REPORTS

本家マイアミ「ULTRA MUSIC FESTIVAL 2019」閉幕。今年は16万5千人が熱狂

 1999年からマイアミでスタートし今年で21回目を迎える「ULTRA MUSIC FESTIVAL 2019」が3月29日(金)、30日(土)、31日(日)にアメリカ・マイアミで開催された。

 今年は、Historic Virginia Keyへと会場を変更。規模を拡大し開催され3日間で16万5千人が来場した。明確に音楽性がわかれる2つのゾーンから構成され、それぞれのエリアに4つずつ、計8つのステージが設置。会場内を端から端まで歩くと30分ほどかかる大きさだ。

 EDMのメインストリームが集結したMiami Marina Stadiumでは、EDMやトラップ、ベースミュージックなどがプレーされ、東京・お台場でのULTRA JAPANを彷彿とさせる会場づくりに。日本でも人気のMartin Garrix、The Chainsmokers、ZEDD などのアーティストが会場を沸かせた。

RESISTANCE ISLANDと銘打たれたゾーンはテクノを中心としたRESISTANCEならではのクールな世界を体現。Carl Cox B2B Marco Carola、JAMIE JONES B2B JOSEPH CAPRIATI、さらにDUBFIRE、Nicole Moudaber、Paco OsunaによるB3Bなど、超豪華面子によるコラボレーションが行われ、各所でアグレッシブなセットが展開された。

 また、Miami Winter Music Conference (WMC)が3月25日(月)~28日(木)にかけてマイアミビーチで再スタート。ダンスミュージック関係者が一堂に集まり、マイアミ全体がフェスだけでなくビジネス、カルチャーとしての大きな盛り上がりを見せた。

 なお、日本での「ULTRA JAPAN 2019」は9月14日、15日(土・日)開催される。





PREV
SETSUZOKUとDJ HASEBEのタイトリップ。純粋な感覚が蘇る時間と意識が交差する地で。
SETSUZOKUとDJ HASEBEのタイトリップ。純粋な感覚が蘇る時間と意識が交差する地で。
NEXT
異国情緒溢れるタイの音楽トレンドと世界最大級のビーチパーティー
異国情緒溢れるタイの音楽トレンドと世界最大級のビーチパーティー