INTERVIEWS
< >

Tiefschwarz

前のアルバムからは5年経っているからね。かなり音楽的にも成長したと思うよ。だから「RA: L 9005」や「EA: T BOOKS」と「 CHOCOLA: TE」はまったく比べることができないよ。やっと僕らが本当に目指す音楽に近づいてきたって感じだよ。このアルバムにはとても感慨の深いものを感じるんだ。このアルバムには本当にTiefschwarzが100個分詰まっている感じだよ。 インストトラックとボーカルトラックとのミクスチャーを作りたかったんだ。プロデュースの過程で自然にこうなってしまっただけで、最初からボーカル色の強い作品を作ろうと思っていたわけではないよ。 ありがとう。Chocolateは精神にとってもとっても大事な栄養素なんだ。世の中では健康に悪い食品でまかりとおっているけれどもね! Philippと一緒に制作するようになってから、僕らのレーベル"Souvenir"はとってもいい方向に向かっていったんだ。だから、ライブにも取り入れた。彼のおかげで初めて自分たちの作品を自分たちのレーベルからリリースすることに決めたんだ。ベルリンでリリースパーティーがあって、ライブを披露予定で、ものすごく楽しみだよ。Bastiがドラムで、僕とPhilippがコンピューター、コントローラー、キーボードとか。"Flora + Fauna"っていうビデオアーティストと一緒にビジュアル面でのパフォーマンスも行うよ。 そうだね。ものすごく忙しいよ。1月なんか休日が1日もないくらい忙しかった。すごくすてきなチームのサポートをうけているよ。Lillyがすごくいい仕事をしてくれているし、彼女やほかのスタッフなしではこのアルバムはリリースできなかったよ。 Bon Iver、Grizzly Bear、Arthur Russel、Reboot、あとはラジオ番組のDeutschland Radio Kulturかな。 ポップだとか、ハウスだとか、作る対象はあまり気にしてないよ。でもリミックスするのはすごく好きなんだ。最近ではイギリスのバンドHurts「Better Than Love」のリミックスを手がけているよ。イギリスからある日突然メールがきたんだ。「とくに悪い知らせでもないので、怖がらないでほしい。あるスーパースターのリミックスをしてほしいんだ」って(笑)。この次はAudionの楽曲を手がける予定だよ。 Bjorkなんかの作品は手がけたいね。でもほかにも名前をあげたら1000以上になるから、ここで全部の名前を挙げるのはやめておくよ。 むずかしいね……。Robert Johnson、サウンパウロのD-Edge、東京のWOMB、イビサのCocoonとかかな。でもとくに京都の1600以上のお寺はかなり印象深かったよ。