INTERVIEWS

EMOK

Iboga Recordsの新プロジェクトとして立ち上げた「BEST OF MY SETS」シリーズは、"Iboga Records"に所属しているDJ、アーティストをフィーチャーしたコンピレーションアルバムなんだ。1年に4シリーズぐらいリリースする予定でいるよ。アルバムの音楽的なコンセプトは、コンパイルを担当するアーティストによって異なるから一概にはいえないかな。コンパイラーのカラーが前面に出てくることが大切だから、収録曲のセレクトには一切の縛りをなくしてるんだ。だから収録曲はコンパイラーのリリース前のアルバムから未発表曲をセレクトしてもいいし、IBOGA以外の他のレーベルからライセンスしてもOK。また代表曲や名曲は古くても入れることによって、よりカラーが明確になるならありだと思っているよ。あとこのシリーズはデジタル配信限定プロジェクトにしたんだ。BeatportやiTunes、Trackitdown、DJDownloadなどのオンラインショップなら、どの国のどんな地域でも購入できるからね。 1作目の収録アーティストはみんなグレイトさ。この半年の僕のDJセットはこのコンピレーションの収録曲を中心に組み立ててきたからね。どの曲もフロア受けがいいからとても重宝しているよ(笑)。その中でもとくにプレイすることが多いのはTICONとWEEKEND HEROES、そしてAURICULARかな。TICONはIBOGAに移籍したあとに曲のテイストが変わって、それが僕の好みにぴったりなんだ。WEEKEND HEROESとAURICULARは久々にシーンをにぎわせている新人アーティストだから、どんどん紹介していきたい。どの楽曲もアーティストが持つ個性がしっかりと反映されていて、オンリーワンな空間が作れる音楽なんだ。つまらない音楽ばかりの今のシーンの中で、それってとても大切なことだと思わないかい? 世界中のレーベルやアーティストから毎月何百という新譜が僕の手元に届くけど、その中で「お!」っと思う曲はプログレッシブハウスが多いね。しかもテクノ要素が入ったニュースタイルのプログレッシブサウンドなんだよ。つまり少し前に世界中で隆盛を誇ったテクノムーブメントが終わって、プログレッシブサウンドに次なる可能性を感じているアーティストが多いんだろうね。トランスシーンのトレンドも確実にプログレッシブに進んでいるよ。そしてこのプログレッシブハウス、テクノ、トランスというジャンルは"Iboga Records"が設立当時(1997年)からレーベルサウンドとして世界に発信し続けた音楽。だから影響を受けたというよりは、僕らがやってきたことがようやく受け入れられて、メインストリームになってきたといったほうが正しいと思う。現在のIBOGA所属アーティストの中でいうと、まさにTICONやWEEKEND HEORESの音楽がそうだね。どの国でも彼らの曲をかけるとオーディエンスはクレージーになるよ(笑)。 正直にいうとこの1年ぐらいはDJツアーとレーベル業務に追われていて、スタジオワークができていないんだ。アイデアは山程あるからとてもやりたいんだけどね。だけど、時間がない中でも少しずつ進めているプロジェクトが少しあるんだ。「Phony Orphants」名義で、XV Kilist & Roccoのリミックスを制作中なんだけど、とてもいいできだよ。もう少しで完成すると思う。あとイスラエルのトランスアーティストのPIXELとATOMC PULSEと作った曲が、もう少しで完成するよ。どちらも128bpmのプログレッシブチューンなんだけど、自分でも驚くぐらいすばらしいトラックに仕上がっているよ。イメージできると思うけど、イスラエル人らしいとてもファットな曲だよ(笑)。レーベルリリースとしてはSun Control Speciesの曲がそろそろでき上がってくるころだね。 収録アーティストはLiquid Soul、Eitan Carmi、Banel、Antix、Ace Venturaが決まっているよ。アーティストからイメージできると思うけど、トランシーな内容になるだろうね。
PREV
Taisuke
Taisuke
NEXT
Skream
Skream