EVENTS
< >

Trilogies -DJ Nobu- episode 2

『ダンスミュージックの理想郷の幻影』

DJ Nobuが2022年最初のTrilogiesに登場だ。
毎月3週にわたり開催されるレジデント・シリーズ Trilogiesは昨年10月のスタートから、石野卓球、Licaxxx、GOTH-TRADといったワンアンドオンリーによる予想を超えた共演や、ロングセットによる特質の追求など様々な表情でリスナーに高い満足度を提供してきた。
DJ Nobuはパンデミック以前、国内の大型フェスのほか、ヨーロッパを中心に、クラブミュージック先進国からのブッキングを主な活動としてきた。Berghainのアニバーサリーへの招致や、Sónar Festival、Dekmantel Festivalといったエレクトロニックミュージックの博覧会ともいえる重要なフェスティバルのヘッドラインに名を並べるまでの世界的な評価は、DJ Nobuの音楽を体験したファンであれば至極当然と感じるかもしれない。2016年、Contactがオープンしたその日を飾ったのもFunctionとDJ Nobuとの共演で、それからも、優れた海外アーティストとのマッチングで、数々の記憶に残る夜を演出してきた。
卓越した音楽科学と強烈なスピリットによって作られるコンテンポラリーかつ非現実的な空間は、オーディエンスのイマジネーションの発展を想定の外へと大きく飛躍させる。テクノリスナーの快楽の極値、モダンな豪傑DJ Nobuの無限のサイケデリアがTrilogiesに待望の登場だ。

第2夜の共演は、BOREDOMSの∈Y∋とともに伝説のパーティeepのオーガナイズや、語り継がれるレジェンダリーパーティFLOWER OF LIFEへの出演、大阪のクラブ、聖地MACAOのクロージングパーティのトリを務めるなど、拠点の大阪はもちろん全国のパーティフリークスに、カルト的な人気を博すYAMAの登壇が決まった。Future Terrorを始め、CDリリース時のコメントの提供などDJ Nobuとは度々活動を共にしている。DJ Nobuとともにハウスセットでの共演というまたとない今回の機会は、紛れもなく何かが起こる儀式的なまでの危険で甘美な予感をほのめかしている。そのカルティックなフロアメイクはもう一方のフロアでも徹底されており、Contactに久しぶりの登場となる悪魔の沼や、AKIRAM ENによる、知覚とダンスの活性を誘う深いリスニング・デバイス。AI.UとEMARLE、双方の高い音楽性が深層で交わるDJユニット0120、そして、ビートや展開に対して他とは全く異なるイマジネーションを持つToreiなど、高い次元でのエクレクティックなサウンドの交錯が、アヴァンギャルドな情景を描く。
Trilogies DJ Nobu episode 2はシリーズで最も現実から離れ、ダンスミュージック・ファンの理想に最も近づく可能性を秘めている。

Open 10PM
¥1000 Under 23
¥1000 Before 11PM
¥1500 GH G Members
¥2000 Advance
¥2000 GH S Members
¥2500 FB Discount
¥2500 GH Members
¥3000 Door
¥4000 3Day Pass Ticket