MUSIC
< >

SONASILE

網守将平
SONASILE
クラシック/現代音楽等のアカデミックなシーンにおいて日本音楽コンクール第1位受賞(作曲部門)や、NHK Eテレ『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』への出演などで活躍する一方、電子音楽/サウンドアートのシーンにおいてラップトップによるライブパフォーマンスを断続的に行うなど、ジャンルに捉われない幅広い活動を行っている音楽家の網守将平。その彼が、待望のデビューアルバムをリリース。
これまで音楽シーンと美術シーンの狭間で五線譜とコンピューターを瞬く間に持ち替えてきた彼の単独デビュー作は、自らのピアノやボーカルをエレクトロニックサウンドとともにふんだんに取り入れた、全編ポップミュージックによるフルアルバム。予測不可能な楽曲構造と複雑なアレンジメントが展開されつつも、一度聴いたら頭から離れなくなるような中毒性の高いメロディー擦り込ませるなど、ジャンル不問かつ総合的に培われた作曲スキルやポップセンスが発揮されており、アルバム全体が一本の叙事詩的映画のように絶妙にまとめ上げられている。
ゲストボーカリストとして、シンガーソングライターとして全国的に高い評価を得ている柴田聡子、作曲家としても活動しnobleからのリリースなどで知られるBabiが参加。作詞とギターで、活発なソロ活動とともに、ceroなどのサポートミュージシャンも務めている古川麦が参加。マスタリングは、サウンドアーティストでありながらエンジニアとしてもテニスコーツ作品のマスタリングなど幅広く活動を展開している大城真が担当。コンピュータグラフィックス、実写合成を用いたアートワークは若手美術作家である永田康祐が担当している。

[トラックリスト]
01. sonasile
02. Pool Table
03. Kuzira
04. Stab/Text
05. Flat city variation
06. LPF.ar
07. atc17
08. env Reg.
09. Sheer Plasticity Of The Lubricant
10. Mare Song
11. Rithmicats