MUSIC
< >

ナンカナイノカヨ

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
Buy
ナンカナイノカヨ

結成から20周年を迎えて突如復活。実に9年ぶりとなるニューシングル「歩くTOKYO」を2020年1月にリリース。

コロナ禍をむかえる直前、2020年1月31日(木)に渋谷「TSUTAYA O-EAST」で行われたワンマンライブ「LIVE20」を最後に初期メンバーのS-WORDが脱退。今後は7MCで活動を続けていくことを発表していたNITRO MICROPHONE UNDERGROUND(以下、ニトロ)。

7人での新体制についてメンバーのMACKA-CHINは「2020年、NITRO新世紀突入!? んなこたぁない! 何も変わってないし、始まってなければ終わってもない。迎えるはNITRO第2波。まるでなんかのウィルスみたいw」とコメント。

今回リリースされる新曲「ナンカナイノカヨ」は、レッドブルが世界中で運営するレコーディングスタジオのひとつ「Red Bull Music Studios Tokyo」で収録。

プロデューサーにモジュラーシンセサイザーなどのエレクトリックデバイスやラップトップを用いた演奏活動で国内外から注目されるNumbを迎え、ミックス/マスタリングにはD.O.I.という鉄板の布陣。

メンバーのBIGZAMは「2020年はナンカヤルぞ! と動き出した矢先まさかのコロナ禍! 俺達そろそろ我慢できねぇ! ナンカナイノカヨってことで、新曲発売しちゃうぜ! 聴いてくれたら分かるよ変化球。仕上がりマイクリレー! よろしく」と、メンバーもミナギる意欲作。

蠢くベースがリードする4Dな世界観をニトロのラップが縦横無尽に駆け巡る斬新なサウンドは、ヒップホップファンならずとも必聴の一曲だ。

突然の活動再開、チケット即完のワンマンライブ、9年ぶりの新曲「歩くTOKYO」、そしてメンバーの脱退と話題に事欠かないニトロだが、復帰後、第2弾となる新曲「ナンカナイノカヨ」にご期待頂きたい。