EVENTS
< >

sHOWs

『ヒップホップシーン 4つの到達点のクロスポイント』

ILL-BOSSTINOが初めてdj hondaのスタジオを訪れた際に、突然始まった収録で生まれた「GREED EGO」、その一曲を皮切りに完成した全16曲のジョイント・フルアルバム「KINGS CROSS」は、“鳴りが別格”とILL-BOSSTINOが話すように、表層の奥に広がるサウンドと、それに正面から対峙するラップによる、タイトル通り到達者が交錯するマスターピースを生み出した。「俺もこのままヒップホップを追いかけていったら、hondaさんのような領域に行けるのかもって。それが超楽しみになってきた」そう語るヒップホップシーンのトップと、ビートマエストロdj hondaのコンビネーション・ライヴがContactで初公開となる。
先述のアルバムからおよそ半年後、シーンに衝撃を与えるもうひとつの頂点の交差が起こる。DJ KRUSHのソロ活動30周年となるこの年、志人、ralph、JUMADIBAといった名手を客演に招いた12インチ「道 -STORY-」が世に放たれたのだ。今回共演する志人との「云/鬼 呼 生 -たま よび いく- feat. 志人」はこの作品群の中でも、大きなトピックとなる一曲なのは間違いない。DJ KRUSHの巨大な古木を思わせるビーツエクスペリメントに、自らの命を刻み込む版画家のように削り込まれるラップ、孤高による真摯な音楽交換は、聴くものの魂を震わせる途方もない楽曲を生み出した。
先述した二つの作品をまずは聴いてほしい。目の前でくり広げられることへの期待は計り知れなくなるはずだ。自己を研ぎ、磨き続けてきた4人の孤高が、閉館目前のContactのStudio Xで交わる。記憶、そして記録として残る、最高のひと時を約束しよう。

Open 6PM - Close 11PM ※未成年入場可
¥4300 (+1D ¥ 700) Advance *400枚限定
¥5300 (+1D ¥ 700) Door