ARTISTS
< >

Vince Watson

Yoruba | Planet E | Delsin | Everysoul | Netherlands

出身地グラスゴーの王立芸術音楽アカデミーでピアノを学んだのちにエレクトロ・ミュージックの製作を始める。デトロイト・テクノという側面で語られることが多い彼だが、99年に発表した “Mystical Rhythm”がBody & SOULクラシックスとしてコンピレーションに収録されたこともあ り、ハウスとテクノ、両サイドのリスナーから愛される稀有なアーティストだ。
 
15年はOsunlade 主宰レーベル〈Yoruba〉より“Eminescence”を発表。電子音とピアノサウンドが緻密に構成され たオーガニックなインストゥルメンタル・ハウスの傑作であり、現在も多くのDJに愛され続けて いる。
 
17年には Derric Mayの要望で実現したRhythim Is Rhythim "Icon / Kao-Tic Harmony" (Vince Watson Reconstructions)が話題となり、 昨年はBBEからジャズ、ブレイクビーツ、ク ラシックなどの要素を詰め込んだ『Life Is Beautiful』をQuart名義でリリース。
 
2019年はJoaquin Joe Claussell主宰〈Sacred Rhythm〉から"Teardrops"を発表。夏にはデトロイト・テクノの境 地に立ち戻ったアルバム『DnA』を発売予定。作品の幅を広げながらも、美しいメロディメイク と緻密な楽曲構成においてVinceのスタイルは一貫しており、流行の変化が激しいダンスミュー ジック界において20年以上第一線で活躍し、多くの重鎮DJ/クリエイターから熱烈な支持を獲得し続けている