MUSIC
< >

DANCING IN THE NAKED CITY

KUNIYUKI TAKAHASHI
Buy
DANCING IN THE NAKED CITY

板橋文夫やヘンリク・シュワルツをフューチャーし、ジャズに傾倒した3rdアルバム「Walking in the naked city」から早1年、、。4枚目となるニューアルバムはデビューアルバム「we are together」以来、初のダンスフロアにフォーカスしたハウスアルバム「Dancing in the Naked City」! ヨーロッパの最新ハウスミュージックのエッセンスを取り入れたモダン・ディープハウス作品。

 

本アルバム中、「once again」は新たな2ヴァージョンが収録され、トラック1のミックスは、ヘンリク・シュワルツが絶賛している今回が初披露となるニューヴァージョン、そしてトラック9はティモ・マスのミックスCDに収録されたシングルがヨーロッパで大ヒットしたインストヴァージョンを初CD化。トラック2はファーストアルバム「we are together」に収録されているクニユキの初期を代表する名作「birds」を彷彿させるフルートの音色が印象的なディープハウストラックで多くの楽器を操りソフトウェアにも精通する彼のプロダクションの高さが聞いて取れる彼の真骨頂と言える作品。「walking in the naked city」の楽曲中、最もダンスオリエンティドだった「set me free」はDJコスモ等、多くのハウスDJがサポートしたアフロハウストラック。今回初披露されるヴァージョンは更にアップリフティングかつダークな側面をもったDJツールとなっている。ニュートラックのtrk5 「bamboo city」はルチアーノ等のチリアンミニマルをクニユキ流に昇華させたようなプリミティブなミニマルハウストラック。ジョシー・ハーロックをヴォーカリストに迎えた「storm」
は、原曲のメロディーを削ぎ落とし、初期のダニーテナグリアを彷彿させるアーリー90'sなハウストラックに仕上がっている。前アルバムに収録されているオリジナルヴァージョンは、あのメトロ・エリアのダーシャンがフェイバリットに挙げていたアフロコズミックなスローハウスをこちらもプリミティブなミニマルハウストラックへ、そして、ビヨークを連想させる幽玄的なヴォーカルが印象的だった「deliverance」はダビーかつアトモスフェリックなスローハウストラックへエディットされアルバムをドラマチックなエンディングへと誘っている。

現在、クニユキは、来年リリース予定のミニローグとの共作アルバム、別プロジェクト、コスのライブアルバムのレコーディング中、更にヨーロッパツアーを終えたばかりと、これまで以上に世界的な活動を精力的に行っている。

 

初回プレス分のみこれまでのアートワークも自身で全て手掛けたクニユキが撮り下ろした写真を収録した16ページの豪華ブックレット仕様。

 

Distributed By Ultra-Vybe,Inc.