EVENTS
バナーバナー

MULTITUDE TOKYO

『小さな箱から大きな箱のプレイヤー、カウンターカルチャーとしての音楽、癒し、熱狂、実験』

様々な文脈を経て集まった東京ローカルのDJ達が奏でる時間、多様性ではなく多勢者の音楽の編纂作業を目の当たりにさせる。今回は一年越しの二発目。
前回に引き続き、ContactフロアではTHE GUEST HOUSEの首謀者Da yamaをはじめ、長年数々の箱でプレイ、サポートを重ねてきた信頼のToshiaki Coyama、Seoul Community Radio、Modeciでの出演と青山ZERO、渋谷KOARAでのレギュラーイベントを軸に野外での活動も広げるNIAKALAGUA EXODUSのTAT2K、オブスキュアーでありながらダンサブルへの選曲を唯一無二のセンスでまとめるIssyo、渋谷、四つうちの聖地Techniqueを支え間違いないトレンドを掴んだプレイを披露するtommy。
池袋と渋谷を往来し独自の東京サウンドを展開、プレイの丁寧さと選曲の独自さに定評があるRena19。Flyer、Tシャツデザインも手がけるマルチタレントで永遠のパダワンマインドのvideo-kid。Contactフロアは今回も個性満載。
対してFoyerフロアは、ディスコ、ジャズ、ロックを縦横無尽にちょうどいい温度感で聴かせるYoshiki Aoyama、〈Interflow Records〉よりシングルリリースを果たしたガラージ、ビート、ベースを軸におくEURLICA、アブナイ音をダンサーならではの視点でビートを展開するMazlika、ネオソウル、デトロイト、アンビエント、ポップを縦横無尽にポエティックにプレイする緑茶、渋谷を徘徊するスチールパン奏者でもありアフロ、カリプソに日々愛を注ぐAmii、ディスコ、ディープハウスの安定したグルーヴに定評があるNaoki Iwata、舞踊、ビートセッション、法螺貝と幅広く表現活動を続ける野球先生。
Foyerフロアはグッドミュージックでありながらやはりサイケデリックな空気感に。
DJに止まらない表現活動をする多彩な色が混じり合うメンバーのパッションを目の当たりにしてほしい。

작은클럽부터 대형 클럽의 player, COUNTER CULTURE로서의 음악과 그로 인한 치유와 열광.
다양한 문맥을 거쳐 모인 도쿄의 DJ들이 보여주는 시간, 다양성이 아닌 많은 사람의 음악의 편집작업을 눈으로 직접 확인 시켜주는 시간.
절대적 차이와 동시에 공유하는 그루브를 느끼길 바란다.

Open 21:00
¥1000 Under 23
¥1500 Door
https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/software/wedj/dj-app/overview/