PODCASTS
< >
clubberia podcast 290

CB 290 - John Osborn B2B Pablo Mateo

John Osborn
John Osbornは1993年にホームタウンであるロンドンにて、Andrew Weatherallの「Sabresoni」やSteve Bicknellnの「Lost」を体験し、DJを始めた。1999年にベルリンへの移住から現在ディープでダビーなハウスやテクノを主軸とするスタイルでインターナショナルに活躍中。Osbornが脚光を浴び始めるきっかけとなったベルリンのPanorama Barでのセットから、「Get The Curse」「mnmlssgs」「Modyfier」や「Little White Earbuds」などのアングラ系ダンス・ミュージック・ウェブサイトにおける秀逸なDJ Mixは、常にリスナーに驚きを与えてきた。他のDJ達がキャリア形成の為にプロダクションに重きを置き始めた時も、Osbornはリリースを一切せず、DJのみで現在の地位までのし上がってきた。ベルリンにおいては、「TANSTAAFL NIGHTS」というイベントを成功させ、今までにDj Qu、Patrice Scott、XDB、Keith Worthy、Adam Marshall、Steffi、Kassem Mosse、Iron Curtis、MCDE、Scuba、Eric Cloutier、Jonsson/Alter、Appleblim、2562、Move D、Quarion、Anton Zap、The Analogue Cops、Frank Martiniq、Yossi Amoyalらを招聘。また、Berghain/Panorama Barにおける、のレーベル・オーナーScuba主宰イベント「Sub:stance」のレジデントも務め、世界中からやってくる耳の肥えたリスナーを狂喜乱舞の渦へと誘ってきた。さらにプロデューサー、そしてCaravanのレーベル・オーナーでもあるOctoberとOsbornが共同主催するは、ブリストルとベルリンを拠点とするレーベルで、それぞれの都市の特色を生かした音楽性がウリである。Osbornによるのファースト・リリース「Epoch4」はアンダーグラウンドで高評価を獲得し、世界中のDJによってプレイされ、さらにのTazzとのスプリットEPや、からQuarionのリミックスと共にリリースされた「Lords Of The last Days」等、DJのみならずプロダクションも好調である。ダンス・フロアーとマシン・ミュージックを深く理解した、まさに玄人芸が光るアーティスト/DJ、John Osbornの初来日を是非堪能して欲しい。
John Osbornは1993年にホームタウンであるロンドンにて、Andrew Weatherallの「Sabresoni」やSteve Bicknellnの「Lost」を体験しDJを始めた。1999年にベルリンへ移住、脚光を浴び始めるきっかけとなったPanorama Barでのセット、そして「mnmlssgs」「Modyfier」などにおける秀逸なDJ Mixは常にリスナーに驚きを与えてきた。2014年3月の初来日公演で鮮烈なデビューを飾り、同年9月にはTHE LABYRINTHへも出演、グルーヴを重視したセットでクラウドを熱狂へと誘った。ダンス・フロアーとマシン・ミュージックを深く理解したまさに玄人芸が光るアーティストDJである。

Pablo Mateo
Pablo Mateoは、別名義Wrong Copyとしても活動。2013年に初のEPをリリースしてから、Ricardo Villalobos、Shonky、Marcel Dettmannをはじめ数多くのアーティストたちから注目を集め、多大なサポートを受けてきた。ベルリンに移住してからは、Panorama Barを通じて現地の音楽に影響を受けるようになる。2013年には「Roxy EP」をセルフリリース。2014年には「Berlin House Music Pt.1」をリリースし、ÂmeやDixon、Giegling’s konstantinなど著名なアーティストたちにプレイされた。2016年にはMarcel DettmannのレーベルMDRから「In to 5」をリリース果たした。