PODCASTS
< >
clubberia podcast

CB353 - Dusky

Dusky(17 Steps, Aus Music, Simple Records | UK)
ロンドン生まれの Alfie Granger-Howell と Nick Harriman によるプロダクション/DJ デュオ。2011 年の UK ハウス・ルネッサンスで注目を集めた彼らは、「17 Steps」のレーベルオーナーとしても先進的なハウスやテクノを世に送り出している。プロダクション面ではハードコアやデトロイト・テクノ、アンビエント、プログレッシブ・ハウス、ジャズなどさまざまな音楽要素を実験的に取り入れ、多様で独特なサウンドスタイルを確立。Beatport で 1 位を獲得した「Careless」やダークな「Love Taking Over」、ピアノハウスへのオマージュ「Yoohoo」など、エレガントでクラブ映えするトラックは世界的に高評価を得ている。DJ Mag の『Best Of British Awards』で"Best Live Act"を受賞している他、考え抜かれた DJ セットでも名を馳せており、ロンドンの fabric、ベルリンの Panorama Bar、イビサの DC10 などの有名なクラブや世界各地のフェスティバルに出演している。
www.duskymusic.com
www.facebook.com/Duskymusic

-Interview-
1:今回のミックスはどこで録音しましたか。
ロンドン北部のホーンジーにあるスタジオで録音したよ。

2:今回のミックスコンセプトを教えてください。
今回のミックスは、ニューアルバム『JOY』からの曲と、最近のリミックスを中心に構成させてもらったよ。さらに、最近、私達がよくクラブでプレイする他のアーティストの曲も新旧問わず使用させてもらった。

3:今後の活動はどうですか。
現在、新しい EP のリリースに向けて新曲を制作している。パンデミックの影響で長い間活動を休止していたけれど、暫定的にツアーや DJ ギグを再開しているんだ。また日本でもプレイできるのを心待ちにしているよ。

Photo by Ollie Grove