INTERVIEWS
< >

KARIZMA

Yes!!!!マイ・セカンドホーム・ジャパン! アルバム「a mind of its own」の反響がすごく良くて、とにかく!!忙しくなったよ。リミックスの依頼や、DJツアーで常にアクティブに動いている感じだね。大変なことも多いけど、アーティストとして生きていく上で様々なオプションが使えるようになった。良い環境にいると思うよ。 とてもうれしいことだね!日本でのサクセスっていうのはダンスミュージック・シーンにおいてとても重要なことだと思っているよ。日本人は耳が肥えているし、本物を追求する事ができる数少ない人種だと思う。自分の音楽はハートから溢れる音を形にしているから、それが認められるっていうのはとても光栄なことだね。 僕は常にオリジナリティーを追及してきた。そして技術を得るために必要なプラクティスを怠らない。ヒップホップのバトルDJなんかは、ターンテーブルを目の前にして自分の技を考えるだろ?「みんなを驚かせるには何をするべきか?」って。その感覚に自分のDJは近いかな。CDJを楽器のように扱うスタイルは、機材のスペックを100%引き出すために編み出した結果なんだ。でもトリックはあくまでも道具であり、「フロアで踊る人たちに、いかにグルーブを感じてもらえるか…」それを一番に考えているよ。 常に進化していくことは心掛けている。でもそれが何かは実際にフロアで体感してもらいたいね。聞いたことのないデモや、リエディットもたくさんあるので、おたのしみに。 ベストなプレイをするので、楽しみにしていてくれ! 交流のある人たちに会うこと、ファンに会うこと、こればっかりはCDやレコードのリリースを通してできないからね。あとは日本食と、ショッピングかな。 会えるのを楽しみにしているよ!一緒に踊って、一緒に一晩楽しもう!LOVE YOU GUYS ALL!