PODCASTS
< >
Ananda Project - clubberia podcast 109

CB 109 - Ananda Project

Ananda Project

[インタビュー]

—トラックリストを教えてください。

01. LoveTree, Ananda Project, Unforgettable Music / UltraVybe 2011
02. Falling for You (Blaze Remix), Ananda Project, King Street Records 2001
03. Hanging On (Frankie Feliciano Classic Vocal), King Street Records 2010
04. Universal Love_Ananda Project, King Street Records 2007
05. Many Starred Sky_Ananda Project, King Street Records 2007
06. Cascades of Colour (Kiko Navarro Edit), Ananda Project, King Street Records 2011
07. Into the Sunrise (Kiko Navarro Disco Mix), Ananda Project, King Street Records 2011
08. Moment Before Dreaming (Idjust Boys Dub)_Ananda Project, King Street Records 2006
09. Heaven is Right Here feat AK (Kiko Navarro Brazillian Dub)_ Ananda Project, King Street Records 2011
10. Wave of Love (Chris Brann Dub)_D-Reflection, Adaptation Records 2010
11. Wave of Love (Ananda Project Remix)_D-Reflection, Adaptation Records 2010
12. Glory Glory (Timewriter Remix)_Ananda Project, King Street Records 2001
13. Ekaya Giyani (Ananda Project Remix)_DJ Mtshepang, Cabana Recordings 2010
14. Autumn Moon (Sunday Sunrise Mix), Chieko Kinbara and Ananda Project, Grand Gallery 2008
15. The Night Beginning, Ananda Project, Unforgettable Music / UltraVybe 2011
16. Kiss Kiss Kiss (Album Version), Ananda Project, King Street Records 2003

 
—どんな機材を使用していますか?

Native Instruments Traktor S4 systemを使っている。最終的なエディットとマスタリングにはCubase 5を使っている。
他にはWavesSSL、モニターとしてAdam A3X, A8X、そしてDynAudio BM15a'sを使っているよ。


—このミックスはどこで制作しましたか?

アトランタの自宅スタジオで制作したよ。

 
—自分のトラックを使っていたら詳しく教えて下さい

今回収録した作品は2曲を除いて全てのオリジナルトラックは、これまで僕がAnanda Projectとしてリリースしてきた音源だけを使ったミックスなんだ。
他の2曲は僕が他のアーティストをリミックスした作品でD-Reflectionの「Wave of Love」、南アフリカのDJ Mtshepangの「Ekaya Giyani」を使っているよ。


—ミックスのコンセプトを教えて下さい

今回のDJミックスは僕が10年間のAnanda Projectとしての活動の歴史の全体像をどう捉えているか、という事をみんなに知って欲しかったんだ。
収録している「Love Tree」や「The Night Beginning」は今回リリースしたニューアルバム「Truth」に収録されているよ、、他にも90年代にKing Streetでリリースした
「Cascades of Colour」の様な初期作品も収録している。でもここに収録したヴァージョンはKiko Navarroがリミックスしてくれた新しいヴァージョンなんだ。
これらの新しいヴァージョンもみんなに聴いて欲しかったんだ。凄く素晴らしいリミックスだからね!


—最近はどんな活動をしていますか?

とても沢山の新しいリリースが続いているよ!今年初めには僕のジャズとエレクトロニクスを融合させたエクスペリメンタルなプロジェクトであるP'taah名義でのアルバムをリリースしたんだ。
11月にはAnanda Projectの新しいアルバム「Truth」を日本で先行リリースしたし、来年の前半にはChris Brann名義での新作も予定しているんだ。この作品はこれまで聴いた事の無い様な新しいサウンドになる予定だよ。
あとは個人的なプロジェクトでアンビエント/テクノポップの作品を作っていている。僕自身が歌っているんだよ。

 
—Ananda Projectの新しいアルバム「Truth」を紹介して下さい。

今回のアルバムにはTerrance DownsやGaelleに続いてAlex Lattimoreという新しいヴォーカリストをフューチャーしているよ。
この作品は僕にとってのハウスミュージックという音楽の真実「Truth」の部分を映し出したものになっている。僕にとってのハウスミュージックは人生そのものを映し出す音楽であり、
このフォームの音楽に僕はとても敬意を持って接していて、リスナーはハウスミュージックを体験する事でさまざまな音楽的な知識を深めたり成長したりする事が出来ると思っている。
ここで話しているハウスミュージックはとてもトラディショナルなハウスミュージックの事で、ここではソングライティングとリズムがとても重要な要素なんだ。ソングライティングは
ハウスミュージックを制作する中で僕にとって最も大切で興味深い部分だし、その部分に日本のハウスミュージックのファンも注目してくれる事を願うよ。


—今後の活動を教えて下さい。

今は2012年の新しいプロジェクトに向けてスタジオでとても忙しい日々を送っているよ。そしてアナンダ・プロジェクトの為に新しいレーベルを立ち上げるんだ。
そこでは沢山のレアトラックや未発表音源等のアナンダ・プロジェクトに関わっているクルーの音源が入手出来る様になると思うよ。