EVENTS
< >

GRAY ZONE

Somewhere in Tokyoがお贈りする20名限定のエクスクルーシブパーティー"GRAY ZONE"。
ジャンルという垣根を超え、琴線を震わす音を紡ぐマエストロとして日本のみならず、世界中から支持を集めるCOMPUMAとCHIDAをお迎えします。

-----

■GRAY ZONE

Somewhere in Tokyo Presents
20 People Limited Party

2019.4.27 Saturday
Open 16:00, Start 17:00 - 21:00

Advance Ticket Only 2,000Yen

■DJs

COMPUMA
CHIDA

■COMPUMA

ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組での活動を経て、 DJとしては、国内外の数多くのアーティストDJ達との共演やサポートを経ながら、日本全国の個性溢れるさまざまな場所で日々フレッシュでユニークなジャンルを横断したイマジナリーな音楽世界を探求している。悪魔の沼クルーの一員としての活動含めてDJミックスを中心にオリジナル、リミックスなど意欲作も多数。一方で、長年にわたるレコードCDバイヤーとして培った経験から、ショップBGM、ギャラリー、フェス、ショーの選曲等、音と音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動している。Berlin Atonal 2017、Meakusma Festival 2018への出演、ヨーロッパ・ラジオ局へのミックス提供など、近年は国内外でも精力的に活動の幅を広げている。

http://compuma.blogspot.com/

■CHIDA

仙台出身。東京在住のDJ/アナログ・レーベル"Ene"主宰。1993年頃より都内クラブ/アンダーグラウンドシーンにてDJ/PARTY活動を続けると共に、レコード会社やプロダクションにて国内外の様々な音楽/仕事に携わり、国内外のシーンの音と人の懸け橋的存在となる。2009年には自身のインディペンデント・レーベル"Ene"を始動。12"アナログのリリースを軸に、自身や国内外の近しいアーティスト達の作品を世に放ち続けている。2011年頃からはマイペースながら自身のプロダクションにも力を注いでおり、国内外の様々なレーベルよりオリジナル/リミックス作をリリース。ダンスフロアからの高評価を得ている。近年はヨーロッパを中心に海外でのギグも活発に行っており、これまでに世界50都市以上のクラブやフェスティバルでプレイ。特に聖地Berghain/Panorama Barでは2016年春以来、年に2度出演し続けており、同じくベルリン名物36時間マラソンパーティーCockTail d'Amoreでは2013年の初出場以来、日曜夜から月曜までのクローサーを幾度となく担当。今は亡き青山LOOPで2003年に始めたアフターアワーズパーティーDANCAHOLICでのロングセットは今でもコアファンの間で語り継がれているが、青山Zeroにて2017年春より不定期開催で復活。TIAGO、JONATHAN KUSUMA、HUGO CAPABLANCA、PLO Man、Powder, 5iveを招く他、12時間越えのロングセットを不定期で敢行。ハウス・ミュージックを軸にディスコ、ガラージ、ロフトクラシックスから、テクノ、アンビエントまでの音楽を自在に操るスタイルで、世界中の様々なフロアをロックし続けている。

https://soundcloud.com/chida73
https://soundcloud.com/enetokyo
https://instagram.com/chida73

■Attention

・ご購入いただいたチケットのキャンセルはできません。
・飲食物の持ち込みはご遠慮いただいております。
・再入場はできませんのでご了承ください。
・ご入場時に顔写真付き身分証明書とインビテーションメールを確認いたします。

・You can not cancel your purchased admission ticket.
・Bringing in food and drinks is prohibited.
・Re-entry is not possible.
・We will check your photo ID and invitation email.

■Buy a ticket

https://store.somewhereintokyo.com/items/18694451

■More Infometion

http://www.somewhereintokyo.com/