PODCASTS
< >

CB354 - Steffi

Steffi 
オランダに生まれたSteffiは、現代の電子音楽における重要人物だ。Panorama Barのレジデントとして、また尊敬されるプロデューサー兼レーベルオーナーとして、彼女の作品は様々な形でエレクトロニックカルチャーを取り入れている。
長年に渡りアンダーグラウンドなパーティをプロモートし、2つのレコードレーベル(KlaksonとDolly、またそのサブレーベルであるDolly DubsやDolly Deluxe)を運営してきた経験から、SteffiはDJとレーベルオーナーとしての自然とプロフェッショナルなバランスを確立していった。クラシカルなものと未来的な異なるアプローチにより、彼女のサウンドは特異なものへと達している。
2007年にベルリンへ移住して以来、Steffiのディスコグラフィーは増え続けており、Tama SumoのPanorama Bar 02 mixに”24 Hours”を、それに続くProsumerの03に”Sadness”が収録されると、彼女とOstgut Tonとの関係はより強固になっていく。
2010年にはUSのUnderground Quality から”Reasons” EP がリリース、そして2011年にOstgut Tonからデビューアルバム “Yours & Mine”がリリースされる。彼女のポジティブなサウンドは、2012年の “Schraper” EPでより印象的なものとなり、同時に彼女の才能を知らしめることにもなったのである。クラシックなハウスとモダンなテクノの間を漂うような低音が強調されたトラックメイキングが特徴だ。
またRedshapeとの共作や、The Analogue Copsとしても知られるLucretio、MarieuとのユニットThird SideとしてもRestoration Records から Unified Fields LP リリース、ライブジャムのダイナミクスを探求した。
Panorama Bar のレジデントとして、Steffi は 2013 年に Panorama Bar 05 Mix CDをエディット、ミキシングし、また2014年にはセカンドアルバム”Power Of Anonymity”をOstgut Tonよりリリース、その後もFabricのミックスシリーズやMartynやVirginiaとの共作等、数々の制作をこなす。その傍ら、世界各地のクラブ、フェスティバルへ出演し、膨大なコレクションから繰り出されるDJセットではジャンルやムードを完璧なまでにブレンドし物語を創出、ライブショーを含む慎重にキュレートされたツアースケジュールにおいて、彼女の作品はあらゆるパフォーマンスで輝いている。彼女のDJ活動や制作、レーベルワーク等は現代の電子音楽の文化を称える彼女の深い情熱を反映しているのだ。

(English)
Steffi does not do things by halves, and this unwavering commitment to growing and challenging herself as a producer, DJ and label head has kept her at the forefront of contemporary dance music since the mid 90s. Born in the Netherlands, a move to Berlin led to an enduring residency at the city’s emblematic Berghain/Panoramabar, an experience that has translated effortlessly to the international clubs and festivals – big and small – at which she has long been a staple. As a producer, Steffi has an extensive discography that takes in albums, singles and remixes – solo and
in collaboration – released by respected labels including Ostgut Ton, 3024, Dark Entries, Ed Banger and Because Music. Steffi’s long-running labels Klakson and Dolly continue to release a distinct blend of electro, breaks, Chicago and Detroit house and techno to this day. In recent years, Steffi’s
tireless search for new ground has been made tangible in a permanent move to Portugal where,with Virginia, she founded the label, studio space and creative hub Candy Mountain.

Interview :

ーDJ MIXはどこで録音したのですか?

Candy Mountain(Steffi/Virginiaが運営するレーベル・スタジオ・クリエイティブハブ)で収録しました。

ーDJ MIXのコンセプトについて教えてください。

いつもDJ MIXを作るときはダンスフロアと関係ないものを作って、普段のセットと違って日の目を見ないトラックを入れるようにしています。今回はアップテンポのテクノっぽいミックスを作ろうと思って、久しぶりにやってみたんですが、気分転換になったのでよかったです。素晴らしい新譜や古い曲をミックスしました。

ー今後の活動についてお聞かせください。

今は、先週月曜日に発売された新しいアルバム「The Red Hunter」のプロモーションのために、新しいライブツアーを行っているところです。1月は少し休んで、新しいプロジェクトのために完全に休んで戻ってくる予定です。はレーベルであり、スタジオスペースであり、クリエイティブハブでもあります。スタジオは自然の中にあり、アーティストは同じ屋根の下、静かな環境の中で気晴らしをしながら仕事をすることができます。ここポルトガルのローカルなシーンとつながりながら仕事をするのに最適なスペースです。2023年にもっと多くの人を受け入れて、クリエイティブな雰囲気を盛り上げていけるように微調整しているところです。


Interview
(English):

ーWhere did you record the DJ MIX?

At the Candy Mountain Headquarters

ーPlease let us know about the concept of DJ MIX?

I always do something not dance floor related when I make a dj mix so I can put in tracks that dont get to see the daylight during dj sets. this time I decided to do a uptempo techno-ish mix as I havent done one of those in ages and I felt like it for a change so I took a selection of some new amazing stuff and a few older ones that I love.

ーPlease let us know about the future activities (gigs and works etc)

At the moment I am touring my new live show to promote my new album The Red Hunter that came out last Monday. I will take a little break in January and then come back fully rested for new projects. we have just set up a new project called Candy Mountain. Candy Mountain is a label, studio space and creative hub. The studio sits in the middle of nature. artists can live and work under the same roof with zero distractions in a tranquil environment. The perfect space to work and also connect with the local scene in here in Portugal. So we are finetuning everything so we can kick off receiving more people in 2023 and get the creative vibe going.