EVENTS
< >

Terminus. with DJ Nobu & Mod21

実券をお買い求めの方はこちらからご購入頂けます。

星と砂漠が織りなす異世界

Contactに満を持して帰還する今回のTerminus.第3弾。「砂漠」というテーマを冠したStudioフロアでは、イタリアの新鋭テクノアーティストManuele ChiaravallotiことMod21の初来日公演を実現する。PrologueやSemanticaといった重要レーベルからリリースしている作品は、Mike Parker、Silent Servant、Svreca等から既に大きなサポートを受けている。Manueleのトリッピーでディープなサウンドは、今後確実にテクノシーンで脚光を浴びることになるだろう。 またもう1人のゲストアクトとして、ローカルヒーローDJ Nobuを約1年振りに迎える。彼は今年9月、長年出演が待ち望まれていた世界最高峰のフェスティバルThe Labyrinthでデビューを果たしたばかり。Donato Dozzyのクロージングセットの前に、ブロークンビーツやレフトフィールドなアンビエントテクノを織り交ぜた強力なセットを披露した。国内で長年活動してきた彼は、ここ数年で Berghain / Panorama Bar(ベルリン)、Concrete(パリ)、Dekmantel Festival(アムステルダム)といったヨーロッパトップクラスのヴェニューやフェスティバルの常連となった。コンテンポラリーダンスミュージックの世界において、彼が自身の立ち位置を確実なものにしたことは間違いない。 そして両雄の出演する強烈な「砂漠のフロア」とのバランスを取るべく、もう一方のContactフロアでは、「星」というテーマの元、1990 年代のアンビエントを主軸とした空間を用意する。東京拠点のアンビエント/実験音楽家Ametsubをはじめ、The Labyrinth のレジデントHiyoshi、テイストメーカーChris SSGが出演。更にはSpectrum Spoolsからのリリースで知られるUSのエクスペリメンタリストMatthew MullaneことFabricがゲストとして登場し、ライブセットを披露する。また、キャンドル・インスタレーションやクッション、フリーサービスのシーシャも供され、サウンドとともに空間を創り上げる。多面的に演出された極上の癒しを楽しんでほしい。