PODCASTS
< >
Andy Blake clubberia podcast 211

CB 211 - Andy Blake

Andy Blake (World Unknown/Dissident)

25年以上に渡って、徹底した地下での活動を続けて来た男Andy Blake。ここ日本で彼を知る人は、DJ以外には殆ど居ないかも知れないが、2年間で65枚の片面オンリーでリリースされたレーベルDissidentからデビューしたアーティストは数多く、DiscodromoやGatto Frittoもその一人だ。また、彼が長年主宰するウェアハウス・パーティーと同名のレーベルWORLD UNKNOWNからは、Timothy J. FairplayやAndrew WeatherallのMasterpieceにも収録されたApientoのシングル等、世界中のDJ達にとって強力な武器になる音をヴァイナルに拘り提供し続けている。地元UKではハードコアパーティーヘッズから絶大な人気を誇り、不定期で開催される彼のパーティーには、毎回4-500人ものハードコア・ヘッズが押し寄せるという。9/12には待望の初来日ギグが表参道のORIGAMIで行なわれる。


<Interview>


-このミックスはどちらで、どの機材を使用しましたか?

家で1200を2台とvestaxのpcv275を使って録ったよ。



-コンセプトがあれば教えてください。

コンセプトは特にないかな。ただ主にインストゥルメンタルハウスのレコードを合理的に、適切に繋ぎ合わせたんだ。(そう思ってもらえるといいな。)


-最近の活動を教えてください。

今いろいろなことに取り組んでいてすごく充実しているんだ。;-) 
友達と〈Fibonacci〉っていう新しいレーベルを始動させるところなんだけどすごく楽しくなりそうだよ。新しい音楽、古い音楽、クラブトラック、ポップレコード、変わったパンク、クレイジーなヒッピー音楽、DJミックスCD、新旧のコンピレーション、エレクトロニック/オーガニック、プライマル/フューチャリスティック、クラシック/マイナー、そして少なくともサイケデリックな木を使った手作りの楽器でレコーディングしたアルバムを1枚は置きたいね。
僕たちはやっと誰にも知られていないすてきな住処を見つけたんだ。しばらくはここでひっそりとしているよ。