MUSIC
< >

Assemble

Takaaki Tsuchiya
Assemble

日本からの主峰テクノプロデューサー、Takaaki Tsuchiyaのファーストアルバム「Connect Via Love Bridge」は、2011年成功を収め、静かな眠りの後、2枚目のアルバム「Assemble」が、2013年に世界発売。
 
世界でも最も知的水準の高いコネクションを持つ音楽界のリーダーFOUNTAIN MUSICからリリースされた「Assemble」は、Takaaki Tsuchiyaのプロデュース、マスタリング、ミキシング、シークゥェンシング、パフォーミング、コンポージングのレヴェルの高さを見事に一新しながらも一環したオリジナルのグルーヴ感で、リスナーの魂を揺さぶる。前回の「Connect Via Love Bridge」はリスニング使用のトラックでヴォーカルをフューチュアした作品が多かったが、今回は、ベルリンのクラブのグルーヴ感を前面に押し出した、ミニマルテクノの影響を受けたよりシリアスで端正なループミュージックの傑作の集大成だ。
 
Takaaki Tsuchiyaの音楽に対する真剣さは、孤高のモティヴェーションとハードエッジなサウンドとして、際立つレヴェルの高さを増しながらも、聴く物を魅了するテクニックを新たに向上させ、FOUNTAIN MUSICとシンクロする壮大さは、全ての想像力を起草させる音楽の強さを持っている。
タフなグルーヴの、2枚組のアルバムは、新鮮であり、斬新な存在感を放ち、ベルリンのクラブで、タフなエネルギーを朝まで長時間浴びる様に、深く満喫できる。
シティーライクなシークウェンスと研究的な音楽表現は、音の可能性をより高次元に届かせ、ハートに来るエモーショナルな振動は、人間の様々な状態を感動的に分かち合える。長時間の2枚組ループアルバム、M_NUSや、COCOON等からリリースされているミックスCDやドイツを中心としたミニマルテクノレーベルのミックスCDが挙げられるが、オリジナルアルバムで、ストレートなテクノをコンパイルしたアルバムは、音楽の新しい可能性を模索するFOUNTAIN MUSICの作品に対する、開発的、発明的な思考と相まって、歴史的に21世紀の新時代の音楽を提案する作品になるであろう。
 
Takaaki Tsuchiyaのみの音源をリリースしたソロアルバムは、今回が初であるが、「Connect Via Love Bridge」のヴォーカルを招待した豪華盤とは違う、オリジナリティーある豪華さが、音に現れている。多様な技術を用い、タイトで崇高なリズムとテンションを持って、発表された「Assemble」は、日本から発信される新しい、多くの人に対して発信塔として、「Assemble」は高い価値を勝ち得ている。


●トラックリスト
1-1.Adjuster
1-2.Tool
1-3.Fact
1-4.Term
1-5.Lightning
1-6.Synapse
1-7.Fly
1-8.Swim
1-9.Dot
 
2-1.Shaft
2-2.Weed
2-3.Run
2-4.Cube
2-5.Smash
2-6.Fin
2-7.Miso
2-8.Function
2-9.Orb