PODCASTS
< >
clubberia podcast 207

CB 207 - Derrick L. Carter

Derrick L. Carter

(Classic Music Company / from Chicago)

 

ハウス発祥の地、シカゴの歴史を継承し、未来を開拓するDJ/プロデューサー。また、1996年よりレーベルClassic Music CompanyをLuke Solomonと共に運営。ClassicではこれまでにDJ Sneak、Gemini、Blaze、Isolee、Metro Area、Herbertまで幅広いアーティストたちの、ハウス・シーンをリードする革新的な作品をリリースし続けている。DERRICK L. CARTER自身も精力的に楽曲制作にとりくんでおり、2002年にはオリジナル・アルバム『Squaredancing In A Roundhouse』を発表。ハウス・ミュージックが持つアブノーマルな雰囲気が充満した傑作となった。更に「Human League」など過去に手がけたリミックスをコンパイルした『Nearest Hits and Greatest Misses』、DLC名義以外での作品をコンパイルした『Tone Theory Vs Oneiro POVERTY DE LUXE』などをリリースしている。また、彼がアーティストとして1番好評を得ている点は特異的なDJミックスであり、Frankie Knuckles、Francois K.、Danny Tenaglia等が参加してハウス・シーンの注目を集めている『Choice - A Collection of Classics』や、世界最高峰のハウスレーベルであるDEFECTEDがシリーズ化しているミックスCD『HOUSE MASTERS』を手掛けた。シカゴ・ハウス黎明期の最重要DJ、Ron Hardyの影響を色濃く受けたDLCの変態かつ超絶なプレイは凄まじく、そして美しい。

 

 

-Interview-

 

- このミックスの収録場所を教えてください。 

 

これはヨーロッパのどこかでプレイした時のライブミックスだ。 どこでプレイしたものかは忘れてしまったけど、わりと最近のものだと思うよ。

- 使用した機材を教えてください。 

 

恐らくCDJをメインに使用したと思う。 基本的にギグの際にはUSBとCDを持って行くんだ。 飛行機での移動が多いから、コンパクトで助かるよ。

- このミックスの、コンセプトは何かありますか? 

 

ライブミックスなので、「お客さんに楽しんでもらうコト」を心がけてプレイしていたはずだよ。