ARTISTS
< >

Junior Vasquez

 30年に及ぶキャリアを持ち、ニューヨークを代表するハウス・ミュージックのオリジネーター。
 
 80年代にShep PettiboneやArthur Bakerのプロダクションに参加し、Junior Vasquez a.k.a. Ellis-D名義でMy Loletta、Just Like A Queenなど作品を多数リリース。ニューヨークを拠点に頭角を現す。
 
 88年、「SOUND FACTORY」の共同オープンによって、白人、黒人、ゲイ、ストレートと、熱狂的なジュニア崇拝者からの絶大な支持を集め、これまでのガラージ主体であったニューヨーク・ハウス・シーンに大きな転換期が訪れた。独特のドラムパターンであるX-Beatといった手法が生まれ、そのプレイ・スタイルは「ファクトリー・サウンド」と称され、彼がプレイする音源やスタイルが世界中を席巻するようになっていく。
 
 95年2月、SOUND FACTORYクローズにより、閉鎖された地下鉄の駅を改造したクラブ「TUNNEL」にレジデントを移す。翌年TUNNELから、日本人建築家の磯崎新が設計デザインしたことでも有名な「THE PALLADIUM(ARENA)」へ。

 97年9月、元SOUND FACTORYを改装した「TWILO」がオープンし、聖地27丁目へと帰ってきた。サウンド・デザインを手掛けるSteve Dashの「Phazon」サウンド・システム、ライティング、さらにはジュニア専用DJブースと、まさにTWILOは、彼のプレイが最大限に発揮されるための全てが整い完璧なクラブであった。
 
 マドンナ、マライヤ・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、シンディー・ローパーといったメジャーアーティストとの作品の数々や、ジュニアの生み出すサウンドが瞬く間にトレンドとなり新たなシーンを創り出してきた黄金期は、最も輝かしく刺激に満ち溢れていた。