MUSIC
< >

Depth Charged

Terence Fixmer
Buy
Depth Charged

20年にわたりフランス人のプロデューサー/パフォーマーとして知られるテレンス フィックスマーは国際的なテクノ文化に影響力を維持しながらアーティストとして進化を続けてきた。前作『Comedy of Menace』から5年、野心的にアルバムの制作に取り組んできました。そういう進行のおかげで彼の最も野心的なアルバムの制作に貢献してきました。この10曲のある1枚で、テレンス フィックスマーは彼自身の音楽的な戦略に不可欠である深く目覚ましいビートによって完璧に話をすることができます。

 今作『Depth Charged』はフィックスマーの編曲により様々な感情に浸ることができますので、完成なコンセプトになる。遅くて重いベースラインで 始まる「Ellipse」という曲がアルバムの態度に理想的な導入です。そして2曲目の 「Fleeting Beauty」がひらひら和音と蛇のように動いてドーロンを提供。その後、 3曲目の「Unforeseen」の転がり低音はトランス状態を呼び起こす。その反面、4曲目 の「Purity」は宇宙的な雰囲気と生々しいアナログ エレクトロニクスでリスナーの注意を引くトラックです。マーセル デットマンが編集された『Fabric』というオムニバス シリーズの第77での曲「Inside Me」、共に「Outside Me」は緊張的な感じと震えているリズムで満たされた暗いトラックの2つである。次の「Beyond」というトラックは彼の代表のスタイルを例示, そしてダンスフロアに全員を動員するために感染の進行を利用します。そのトラックの足跡をたどって「Pallid Light」がもう少し輝きを追加して現在のテクノ音を実現します。ダブのような響きを持つ、「Thoughts」がアルバムのさらに別の感情的な側面を示して最後のトラックまで導く。オデッセイ締結「Elevation」がアルバムの最もメロ ディックなトラック:それは美しく深いだけでなく、空気の波打つトラック。 言い換えれば、それは現実に戻ってもたらす新鮮な空気の息である。フィックスマーの作品 は、他の分野で働く芸術家の注目も得ている。例えば、ラフ シモンズというファション デザイナーがCFDA賞でディオールの設計されたデザインの展示会に同行するために前述のトラックを選びました。 彼はフィックスマーの「Muscle Machine」という デビュー アルバムがリリースされた時から,大きな助っ人となっている。

立ち上がりおよび立ち下がり深遠な音色で満たされて、 「Depth Charged」がテレンス フ ィックスマーの独特の表現力を示す傑作である。暗闇の中を旅すると、それぞれのトラックが魂の深さから発射され...簡単に言えば、妥協することなくリスクを奨励したサウンドスケープです。 
  

●トラックリスト

01. Ellipse
02. Fleeting Beauty 3. Unforeseen
04. Purity
05. Inside of Me
06. Outside of Me 7. Beyond
08. Pallid Light
09. Thoughts
10. Elevation