EVENTS
< >

Time Capsule Tokyo

Time Capsuleは、ロンドンを拠点に置く再発にフォーカスするレーベル。東ロンドンで長年続くパーティ、Beauty & The Beat と、同じ地域にある英国版ジャズ喫茶のbrilliant corners に集う個性豊かなレコード・コレクター、オーディオ・マニア、音楽歴史家達がキュレーションを行い、ロンドン在住日本人音楽家、Kay Suzukiのプロデュースのもと、現在アナログ盤が入手困難な世界中の音楽に解説を加え紹介するレーベルとして、2018年より発足。

 イタリア電子音楽のパイオニア、イル・グアディアノ・デル・ファロによる1979年アルバム『Oasis』。日本のフュージョン・ギタリスト、鳥山雄司による80年代前半の実験的なインスト楽曲を集めたコンピレーション『Choice Works 1982-1985』。大御所Bill Laswellが手掛けたエチオピア人シンガー、Gigiのデビュー作をラズウェル氏自ら2003年にダブ・リミックスしたアルバム『Illuminated Audio』の初アナログ化。そしてアカデミー賞にもノミネートされた南インド古典音楽声楽家ボンベイ・S・ジャヤシュリによるスピリチュアル・カルナータカ音楽アルバム『聴覚(Shravanam)』と、国境とジャンルを超越した”時間芸術”の再発盤のリリースを続ける。2019年2月には同名のオンライン中古レコード店もオープン。

 今回の東京でのパーティでは、このショップのキュレーターを務める凄腕掘師のPol Vallsが来日。バルセルロナ出身ロンドン在住の彼は生粋のディガーとして長年に渡りヨーロッパ中の名だたるレコード・ディーラー達との交流を深め、その類稀なる嗅覚と知識から各方面から厚い信頼を得る。近年は Beauty & The Beat や、brilliant corners でのプレイが話題になり、地元でカルトな人気を誇るDJとなる。昨年はDonna Leakeの来日ツアーにも同行し、唯一プレイしたBonoboで開催されたLone Starのパーティでも大盛況で迎えられた。

国内からは同レーベルのコーディネーターとキュレーターも務め、その他数々の海外レーベルと日本の音楽シーンを繋いできたKen Hidakaが昨年のlaunchイベントに引き続き参加する他、Pol Vallsも尊敬する国内屈指のディーラーでOrganic Music主宰のChee Shimizuと、近年国内外で話題のHamon Radioを運営するmaaの二人も参加。