PODCASTS
< >
clubberia podcast 204

CB 204 - PSYK

PSYK

Manuel Anosの名で知られるPsykは、19歳という若さで〈MINUS〉から初リリースを果たしてから軌道を逸れることなく、堅実にテクノを貫き続けている。世界各地のクラブやフェスティバルに出演し、DJとしての才能を確固たる物とした。現在ではLuke Slater、Len Faki、Adam Beyerなど、名だたるアーティストから指示を得ている。なお、今年5月19日に〈MOTE EVOLVER〉より3枚目となる『TIME FOUNDATION』をリリースしている。


<Interview>


-このミックスはどちらで収録したミックスですか?

"Cassette Club"の8周年パーティーで回した6時間セットの前半部分だよ。


-使用した機材を教えて下さい。

SL1200 2台、DJM800 1台、CDJ 2000 3台。


-このミックスのコンセプトがあれば教えて下さい。

単純に今好きなトラックを集めたんだ。音が鳴り出した瞬間から盛り上がれるようなね。


-最近の活動を教えて下さい。

レーベル〈Mote Evolver〉からファーストアルバム『Time Foundation』をリリースしたところで、ヨーロッパ、南アメリカ、オーストラリアをツアーで回ってるところだよ。
今は1番大きなプロジェクトといえる僕のレーベル〈Non Series〉に集中したいんだ。
ちょうどTadeo & Echologistの12インチをリリースしたところで、すごく満足しているんだ。
次のリリースはChevelの新作のリミックスも担当する、HappaとFrench Friesのトラックになる予定だよ。