EVENTS
< >

Live Streaming-SOI48 VOL.45 南大阪『昔、近藤組 今、宝龍会』SPECIAL

 大阪南部は泉州エリア。岸和田のだんじり祭りで有名なこの地に息づくダンスミュージックがある。一つは泉州音頭。滋賀県に発生した江州音頭の系譜を受け継ぐ「語り物」形式の盆踊り口説き。夏になると泉州エリアにはこの泉州音頭で盆踊りを催す櫓が多数立ち並び、その櫓で音頭を取り仕切る音頭取りを擁する泉州音頭の会は30団体を超えるという。

 そんな音頭ひしめく泉州エリアの中にあって、古くは「花沢節」とも呼ばれたこの盆踊りを、ルーツに根ざしたスタイルで今に継承するのが宝龍会だ。オリジンである花沢会を脱退した玉若が設立した白龍会の流れを汲み、弘若によって設立。自らを「絶滅危惧種」と呼ぶオールドスクールな音頭で地元の櫓を盛り上げている宝龍会だが、今回のSoi48パーティーではエレキギターや三味線を排した「太鼓と音頭取りの唄だけ」のセットで登場!

 さらにもう一つ、泉州にはレゲエタウンという顔がある。青年団などの祭りのお兄ちゃん、地元のラガな先輩たち。泉州の若者は彼らの背中を見て泉州サウンドに染まっていく。その泉州レゲエの最初期、いや日本のサウンドシステム最初期に誕生したクルーが「近藤組」だ。大阪南部は貝塚市の同じ小学校に通う同級生とその一個下、二個下の友達同士数人によって結成された近藤組。DEEJAYを担当していたのがまだ中高生だったBOOGIE MANである。その後BOOGIE MANは「オリジナル・ナニワ・イントネーション」を操る唯一無二の存在として"パチンコ・マン"など数々のヒットを放ち、日本を代表するDEEJAYとして活躍することになる。

 そして何と元「近藤組」のメンバーが、泉州音頭の宝龍会に3人在籍しているという!ルーツ・コンシャスな宝龍会と、「大阪」をテーマとした深いリリシズムを持つBOOGIE MANは、かつて伝説的なレゲエクルー「近藤組」でシノギを削った盟友同士だったのだ。大阪南部、泉州エリアに根付き、愛されてきた「泉州音頭」と「レゲエ」という2つのダンスミュージックがSoi48パーティーで邂逅を果たす!

 タイからはイサーン・レゲエのパイオニア、MONKEYKING420が登場だ。イサーン文化を誇りに、イサーン語でラップ、ラガした彼の言葉は地方に住む若者を勇気づけUDT BOYS、1MILLなど多くのラッパーに影響を与えている。今回は盟友コラートのDubdah Sound System、コンケーンのSpace Echoと共にイサーンから配信予定。

 さらにDJ紫式部もまた、大阪南部は堺市出身。若手DJとして大阪の夜をロックする現場感溢れるプレイが持ち味だが、幼い頃からアニソンと共にFunkotを聴いて育ったという新世代のADMニューカマーとしても類稀な存在感を示す。tiktokで日々アップされている、彼女が主宰する「DJ文化活動委員会」によるEDMチューンは、タイのサイヨーと同じ現場発信のダンスミュージックの快楽に溢れているので要チェックだ。

 今回地元で活躍するAscalypso、Jap KasaiもSoi48パーティー初登場!Young-G、MMM、Soi48のOMKクルーによるアジア全開のDJも見逃せない。配信はスタジオ石。日本、アジアの音楽の素晴らしさが体験できる最高な一夜になるはずだ。

 今回有観客のチケットを(https://soi48.theshop.jp)限定販売。会場に来れない方はSoi48×俚謡山脈のエクスクルーシブ・ミックスCD付き配信チケット、画面の中の出演者と繋がれる乾杯プランで応援お願いします。シャンパン、吉祥寺のにほん酒やさんがセレクトしてくれた大阪の日本酒を準備中。観るだけではなく、自宅でのパーティーの様子をSNS(#Soi48LS)で投稿してパーティーに参加してください!現場で、ネットでチョッケツ!