EVENTS
< >

CHAOS

チケットをお買い求めの方はこちらからご購入頂けます。

『ハウスとテクノをPerlonize! ダンスミュージックの新領域』

Fumiya TanakaのホームパーティCHAOSに盟友ZIPが登場!ZIPことThomas Franzmannは絶大な評価を獲得する独レーベル”Perlon”を主宰。Dimbiman名義の制作をつうじて、90年代以降の革新的なミニマルハウス/テクノを定義づけてきた、シーンきっての最重要人物だ。博識なリスナーさえ舌を巻く正体不明のトラックを駆使したDJセットは、体験した人すべてを感服させる強度と魅力にあふれ、世界中で称賛を持って受け止められている。

一方、既成概念にとらわれない果敢な選曲でダンスミュージックの可能性を拡張しているのが、Fumiya Tanakaだ。そのスタイルは、幅広いサウンドを取り込んできた”Perlon”の独自性と重なり合う。ベルリンへ活動拠点を移す以前から、日本のミニマルシーンを先導してきた彼の活動は、Franzmannの動向と軌を一にするものだ。主宰するレーベル”Sundance”は、ソロ作品に加え、Ricardo VillalobosやRadiqらとのコラボレーションを発表するなど、Fumiya Tanakaの音楽探求をうかがい知る格好の機会を提供している。

長期にわたって有機的な関係を構築し続けているFumiya TanakaとThomas Franzmannのふたりは、日本のみならず、ヨーロッパでも定期的に共演しながら、ハウスとテクノの新たな可能性を一貫して提示している。今回のCHAOSでも、新たな音楽領域から珠玉のダンスミュージックを生み出すふたりの最新形が体験できるに違いない。

そして、ContactフロアをジャックするのはTime out cafe & dinerやSaloonにて開催されてきた”multiple”。京都の新進気鋭Toshiki×Torei、YELLOWUHURU、IGAXX、CICAらによるLANQUIDITY、東京拠点のテクノホープTatsuokiとSAKUMAによるハウスセット、そしてレジデントのmultiple exposureら、”ハウス”をキーワードにあちらからこちらまでを行き来する4組が一同に会し、それぞれのB2Bを披露する。