MUSIC
< >

COLORS

SATOSHI FUMI
COLORS

「Deep Tech House」をキーワードに、海外では、Mood Music、Plastic City、Klik Records等、国内では、STUDIO APARTMENT、HIDEO KOBAYASHI率いるAPT INTERNATIONAL、ディープ・ハウス~テクノにおける世界のトップレーベルからリリースを重ねるSATOSHI FUMIの2ndアルバム「COLORS」が登場。
ロマンティックかつ神聖なプロデュース力を遺憾なく発揮した総大作。美しくカラフルな旋律と大胆なビートが織り成すマチエール。その詩的で叙情溢れる壮大なシンフォニーは、「FOUNTAIN MUSICの導く21世紀の音楽の未来」をエレクトロニックミュージックとして、ハイソサエティーな感性で映し出す。完成度の高い作品群が、圧倒的な影響力を放つ、SATOSHI FUMIの新たなる代表作!

●トラック紹介

・Sumire
太古から流れてくる鼓動をセクシーで流麗なピアノで柔らかに表現している。SATOSHI FUMIの透明感溢れる極上の癒しが味わえる美しい秀作。

・Moon And Shadow
全編を通して貫かれた麗しい光景美を官能的に楽しめる爽やかでエモーショナルなポップチューン。随所にクラシカルなハウス・ミュージックの影響が見られ、素晴らしい音楽を大自然の感性で奏でている。

・Micropolitan
切ないボッサの様なビート感とアコースティックギターを用い、PLAZA IN CROWDからミックスCD「CENTURY GROOVE INNOVATION VOL.1」をリリースした盟友HIROSHI WATANABE氏との交流を感じさせる壮大なサウダージ感をもたらしている。

・Fuji ft.Shinsuke Fujieda
ホテルからの夜景を連想させるサックスを楽しませてくれるFujiは、大きな世界の思惑と合致するFOUNTAIN MUSICの確固たる優雅さとシンクロし、都会の夜に浮かぶSATOSHI FUMIが世界のBODY & SOULをロックしている姿が思い浮かぶ。

・Beautiful Life
愛情ある平和な世界観を硬質なアーバンビートで紡いだ真に影響力のあるグルーヴで表現している。

・Flowers
ハウスのビートに全体を漂う優雅さと情熱を刻む強力なエネルギーを放つまぶしく輝くスーパートラック。孤高の美を感じさせる。

・Lite and Breez
ファッショナブルでアート性の高いピアノアレンジを崇高で清楚な優しさで唄う大きな存在を感じさせる小気味よい小節が気品を奏でる。

・Myth You
官能的な時空間を醸し出すクライマックスの楽曲Myth YouにはSATOSHI FUMIの見て来た美しい光景が映し出されている。人間と神の対話を創造し、アルバムのラストを締めくくっている。


●コメント

・Claude Young
Thank you so much for sending the album! So cool!!! Beautiful tracks. Im listening many time a day!
Really fantastic!!!
アルバムを贈ってくれてありがとう!クールな作品だ!美しい楽曲。毎日何回も聴いているよ。ファンタスティック!!!

・Funk D' Void
amazing LP amigo!! I love Beautiful Life especially, but I love all the styles....well done my friend!
素晴らしいアルバムだ!!特にBeautiful lifeが素敵です。しかしどのスタイルも素晴らしい。ウェルダン!

・Ken Ishii
"Such a cool atmospheric album with melodies. One of the best in the"pads & stabs" style out there too."
クールな空気感とメロディーのアルバムだ。パッドとスタブのスタイルのベスト盤だ。

・Hideo Kobayashi
"This is the rule of Satoshi Fumi. Filled with his Color up. Big respect !!"
これが、Satoshi Fumiのルールだ。彼のカラーに溢れている。ビッグリスペクト。

・Satoshi Tomiie
How to use the keyboard and beat, it was good to Fumi-kun style! ! It seems to come stuck is the texture of the sound character and as an artist / producer.
このキーボードとビートの使い方ぞ、Fumi君のスタイル!! アーティスト、プロデューサーのサウンドキャラクターに見事に刺さっている。