PODCASTS
< >
Cari Lekebusch - clubberia podcast 104

CB 104 - Cari Lekebusch

Cari Lekebusch(H-Productions)

Cari Lekebuschはストックホルムを拠点に、Adam Beyer, Joel Mull, Alexi Delano, Jesper Dahlbackなどとともに活動。DJ/プロデューサーとしてのキャリア以外にも90年代中頃、自身初のレーベルHybrid Sound Architectures(H-Productionsとして知られる)を立ち上げ、Kaun Trax, Djupt, Audio Mekanixc, KGB, Trainspotters Nightmare, Audio Pollution, Grundtaktなどの作品を次々をリリース。
その 後20年近く、この競争社会の中においても、Cariの成功はすぐに消えてしまうようなものではなかった。世界中の名だたるテクノクラブから定期的にオ ファーをもらい、飛び回る生活を送るようになった。クラブだけでなくI Love Techno、Time Warp, May Day, Awakenings and Nature Oneなどという著名フェスにも出演。
その幅広い作品たちはスウェーデンの名門レーベル、Drumcode, Code Red, Truesoul、その他のレーベルNovamute, Soma, Primevilなどからもリリースされた。
Cariはこれからもエレクトロニックミュージック界において重要なキャリアを担い、自信を持ってそのキャリアを築いていくことは間違いないだろう。

 

[トラックリスト]

01. Cari Lekebusch - Fletcher (Lost Mix) - H-Productions
02. Tony Rohr - Nightdrive (Alexi Delano remix) - H-Productions
03. Bart Skils - Dust
04. Tony Rohr - RZ-Fun (Cari Lekebusch remix) - H-Productions
05. Cari Lekebusch - Erratic Movements Part 2 (Theta Mix) - H-Productions
06. Roni cerrone - Man On The Moon - Unrilis
07. Nicole Moudaber - Toe Cleavage - 8 Sided Dice
08. Kalden Bess - Funktion One - Analytictrail
09. Luigi Madonna - Collusion - Rekluse
10. Fergie and Matador - The Score - Excentric Muzik
11. Slam - Distant Voice - Drumcode
12. Tony Rohr - Eden Acid (The Advent remix) - H-Productions
13. Slam - Area 51 - Drumcode
14. Alex Bau - Noise A (Alan Fitzpatrick remix) - Sleaze

 

[インタビュー]

―ミックスに使用した機材を教えて下さい。

ステージでパフォーマンスするときはいつもXone92とCDJ-2000を使うのが好きなんだ。
家でプレイするときは、コンピューターとPioneer DJM-800、Mackie VLZpro mixer、そしてSL-1200とCDJ-1000mk3を使うよ。

―このミックスはどちらで録音したのですか?

ストックホルムの僕のスタジオで録音したよ。そこではすべての制作も行なっている。
このミックスではラップトップコンピューターとCDJ-1000mk3を2台、Pioneer DJM-600、Mackie VLZpro mixerを使って、Cubaseで録音したよ。レンダリング前に、マスタリングツールを用いて若干のエディットを施してあるよ。

―ご自分の楽曲をプレイしていたら、詳しく教えていただけますか?

ミックスではいつも最新の自分のトラックを組み込むようにしているよ。それと同じぐらい友人や僕のレーベルのH-Productionsのパートナーたちの作品もね。このミックスは僕と友人のAlexi Delanoによるアルバム「The Path Of Hybrid」のプロモーションの一環でもあるんだ。そのために「Fletcher」「Erratic Movements Part2」の2曲をこのプロジェクトから選んだんだ。
それとH-Productionsからリリースされた新譜をいくつかいれているよ。Tony Rohr、The Advent & Industrialyzer、そしてAlexi Delano。そしてDrumcodeからリリースされたSlam「Area 51」もエッセンシャルとして加えている。そして最後に盛り上がったところで、Alex Bau「Noise A」のAlan Fitzpatrickによるリミックスで締めくくっているよ。

