EVENTS
< >

Trilogies -DJ Nobu- episode 3

『DJ Nobuによる音楽の歓喜の解放』

DJ Nobuが2022年最初のTrilogiesに登場だ。
毎月3週にわたり開催されるレジデント・シリーズ Trilogiesは昨年10月のスタートから、石野卓球、Licaxxx、GOTH-TRADといったワンアンドオンリーによる予想を超えた共演や、ロングセットによる特質の追求など様々な表情でリスナーに高い満足度を提供してきた。
DJ Nobuはパンデミック以前、国内の大型フェスのほか、ヨーロッパを中心に、クラブミュージック先進国からのブッキングを主な活動としてきた。Berghainのアニバーサリーへの招致や、Sónar Festival、Dekmantel Festivalといったエレクトロニックミュージックの博覧会ともいえる重要なフェスティバルのヘッドラインに名を並べるまでの世界的な評価は、DJ Nobuの音楽を体験したファンであれば至極当然と感じるかもしれない。2016年、Contactがオープンしたその日を飾ったのもFunktionとDJ Nobuとの共演で、それからも、優れた海外アーティストとのマッチングで、数々の記憶に残る夜を演出してきた。
卓越した音楽科学と強烈なスピリットによって作られるコンテンポラリーかつ非現実的な空間は、オーディエンスのイマジネーションの発展を想定の外へと大きく飛躍させる。テクノリスナーの快楽の極値、モダンな豪傑DJ Nobuの無限のサイケデリアがTrilogiesに待望の登場だ。

シリーズ最終章、ワンフロア、ツーマンでは初となるCYK Kotsuとの共演は音楽の快楽を余すことなく味わう祝宴になりそうだ。2020年、拠点を京都に移してからもその活躍は全国に響いており、昨年末までに国内14都市からの招致を受けている。本来主体としていたハウスを概念として膨らませながらオーディエンスのハートに確実にヒットさせる卓越したスキルと発想は、DJ Nobuとのどのような化学反応を起こすか期待を抱かざるをえない。
Contactフロアには、スペシャリストKabutoを筆頭に繰り広げられる、国内テクノ/ハウスの、進化形でシーンの現到達点とも呼べるフロアデザインが施された。自身のパーティのREMEDYの卓越したキュレーションや、トラックのクオリティの高さ、DJでのイマジネーションの飛躍など層の厚い世代の中でも際立つk_yamがラインナップ。discopantsのハウスとエレクトロニクスの刺激的なクロスオーバーや、Akieのオルタナティブなハウスサウンドも、大阪の聖地newtone recordsの出身を感じさせる情感とエレクトロニクスの複層的な交わりをみせる。人の熱をもったファンクネスやUKマナーを独自のイメージで鳴らしてきたオリジナリティが、ダンスミュージックのハードリスナーをもノンストップで踊らせうるエレクトロニック・ジャーニーを展開させる。
Trilogies DJ Nobu 最終章は、episode 1, 2とはさらに違う面でのDJ Nobuの解放を味わう、音楽桃源郷で幕を閉じる。

Open 10PM
¥1000 Under 23
¥1000 Before 11PM
¥1500 GH G Members
¥2000 Advance
¥2000 GH S Members
¥2500 FB Discount
¥2500 GH Members
¥3000 Door
¥4000 3Day Pass Ticket