PODCASTS
< >
clubberia podcast 250

CB 250 - Lamache

Lamache

フランストゥールーズ出身、パリを経て現在はロンドンをベースに活動する。音楽への情熱の衝動のままに2008年にパリへ移住し、定評のあるSAE Instituteでサウンド・エンジニアリングとエレクトロニック・ミュージック・カルチャーを学んだ。そしてあるパリでの夜、ロンドンのToi Toi MusikのIsisとClausと出会い、彼らの主催するパーティでLe Loup、Delano SmithやZipとプレイした後、Toi Toiのレジデントの誘いを受けロンドンに移住する事を決意する。その後彼はロンドンベースのVoigtmannや数々のゲスト・レジデンス(Hello?RepeatのJan KruegerとDaze MaximやNicolas Lutz)と共にレジデンシーを努めることとなった。彼の評判はすでにフランスで広く認知されていたが、Toi Toiと活動を共にする事でさらにヨーロッパ全土にその名を知らしめる事となる。近年、友人であるGuillaume Taillieuと共にレーベル「Discobar」を立ち上げ、これまでにArk、The Mole、Toba、Odd Soulを世に紹介してきた。最近はFabricのRoom 1でのプレイも果たし、Fabricのブログにインタビューとプロモセットが起用されている。


<Interview>

-こちらのミックスはどちらでどのように収録されたのですか?

長い一日が終わり家に帰った後、リビングでレコーディングしたんだ。2台のTechnicsと、mixerはAllen & Heath XONE:92を使用したよ。


-コンセプトがあれば教えてください。

ポッドキャストをレコーディングする時はそれほど準備をするわけではなくて、僕の最近プレイしているコレクション-古い曲から新しい曲まで-から選曲していく。ポイントとしては、その時は正しい判断が出来る状態になる必要があって、そこから適切な流れを最適な方法で発展させていくんだ。いつも簡単にいくわけじゃないよ。


-最近の活動を教えて下さい。

今はパートナーと共に自分のレベール"DISCOBAR"のリリースで忙しくしているよ。DISCOBARからはもうすぐ2枚のリリース予定があって、とてもハッピーな気分だよ。実はもうすぐ3番目のリリースを発表するんだ。1月にストアに並ぶよ。また、僕自身とてもラッキーだと思っているんだけれど、僕の住処であるTOI TOI MUSIKとgigに関しても最高にハッピーだ。これから数ヶ月はベルリンに居を移して、親友達と新しいプロジェクトを始めるんだ。それはより興味深い作品になると思うよ。