―ミックスのコンセプトを教えて下さい。

これについてはさっき少し述べてしまっているね。でももう一度これだけは言いたいのは、僕とAlexi Delanoによるアルバムがリリースされるってこと!もちろんほかのH-Productionsからのリリースや、The Advent、Industrialyzer、Alan Fitpatrick、Tony Rohr、Alexi Delano、Slam, Roni Cerrone、Luigi Madonna、Kalden Bess、Nicole Moudaber、Bart Skils、Fergie、Matadorといった僕のパートナーたちからのリリースもね!
ミックスの始まりは、僕のダスティーなオールドトラック「Fletcher」で、心地よくスタートするんだ。そしてAlexi Delanosのリミックスによって、より洗練されたTony Rohrs「Nightdrive」に突入するんだ。そのあとは僕のリミックスによるTonyの「RZ-Fun」。それからちょっと意外性のある「Erratic Movements Part 2」。
そしてディープさを増すSlam「Area 51」で終わりにさしかかるんだ。テクノ好きのミュージックイーター(music eater/音楽を食べる人)にとってはとってもおいしいんじゃないかな!:D Bon apetit!(召し上がれ!)

―最近ではどういった活動をしていますか?

H-Productionsから「Repetea Multi Vol.1」、Tony Rohr「Oddlantik Avenue remixes」など5枚のEPを出したよ。Cari Lekebusch (僕のことだけど、笑)、Alexi Delano、Jesper Dahlback、そしてthe AdventとIndustrialyzerのリミックスもね。H-Productionsからは僕とAlexi Delanoの「Off World Wonder」もリリースされるよ。そしてディープで冬のクラブにふさわしいトラックも続々登場する予定。

それから僕とAlexiのアルバム「The Path Of Hybrid」。3枚組で、それぞれによるミックスと、未発表作、リミックス作、リエディット作を収録したボーナスCDもついてくるよ。そしてthe Advent「Higher Learning」もリリースされる。 Joseph Capriatiとの共作EPではやソロ作品がAdam BeyerのDrumcodeからもリリースされたところだよ。あと8 Sided DiceからAlan Fitzpatrick「First Times」との共作も出るよ。
それから、Tresor (Berlin)からも近いうちにEPをリリース予定。サックス奏者のNiklas Mascherをフィーチャーしているんだ。Niklasとは何度かTresorでのライブミックスで共演したんだけど、ほんとうにセクシーでクレイジーな仕上がりだったよ:) だからこの夜のことを再現する内容になっているよ。
今日はLuke SlaterのMote Evolverに送るトラックを仕上げたところ。そしてアムステルダムの親友のZoe Xeniaとも何か企んでいるよ。「Repetae Multi Vol.1」に比べるともっとディープな感じかな。これはリリースレーベルがまだ決まっていないから、もっと先になるかも :)

―アルバムのコンセプトやエピソードについて教えて下さい。

これもすでにさっき答えてしまったんだけど、Alexi Delanoと僕による3枚組CDの「The Path Of Hybrid」はH-Productionsレーベルの長い歴史とこの先の未来を表現しているものなんだ。
タイムレスなクラシックトラックと、フューチャリスティックなトラックをつなげて、洗練された感じにしているんだ。
Alexiのミックスは過去の作品のディープなトラックから始まって、僕は最近のトラックから選曲している。まるでH-Productionsのレーベルショーケースのような感じだよ。そういったパーティーでは、テクノで始まって、ピークタイムはいろいろなジャンルの選曲をして、そしてサイケデリックな、アフターアワーズキャンディって雰囲気に突入する :P そのクラブやパーティーの雰囲気、箱のサイズにもよるんだけどね。

―今後のギグの予定を教えて下さい。

今年の冬は、セコ、ドイツ、イギリス、イタリア、オランダ、そしてアメリカの大都市で数カ所、それと南米でも何か所かでプレイするよ :D また日本を訪れるチャンスがあるといいな!前回のageHaとTRIANGLEでのギグは最高だったからね!