EVENTS
< >

Tribe -LAURENT GARNIER 2018-

実券をお買い求めの方はこちらからご購入頂けます。

『テクノ界の生ける伝説が古巣に帰還!』

前回の来日から約2年、Yellow時代から縁の深いLaurent GarnierがContactへ帰って来る。DJ・プロデューサーとして90年代にテクノシーンを牽引した彼は、デトロイトの先駆者たちの精神を深く理解し、音楽に対する果てなき情熱を胸に現在も最前線を走り続けている。約30年にわたるキャリアをつうじて数々のプロジェクトに携わっていながら、その創造性は衰えずことを知らず、近年においてもMCDE、Hypercolour、Still Music、50Weapnsといった新世代のハウス・テクノを代表するレーベルからリリースを重ね、昨年には、Kompaktから最新作「Tribute EP」を発表している。
真の先駆者として練熟のプレイに期待のかかるGarnierに加え、Studio Xには日本が誇る才能のひとりGonnoが出演! Endless Flight、Ostgut Ton、Beats In Spaceといった錚々たるレーベルからヒットを記録しているGonnoの躍進の背景には、彼のトラック「Acidise #2」をヘヴィプレイしたGarnierのサポートがあったというだけに、今回の共演に胸が高鳴る!
さらにGarnierに縁のある出演者として、パリのレーベルEd Bangerの首謀者Busy PがContactフロアへ登場。過去にGarnierのほか、Justice、Sebastian、Cassiusらを手掛けてきたBusy Pが、予測できないワイルドなパーティサウンドでこの夜を熱く盛り上げる!