォームなDJスタイルは国内外からの評価も高い。