ARTISTS
< >

Sven Weisemann

Sven Weisemannは、若干25歳にして、現在のテクノ・ハウスシーンにおいて独自の位置を確立しているベルリン在住のプロデューサーである。1997年 にDJとしての活動を始めた彼は、16歳にして早くもドイツの老舗クラブ、Tresorでのギグを経験する。2001年、彼はDJ活動と並行して自ら楽曲 の制作を始めた。クラシックからの影響を感じさせる、美しい音階を奏で叙情的に響くシンセサイザー、ダブの手法を用いて練り上げられる洗練された空間処 理。彼の作品では、テクノ・ハウスといった枠組みに収まり切らないような壮大なスペクタクルが展開されている。そこには確かに、自らのルーツとしてのシカ ゴ、デトロイトサウンドに対する愛情から生み出される極上のグルーヴがあるのだ。彼はMeanwhile,HouseCafe
Music, liebe*detail, Styrax Leaves,そしてMojubaといったレーベルから作品をリリースしている。先日MojubaのサブレーベルWanderingからリリースされた ファースト・アルバム"Xine"は、従来のテクノ・ハウスミュージックからは一旦身を置いたディープリスニングに重きを置いた作品となっている。決して 保守的にならず、様々な音楽を貪欲に吸収し消化する彼の姿勢はまさに自身で言うところの"Music is my life"を体現しており、Sven Weisemannは間違いなく今最も注目される才能のあるアーティストの一人である。これからも彼の動向から目が離せない。