ARTISTS
< >

M-Swift

M-Swift / 24 Carat

ハウス / ジャズ /クロスオーバー界の実力派プロデューサー / DJ。
2007年にイタリアIRMA Recordsと契約、リリースしたアルバム「Morning Light」がワールドワイドにフロアヒット。その後、セカンドアルバム「Evening Sun」でメジャーデビュー。さらに2011年アパレルブランドnano・universeとのコラボレーションでリリースされたアルバム『Sunshine of Love』はiTunesダンスチャート、またWasabeat総合チャート共に1位を獲得。海外からの評価とともに、国内でもハウス / クロスオーバーシーンのトッププロデューサーとして確固たる地位を確立している。 
また、遡ること2009年にはジャズプロジェクト『24-Carat』としてアルバム『Blue in Black』をリリース。そのジャズセンスをいかんなく発揮し、シングル曲「Cafe Bahia」はフランスJazzmin Recordsからリリースされ、 ヨーロッパで著名DJのプレイリストを賑わした。その一方で青山テルマのプロデュースや佐藤竹善のReMix、May'nや、アジアの歌姫シャリースのアレンジも手がけるなどダンスミュージックのみならず各方面でもその才能を発揮。作曲、トラックメイキングはもちろん、ストリングス、ブラスアレンジまでこなすオールマイティーな才能として注目を集める。 昨年10月にはM-Swiftの新作(2枚組)と U.K.ニューソウルのボーカリスト『マーカス・ベッグ」とのコラボレーションアルバムを2枚連続リリース。更に妻夫木聡主演の映画『スマグラー』に楽曲提供、2012年沖縄映画祭出品され、11月17日より全国上映されるAKIRA(EXILE)主演『ワーキング・ホリデー』の劇伴音楽も担当、それに先駆けて11月7日には『ワーキング・ホリデー』のサントラ&新曲と24CARAT名義「BLUE IN BLACK」の豪華2枚組CD『M-SWIFT WORKS』をリリースする。