EVENTS
< >

rural 2017

実券をお買い求めの方はこちらからご購入頂けます。

新たな音楽体験と大自然が共鳴するオープンエアパーティ「rural 2017」を7月15日(土)〜17日(月・祝)に開催決定!

今年は長野県 佐久高原 国定公園内の「内山牧場キャンプ場」にて会場を新たに開催いたします。
今年の会場「内山牧場キャンプ場」は切り立つ大怪岩が形造る名山「荒船山」を望む、実に風光明媚な牧草地。テントサイトに程近い芝のメインフロアからは、山々の大パノラマが見渡せます。都内(練馬IC)から車で2時間というアクセスの良さも大きな魅力です。

そして今年の新しい会場とともに、第1弾ラインナップも明らかに!

ドイツの代表的レーベルKompaktの共同創設者Wolfgang Voigtによるアンビエント・ミニマル・プロジェクト GAS。波打つ反復音が心地良い彼の作品は、コアな音楽ファンの間でカルト的な人気を誇り、もはや入手困難なものも多数。今回は新アルバムのリリースツアーを兼ね、本邦初となるライブセットを披露します。
そして、ベース/ダブと呼ばれる音楽の実験性を追究し続けるアーティスト ASC。彼が轟かせる大地を揺るがすほどの低音は、山奥の夜に相応しい不穏な音場を創り出すでしょう。
続いて、アメリカ・サンフランシスコを拠点に、新旧隠れた名作ダンストラックを縦横無尽に操るベテランDJ、Solarが再び出演決定。
ベルリンを拠点に暗躍する孤高のベースプロデューサー Felix K。彼もまたrural 2016での初来日時に懐の広さを魅せ、再来を望む声に応えての登場となります。今回はDJセットに加え、新作アルバムにちなむアンビエントのライブセットも予定しています。
国内勢からは、プレイの度に違った一期一会のドラマを聴かせてくれる DJ NOBU。アナーキーかつ独自の世界観に定評のある ENA。海外シーンでも着実に浸透し、進化し続けるパフォーマンスに期待が膨らみます。

夏の始まりは、山頂で踊る。7月、海の日の週末。梅雨の間待ち焦がれた青空のもと、緑増す山並みを眼前に、良質な音楽を体いっぱい受ける —— これほど贅沢な夏の迎え方が他にあるでしょうか?

今後も、電子音楽の最前線アーティストを発表予定です。ぜひご期待ください!

■オフィシャルサイト
http://www.rural-jp.com

料 金:
前売チケット(15,000円)
※4月下旬オフィシャルサイト&各プレイガイドにて販売予定
http://www.rural-jp.com/tickets/

当日チケット(17,000円)
※前売が規定枚数に達した場合、当日券の販売はございません。

前夜祭チケット(2,000円)
※当日エントランスにてお支払いください。
※前夜祭のみでのご入場はお断りさせていただきます。

駐車場チケット(2,000円)
※当日駐車場に入庫される際、エントランスにてお支払いください。
※車の出し入れは可能ですが、その都度料金が発生いたします。

オートキャンプチケット(9,000円)
※1台のご利用につき、当日エントランスにてお支払いください。
※7月15日(土)〜17日(月・祝)まで2泊3日通しの料金となります。

大浴場利用料 (大人600円・子ども300円)
※上記は各種電子マネーでお支払いいただいた場合の料金です。現金の場合、大人1000円/回、子ども500円/回になります。当日、施設入口の受付にてお支払いください。
※バスタオル、シャンプー、リンスなどのアメニティ類は一切ございませんので、ご持参くださいますようお願いいたします。
※混雑時には入場を制限させていただく可能性がございます。並んでお待ちいただく可能性もございますので、予めご了承ください。
※キャンプ場には、コイン式の簡易シャワーもございます。


備 考:
入場チケットはキャンプ場使用料を含みます。
前夜祭、駐車場、オートキャンプは別途料金が必要です。
温泉付きホテルの宿泊予約は4月下旬から受付を開始予定です。
東京往復バスツアーについては4月下旬から受付を開始予定です。


ruralとは?
音楽ファンの間で急激に支持を集めているオープンエアパーティです。卓越した審美眼により国内外から集められた「今、最も尖ったラインナップ」と、その場にいる者の感性を最大限に増幅させてくれる大自然、集う人の温かさ、そしてピースフルな空気の中に確かに感じられる爆発力。そのポテンシャルの高さは、世界的に信頼されるダンスミュージックメディア「Resident Advisor」による”Top 10 July Festivals”で2年連続選出されている事実に表れているでしょう。

■問い合わせ先
rural.jp@gmail.com