ARTISTS
< >

Luke Slater

イギリスのテクノシーンの立役者。 そのキャリアは長く、89年にはJelly Jamレーベルよりリリースを始めその後Clementine名義でリリースを続ける。 さらにPlanetary Assault System名義や7th Plane名義等でもリリース。 自身の作品を通してのイギリスにデトロイトサウンドもいち早く紹介し世界的に高い評価を受ける。 1997年には 'Freek Funk'をリリースしその幅広い音楽性を世界に証明した。 その後99年には 'Wireless'をリリース。 エレクトロやブレークビーツをふんだんに盛り込み、 テクノで知られる自身の全く違う世界観を披露した。 そして 2002年には 'Alright on Top'リリース。 数々のボーカルを使ったハウストラックの数々で進化した自身を作品で表現した物となった。 2003年には 'Fear & Roathing'でミックスCDもリリース。 Dj活動でも多忙を極める彼は、2002年、2003年と2年連続でWireにメインアクトとして出演。 自身もボーカルを務めるなど一アーティストとして国内でも絶大な評価を得ていると共にヨーロッパ、 南米、 アジア、 アメリカ、オーストラリア等世界を舞台に活躍し高い評価を得ている。 そして今年6月ドイツのBerghain/PanoramaBarの運営レーベルのOstgut Tonから長い間の沈黙を破りPlanetary Assault System名義でニューアルバムをリリース予定。 6/20日にドイツでオフィシャルアルバムリリースイベントの前に東京で先行リリースイベントを行い、 東京よりLuke Slaterの新しいサウンドをいち早く世界に発信する。