ARTISTS
< >

JAGA JAZZIST

ジャガ・ジャジストは、オスロー郊外にあるトンスベルグという小さな街で1994年にスタートした。メインのソングライター、ラーシュ・ホーントヴェットは当時まだ14歳!2001年、彼らはデビュー・アルバム『A Livingroom Hush』を<Warner (Scandinavia)>からリリースし、絶大なる称賛を受け、ノルウェーのみで15,000枚という驚異的なセールスを記録した。その後バンドは、ジャガ・サウンドをノルウェー以外の世界各地に発信するため、オスローを拠点とする<Smalltown Supersound>と契約を結ぶ。2002年は年間を通し、圧倒的なライヴ・パフォーマンスで、ファン、評論家を魅了した(ヨーロッパ中でソールドアウトを記録)。その後<Ninja Tune>の注目を得て、現在まで続く、<Smalltown Supersound>と<Ninja Tune>の協力体制が築き上げられた。
デビュー・アルバムが世界的な成功を収めると、ジャガ・ジャジストは、<Ninja Tune>から『The Stix』をリリース。1stアルバムと同様、ノルウェーのトップ・プロデューサー、Jørgen Træen(Røyksopp、Kings of Convenience、Sondre Lercheらを生んだベルゲンのDuper Studiosの設立者)によってプロデュースされているが、『The Stix』ではバンドの音楽的可能性を押し広げることに成功。人の手によって生み出される有機的なサウンドとエレクトロニック・サウンドが最高のバランスで融合し、10人編成(現在は9人編成)のライヴ・バンドらしいオーガニックな手触りを強く残した、“これこそがジャガ・ジャジストだ”と呼ぶにふさわしいサウンドを作り上げた。
その後の多忙なツアーに続き、ジャガ・ジャジストのリリース作品で最もラディカルな作品とされる『What We Must』を発表。ノルウェーの森にあるスタジオにこもってレコーディングされ、最終的にはボーナス音源『Spydeberg Session』としてアルバムに収録されたものをもとに、『What We Must』は作り上げられたという。1日1テイクというペースで制作されたこの作品は、彼らのライヴ・サウンドに最も近く、バンドに大きな躍進をもたらすこととなった。彼らにとって、それはロック・アルバムだった。それでいて、そのロック・スタイルの中でもジャガ・ジャジストらしい魅力がしっかりと存在感を発揮していた。90年代初期のブリティッシュ・シューゲイザーからギターポップ、そして70年代のプログレッシヴ・ロックまで、様々なサウンドを取り込み、それをジャガ・ジャジストならではスタイルと融合させた作品であった。
若干のメンバー変更を経て、2010年1月20日に通算6枚目となる待望のニュー・アルバム『One Armed Bandit』をリリースする。