MUSIC
< >

Interstellar Interlude

神田朋樹
Interstellar Interlude

マルチ・インストルゥメンタリスト/プロデューサー/プレイヤーである神田朋樹のニュー・アルバムは、詩的想像力と卓越したプレイヤビリティとプログラミング・スキルが同一線上で高度に緻密に融合した、エレクトロニクス/アコースティック・ソウル・ミュージックの動的結晶とも言うべき完成度。

2012年3月にリリースされたCrue-Lのコンピレーション・アルバム、"Crue-L Cafe"の冒頭を飾った事で多くの著名DJからも賞賛を得た"Ride A Watersmooth Silver Stallion"と、Tears For Fearsの"Everybody Wants To Rule The World"のカヴァーを含む全10曲は、音響工作的にはPopの先端をいきながら、ヒューマン・テクノロジーなアーバン・フォークロアな手触りと、永遠にリピートし続けられるアルバムの円環構造によって、ある種の普遍性と日常性の獲得に同時に成功している。エレクトロニカとバレアリックのバニシング・ポイントな音響コントロール、全ての演奏/エンジニアリングは彼によるもの。

本作は彼がCrue-Lより2000にリリースした"Landscape of Smaller's Music"以来、12年振りの2ndアルバムになる。美麗で奥行きのあるアートワークは、禁断の多数決『はじめにアイがあった(デザイン)、Kダブシャイン「沈まぬ太陽」(デザイン)、樋口毅宏『日本のセックス』(装丁)、高木壮太『プロ無職入門』(装丁)などの近作で知られる、グラフィック・デザイナー/カメラマンである江森丈晃によるもの。また、今後Eddie CによるRemixとDJ HikaruによるRe-Editを加えた12inch Singleもリリース予定。」