REPORTS

光と音のカーニバル「EDC Japan 2018」に8万人が熱狂!!

写真:Insomniac、Alive Coverage、Jake West

 世界最大級のダンスミュージックフェスティバル「Electric Daisy Carnival」の日本開催「EDC Japan 2018」が5月12日(土)、13日(日)に、ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場にて開催された。今年で2回目の開催となる本フェスティバル。Deadmau5、Don Diablo、Steve Aoki、Dimitri Vegas & Like Mike、Diplo、Martin Garrixなど世界中からトップDJ/プロデューサが出演。初日は42,000人の動員、そして2日目は雨に見舞われるも総勢38,000人動員し、合計8万人ものオーディエンスを魅了した。


メインステージのkineticFIELD。ZOZO マリンスタジアムが会場。スタンド席も利用することができた。


日が暮れるとモニュメントが照らされたり、レーザーが飛び交ったり昼間の雰囲気とは別の顔を見せてくれた。


セカンドステージ「circuitGROUNDS」はビーチが舞台。ステージに向かって右手側が東京湾。海と空に囲まれ開放感に溢れていた。


「circuitGROUNDS」は光とレーザーに特化しており、日が暮れるとLEDのVJやレーザーに釘付けとなる。


エントランスすぐにあったサードステージ「neonGARDEN」。このステージには東京を中心に活躍するDJたちが出演した。


移動式ながら、いつも多くの人で賑わっていた「BoomboxARTCAR」。


エントランス入ってすぐにあったフォトブース。終始列が絶えることはなかった。



昨年同様、ボールプールも。


新たに設置されたアクティビティのターザンロープ。


ピエロなどに扮しEDCを盛り上げるキャストとオーディエンス。キャストは会場中をまわり、オーディエンスと一緒にフェスティバルを盛り上げるのが、EDCの特徴のひとつ。


さまざまな国からの来場者も。外国人来場者が多かったのも特徴的。


2日目。あいにくの雨にも関わらず、オーディエンスの熱気は下がることをしらない。



初日のヘッドライナーを飾ったDimitri Vegas & Like Mike。


STEVE AOKI恒例のケーキも。


専用のキューブ型セットで登場したDeadmau5。


2日目のトリは、Martin Garrix。ラストは大輪の花火が夜空を彩るなかを「In The Name Of Love」がかかり大盛況のもと「EDC Japan 2018」は終了した。


PREV
Rainbow Disco Clubの躍進と未来。 
広がり続ける「レインボー」という名のフェス
Rainbow Disco Clubの躍進と未来。
広がり続ける「レインボー」という名のフェス
NEXT
ワイルドに再燃するトランスの聖地ゴア
ワイルドに再燃するトランスの聖地ゴア