INTERVIEWS

DJ KYOKO × DJ YUMMY スペシャルインタビュー

2003年にキャリアをスタートさせて以来、自身の人気ミックスCDシリーズ『XXX』や、ワールドデビュー作品『Time’s Fool』などを含め、これまでリリースしてきた過去6タイトルの累計販売枚数が20,000枚を超えるほど絶大な人気を獲得しているフィメールアーティストDJ KYOKO。その彼女が、約4年ぶりにミックス作品『SPONGE』を12月14日(水)にリリース。それを記念し、同じフィーメールDJとしてキャリアを歩んできた盟友ともいうべきDJ YUMMYに聴き手役になってもらい、彼女との対談形式でインタビューを敢行した。

Text:Todo Teruie
Photo:Hideyuki Uchino

 

 



オフィシャルミックス制作は使える曲だけでプレイするパズルみたいなもの


YUMMY:まずはリリースおめでとうございます。久しぶりのリリースだね。4年ぶり? 何か変化はあった?

KYOKO:自覚してる変化はとくにないかな。常にリリースしたいなとは思っていたんだけど、気がついたらこんなに経っちゃってた感じ。今回、いいタイミングでお話をいただけたので、かたちにできて嬉しいです。

YUMMY:間が空いたことで大変だったこととかある? たとえば、テーマをどうするとか。

KYOKO:今までのミックスCDもそうだけど、何かテーマを設けて、いちから選曲するんじゃなくて、そのときにDJでかけてる曲のなかから選んでいくスタイルで作っていて。でも、オフィシャルのミックス制作ではライセンス取得に時間がかかるし、ライセンスが取れない曲もあるじゃない? 使える曲だけでやるパズルみたいなものだから、そのパズルが難しくもあり、大変というか…。やりがいはあるよね。

YUMMY:そこもDJのテクニックだもんね。現場のミックスとCDでは全然違うよね。

KYOKO:決められた制約のなかで、どうにか形にしていくっていうのがライセンスを取って作ったCDの良さかな。

YUMMY:大変だけど、楽しい経験だよね。

KYOKO:後はやっぱりいつもアートワークをやってくれているYOSHIROTTENやマスタリングのエンジニアさんとか、いろんな人の協力を経てかたちになってるっていうのも大きいですね。

 

 

 

YUMMY:そうだね。内容の話をしますと、まず冒頭のつかみからかっこよかった。現場では曲の頭からかけることってないしね。繋ぎに関しても繊細なんだけど、エッジが効いてて、スゴくKYOKOちゃんらしいなって思いました。何曲か気になって買った曲もあるんだよね。16曲目のPiper Davis, esette「The Rise (Giom Remix)」とか。

KYOKO:ありがとうございます。

YUMMY:それと、KYOKOちゃんしかかけてない曲が多いよね。

KYOKO:他の人と被ると嫌じゃない? ロックをメインでかけていた時、有名な曲じゃないと踊ってもらえないことが多かったから、それが嫌で同じ曲をかけることに抵抗があったんだよね。その影響じゃないかな。

YUMMY:最初にその体験があるからだろうね。かっこいいね。

KYOKO:改めて褒められると恥ずかしい!

YUMMY:お互いに長いもんね。初めて会ったときってまだレコードでDJしてたよね。

KYOKO:CDJに変わるときは苦労したよね。技術的にもそうだし、レコードのときはジャケット見て雰囲気で曲を覚えてる事が多かったから。

YUMMY:そうそう。私も最初は戸惑ったな。選曲する感覚が全然違うもんね。ミックスするのも慣れるまで時間かかったな。

KYOKO:私は、CDファイルのケースをパッと開いて、見開きで4枚が認識できる限界だったな。8枚は視覚情報として入ってこなくて。CDの盤面に「アゲ」とか絵とか書き込みして分かるようにしてたよ。

YUMMY:それに今は正確にBPMが出るけど、昔はそれすらも信用してなかったからね(笑)。

KYOKO:今のCDJってシンク(BEAT SYNC。自動でテンポを合わせる機能)で勝手に合っちゃうじゃない? あれがすごく苦手。シンクが搭載されたCDJが現場に初めてあった時、ちょうどYUMMYちゃんが先にDJしてて、その後の出番が私で。「このシンクってどうやって外すの?」、「私も分かんない!」ってなって、一瞬音が止まったことあったよね?

YUMMY:全然覚えてない(笑)。

KYOKO:(笑)。

 

 

 

 

YUMMY:話を元に戻しまして。タイトルの「SPONGE」の由来をお聞きしましょう。

KYOKO:いつも、作ってからタイトルを決めるんです。シリーズのサブタイトルは収録曲から取っていたし。今回は、タイトルで悩んでいた時に、家にあまり気に入ってない派手なオレンジ色のスポンジがあって、それでカレーの鍋を洗ってたんだよね。普段はスポンジにカレーの色が付くのがすごく嫌なんだけど、気に入ってないスポンジで洗ったらカレーの色が全然目立たなくて、急にそのスポンジが好きになったの。好きじゃなかった物が好きになる瞬間ってあるなと思って、スポンジをタイトルにしようと思った。ほかにも、吸収してアウトプットするとか、意味を後付けで考えると、我ながらなかなかいいタイトルになった気がする。

YUMMY:KYOKOちゃんがキッチンに立ってる姿って萌える人多いだろうね。

KYOKO:萌えるの? 私、今でも怖そうって言われるよ。

YUMMY:私も。難しい人だって思われてる。

KYOKO:それと最近、「DJは何歳までやるんですか?」って聞かれる。

YUMMY:そうそう、聞かれる。

KYOKO:自営業ですから。定年もありませんし。

YUMMY:私たち、まだまだ若手ですからね(一同笑)。


 

 

 

- Release Information -
タイトル:SPONGE
アーティスト:DJ KYOKO
リリース:2016年12月14日(水)
レーベル:P-VINE / Funkasia Entertainment Inc.

[トラックリスト]
1 Platinum Enterprise Theme(Original Mix)/The Prince Of Dance Music
2 State We In(Original Mix)/Kaytronik
3 Spaceslave(Pezzner Remix 1)/DJ Onionz
4 I Sin(Analog Version)/John & Matt
5 Barletta(Original Mix)/Yapacc, Ricky Erre Love
6 What Is It!(Oscar L Remix)/Elio Riso, NiLO.R
7 Whose Whasa(Original Mix)/Andrea Oliva
8 Muzic Was My First Love(Original Mix)/Click Click
9 Lefty's Bar(Brame & Hamo Remix)/Fouk
10 Come On Dance(Original Mix)/DJ Fudge
11 Dwarf Rebels(Original Mix)/Bee Lincoln, Jacob Phono
12 Bodythief(Original Mix)/Jamie Simpson
13 Too Long(Christian Nielsen Remix)/Romanthony
14 stilLOVE(Original Mix)/Huxley
15 Vitamins(Tiger Stripes Remix)/Audio Junkies, Haptic
16 The Rise(Giom Remix)/Piper Davis, esette
17 Can't Stop(Miami Horror Remix)/Moullinex
18 Magic(Chuck Love Network Rework)/Lisa Shaw, From P60
19 Rainbow Modulation(Original Mix)/Phunklife
20 CHALK(aka I love you but I'm crying rn) (Electric Treasure remix)/Manics

■リリースページ
http://www.clubberia.com/ja/music/releases/4811-SPONGE-DJ-KYOKO/


PREV
Hiroshi Watanabe
Hiroshi Watanabe
NEXT
DJ EMMA
DJ EMMA