PODCASTS
< >
Haruki Matsuo - clubberia podcast 081

CB 081 - Haruki Matsuo

Haruki Matsuo (Rush Hour / Mule Musiq / op.disc)

10代後半にテクノ・ミュージックに感銘を受け、DJ活動を開始。テクノ、ハウスを中心に、枠にとらわれないプレイスタイルは各地で好評を得る。ま た、様々な音楽を吸収し、叙情的且つアグレッシヴなトラックの制作を行い、07年9月、オランダRush Hourより"Side Step Test / P.O.P."をリリース。Laurent Garnier、DJ Rolando、Funk D'Void、Ame、Kenny Larkin はじめ各方面から賞賛を受けた。08年6月には"dreamamsterdam"@Paradiso(Amsterdam)に出演。7月には2nd EP"DanKan / Triangle In The Box"がRush Hourよりリリースされ、Dan Curtin、Radio slave、Alex Attias、Loco Diceはじめ各方面から高い評価を得た。11月にはDJ Mix CD"Yura Yura Comix"をOnsa Recordsよりリリース。09年、コンピレーション・アルバム"The Definitive Japanese Scene vol.1(mule musiq)"、"hub Opus Tokyo(o.p. disc)"にも参加。6月にはRush Hourによる新レーベルNight Movesから3rd EP"Geisha Dance / Fade In, Fade Out"がリリースされ、Kaito、Alex From Tokyo、Benny Rodrigues、Santiago Salazarはじめ、多数サポートされた。11月にはdARKROOM DUBSより"The Hills(Haruki Matsuo's Hill-Mountain Remix)"をリリースし、DJ Hell、Russ Gabriel、Samuel L Session、Stephan Bodzinらから高い評価を得た。

 

[トラックリスト]
01.Imek & Xpansul - La Salud (From Karaoke To Stardom Remix) - Apnea
02.Pattern Repeat - 002A - Pattern Repeat
03.MRSK - Black Keith - Rush Hour
04.Zadig - Dark Nebula - Syncrophone
05.Stimming - Hideaway - Terminal M
06.Billy Shane - Runner (Echologist Rmx) - Steadfast
07.Marko Furstenberg - Valentino - Ornaments
08.Rhauder feat. Paul St. Hilaire - No News - Ornaments
09.Quantec - Trippin - Modelisme Records
10.U.P.Z. Feat. Rasu - Noiz (Abicah Soul Jah Vocal Mix) - Objektivity
11.Culoe De Song - Ambush - Mule Musiq
12.Ame - Junggesellenmaschine - Innervisions
13.PIRAHNAHEAD - Self Con-Science (Opus 72- #37) - Third Ear Recordings
14.Michael Forzza - Abstractor 2.0 - Perimeter Records
15.Forward Strategy Group - Applied Generics A - Forward Strategy Group
16.Jens Zimmermann - X12 - Resopal Schallware


[インタビュー]
―まずは東日本大震災被災者の方へのメッセージが何かあれば、お聞かせいただけますか?

岡山という土地にいながらこの事実を受け入れるのに必死でしたので、被災された方々のことを思うと、自分の思いをどういう言葉で表現してよいのかわかりません……。
今は、少しでも力になれるように義援金などの「自分にできることを続けていく」。この「続ける」ということで、小さな力も大きくできたらなと思っています。できることは何でもしていきたい。

―ミックスのコンセプトがあれば教えてください。

録音自体は昨年末のもので、そのときに自分が聴きたいものを聴きたいようにミックスした感じです。けっこう深めな感じですね。

―ご自身で気に入っているポイントはどちらでしょうか。

流行り廃りのない感じになったかなぁと。

―使用した機材を教えてください。

Technics SL-1200MK3D×2,Vestax PCV-275

―近況と最近の活動について教えてください。

今年から岡山で「PIVO」というパーティーを始めました。DJ Soejimaと共に、音は間違いないものを出していると自負しております。あと、昨年は楽曲制作のスキルアップに時間を割いたので、今年はその成果をお届けできたらなぁと思ってます。

―これまで"Rush Hour"からいくつか作品を出されていますが、リリースに至った経緯などを教えてください。

好きなレーベルにCDを焼いてガンガン送りました。その中で反応をくれたレーベルのひとつが"Rush Hour"でした。

―これまで海外でのギグはありましたか?またそのときのエピソードなどがあれば教えてください。

アムステルダムでDJをやったときに、機材トラブルで音量がぜんぜん上がらず泣きそうになりました。でもその後持ち直して、いい音を出せばいい反応が返ってくるなぁと実感しました。あと精神的に強くなりました(笑)

―日本人アーティストが海外で活躍するための秘訣は何かありますか?

「やるかやらねぇか」だと思います。

―今後の活動予定を教えてください

時期はまだ未定ですが、リリースの話をいくつか進めているので早く新しい音源をお届けしたいです。あとはそれを「PIVO」をはじめいろんなパーティーでアウトプットできればいいですね。