MUSIC
< >

Lux

Alex Smoke
Lux

常に斬新な音楽をリリースしその度にファンを驚かせてくれるグラスゴー出身テクノ&エレクトロニカ個性派クリエーター、Alex Smoke (アレックス・スモーク)が、Somaから発売されたファースト『Incommunicado』2006年のセカンド『Paradolia』に続く約4年振りのサードアルバムを遂に完成!!自身が立ち上げたレーベルHUW+HAWからはデビューアルバムとなる本作は現在リッチー・ホーティンとIvan Smaggheによりヘビープレイされているシングル 「LUX+」を含む14曲収録。得意のメランコリックさが見え隠れするディープテクノに加えてサウンドデザイン、エレクトロニカ面での才能が披露されている作品だ。ディペッシュ・モードからスティーヴ・ライヒまで数々のリミックス作品をこなし、ベルリンのテクノレーベルVAKANTからも多くのリリースを発表、オーケストラのためにクラシック音楽をコンポーズしているアレックスの挑戦が見えかくれする。オウテカやブラック・ドッグ、エイフェックス・ツイン等のUKエレクトロニカサウンドの歴史を継承していくこと間違いない。セカンドのリリースから瞬く間にトッププロデューサーへの階段を駆け上がって来た気鋭のアーティストであり、代表曲『ChiccaWappa』や自身のヴォーカルを収録した『Don't See The Point』など、既存のジャンルのくくられることのない独創的な世界観を創り出している。収録曲『Nothing Changes』, 『Physic』、『Filla』『Blingkered』 『Paracelsus』『Lux+』は必聴。
音楽の先生である母親の影響により、幼少からトレーニングを続けてきたクラシック音楽をバックグラウンドに、Basic ChannelやModel 500といったテクノからシカゴハウス、ヒップホップにいたるまで多様なダンスミュージックを吸収してきたAlexのサウンドは、精巧さと大胆さが同居した独自のスタイルに仕上がっている。リミキサーとしてもオファーが絶えず、これまでにSteve Reich、Depeche Mode、Mylo、Funk D'Void、Jay Hazeといった多様なアーティストの作品のリミックスを手掛けている。先行"EP ofInfinite Affliction"(Hum+Haw)も必聴。

 

ダウンロード購入はこちらから

http://www.whatpeopleplay.com/albumdetails/null/id/20639